『緊急取調室』 最終話 ネタバレ 感想~最後は子役ちゃんに任せた!

スポンサーリンク

第4シーズン

あらすじはコチラ→

真壁有希子(天海祐希)は国選弁護人・羽屋田空見子(大塚寧々)と行動を共にする。
国土交通副大臣・宮越肇(大谷亮平)を聴取したいと話す
頑張るという大塚寧々弁護士。
しかし真壁はイマイチ信用出来ないでいた。
すると山上善春(工藤阿須加)が大谷亮平代議士と大塚寧々弁護士は繋がっていると話す。
菱本(でんでん)が逮捕された日、二人は合っていたし。空港警備に当たっていたときも二人は会っていた。
キントリの行動を見張るように大谷亮平副大臣に命じられた。
その後、北斗偉(池田成志)部長に命じられて一家にきた
ナベさん(速水もこみち)に「信じてる」と言われて、真実を言うことにした山上。
しかし出世の為ではなく。ハイジャックに乗り合わせたから真実を知りたかったのだ。
で善サン(大杉漣)の息子だと名乗り出た。

真壁は大塚寧々弁護士に大谷亮平と繋がっていることを追求。
大國塔子(桃井かおり)の国選弁護人になったのも菱本の弁護士となったのも大谷亮平の指示。
桃井かおりの体調不良も知っていたが、大谷亮平に命じられて病院に行かせなかった。
あの日、菱本が須田(尾上寛之)秘書を傷つけたのは大谷亮平だった。
菱本逮捕の直後に大塚寧々に告白したと言う。

大塚寧々の証言だけでは弱いと大谷亮平の秘書・尾上寛之をつつく。
尾上は自作自演を認めたものの大谷亮平のことは守りたい。
被害届は取り下げ秘書を辞めると言う。



大谷亮平は副大臣から大臣になり入閣。
その大臣を取り調べすることとなった。
小石川春夫(小日向文世)が大臣担当。
真壁と菱本は大塚寧々弁護士のもとじぇ
「本当の目的はなんですか」
30年前、大塚寧々弁護士の両親は大谷亮平の父親が進めた複合型施設の開発により店を奪われ自殺した。
直談判に大谷父に会いに行くが不在。
小学生の大谷亮平に突き飛ばされて
”お前みたいな奴の来る所じゃないんだよ!”
と言われてしまい。
復讐を誓った。
大谷亮平の指示で大國塔子を見殺しにしたと匂わせたのは嘘。
「大國塔子の命を犠牲にして目的を果たそうとしたなんて宮越の父親があなたのご両親にした事と同じじゃない!」
真壁に言われて復讐も出来ずに全て終わったと笑う大塚寧々弁護士。
自殺をしようとするが、真壁に取り押さえられた。

大谷亮平大臣の事情聴取は中止となった。
このままでは大谷亮平大臣に手が出せない。
しかし小石川が「証拠」を持って臨戦態勢!



大谷亮平大臣を呼び出す小石川。
初回放送で亡くなった秘書の東は大谷亮平にに命じられて波島パーク疑惑の相手と連絡を取る時に使っていた証拠のレンタル携帯を息子に送っていた。
ドアが開き、菱本、真壁、東の息子・奨太が入ってきた。
「奨太くんに謝ってください。
あなたは 東さんに疑惑の全てを背負って死ねと言った。
それが発端となり彼は非業の死を遂げた。」
言いがかりだと否定する。
父親の教え通り謝罪はしない。
上にたつものがぶれたら国民が混乱する。
その教え西多賀ってここまで来た。
「今日から私は生まれ変わる!
失策をした父を超える立派な政治家になるつもりだ。」
「勝手に生まれ変わってもらっちゃ困るな!」
小石川は強く言う。
奨太は父の死を受け止めた。
大谷亮平も自分のやった事から目を背けてはいけないと。
「つらい思いをしているのは気の毒だね。
確かに 私は君のお父さんに”死ね”と言った。
でも 本気じゃなかった。
国会で疲れていた時でね君のお父さんとは長い仲だったからつい当たってしまったんだ。
君たちだって悪気なく友達に”死ね”って言う事があるだろう?」←ねーだろ!



言い訳と御託を並べる大谷亮平を真っ直ぐ見つめる奨太くん。
「先生は先生のお父さんが嫌いなの?
僕は お父さんが好き。
これは お父さんが僕を信じてくれた証拠なんです。
宮越先生。いい政治家になってください。」
父から送られてきたスマホを大谷亮平に渡す。

部屋を出て行く奨太くん、帰り際真壁は
「バックアップ取ってますから。もちろん。」
と言い残す。

大谷亮平は国土交通大臣を辞任。
波島パークを巡る数々の疑惑に加え、先週の違法薬物関連の事件も国交省と取引があった事が判明。
警視庁で捜査が進められた。

北斗部長の記者会見
大谷亮平と警視庁上層部の癒着。
大國塔子は公判で爆弾が偽物だったと言ってたが証拠を隠す為に偽ったのでは・
警視総監や副総監は関与なしと証言。
「刑事部長が窓口だったのでは?」
「女が偉そうに言うんじゃないよ!」
よくわからんが池田刑事部長も辞任だろう(苦笑)

キントリは解散
最後の締めはうぇーい!



黒幕として大谷亮平はまだまだだよ・・・。
どうしてこのキャスティングなんだ。
もっともっとこの役に合った曲者俳優はいただろうに。
大臣だったらもっとおっさんでも良いわけですしね。
実際、大谷亮平だと若すぎるでしょ。
急に出てきた大塚寧々さんの復讐にも寄り添えなかったなぁ。
初回、桃井さん登場したときには面白いとは思ったんですけどねぇ。
出オチっていうんでしょうか。
たださすがに最後は大谷亮平大臣が憎くてねw
役柄もそうなんだけど。いろんな意味で(苦笑)
所作もセリフも声も残念だったよ。
猿芝居って設定の「うわぁ!誰かぁ!誰かぁ!」は面白いっちゃ面白いけど、乾いた笑いしか出てこなかったよ。

最後は完全に奨太くん役の石田星空くんに食われちゃったな。
もちろん小日向さんにも食われちゃって。
セリフを言っている奨太くんを見ているときの表情・・・なんやってん(苦笑)
しかし石田星空くんは前半に出演していた時よりかなり大きくなっていた印象。
声も少し低くなっていたような印象。
12歳なんて伸び盛りよね。
相変わらず横顔が美しいんだけど。




桃井かおりの件もあんまりスッキリしなかったなぁ。
黒幕が桃井さんで最終回を締めてくれたならもっと良かったのになぁ。
初回より・・・最終回でしょ。

シリーズがこれで終わるのかはまだ分からんけど←テレ朝ってこういうとこ曖昧にして数年後しれっと新シリーズとかSPドラマとかするからさw
シリーズが最後出なかったとしても、seasonの最終回に取調室を使わずに終わるのも勿体ない。
奨太くんに出てきて貰わためとはいえ、大谷亮平を取調室で完落ちさせなかったのもなんだかなぁ。

今期のキントリはいろんな面で物足りなさがありました。
もし続編があるとしたら、菱やんも小石川春さんも定年だろうから・・・テコ入れもあるのかな?
だけど菱やんと小石川春さんがいなかったら・・・なんとも締まらないだろうし。
どうでしょう・・・。




にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けるとウレシイです。

緑黄色社会「LITMUS」

感想はコチラ
『緊急取調室』 第1話 ネタバレ 感想~天海VS桃井は来週に持ち越し。
『緊急取調室』 第2話 ネタバレ 感想~解決せず!最終回まで引っ張るか?
『緊急取調室』 第3話 ネタバレ 感想~岡山天音くんが可哀想
『緊急取調室』 第4話 ネタバレ 感想~安くて古くてダサい女の犯罪
『緊急取調室』 第5話 ネタバレ感想~ゲストが濃くて素敵w
『緊急取調室』 第6話 ネタバレ 感想~鈴木浩介さんはドクターXに異動ですか?
『緊急取調室』 第7話 ネタバレ 感想~ドラマの双子は大抵なりすましをしている。
『緊急取調室』 第8話 ネタバレ感想~菱さん(でんでん)わざと逮捕された?

キャスト
真壁有希子(天海祐希)
梶山勝利(田中哲司)
渡辺鉄次(速水もこみち)
監物大二郎(鈴木浩介)
山上善春(工藤阿須加)
玉垣松夫(塚地武雅)
菱本進(でんでん)
小石川春夫(小日向文世)
かやの(中村静香)
しんじ(生島勇輝)
北斗偉(池田成志)
ゲスト
大谷亮平、尾上寛之、大塚寧々 ほか

『緊急取調室』第1話 ネタバレ感想~大杉漣さんはキントリの一員です。
『緊急取調室』第2話 ネタバレ感想~混ぜるな危険!下剤と毒キノコ。
『緊急取調室』第3話 ネタバレ感想~スマートリングでゴーストトレーダー
『緊急取調室』第4話 ネタバレ感想~大どんでん返し。松本まりか劇場。
『緊急取調室』第5話 ネタバレ感想~凶器はカボチャ
『緊急取調室』第6話 ネタバレ感想~倉科カナの目力
『緊急取調室』第7話 ネタバレ感想~大久保さんではちょっと・・・。
『緊急取調室』第8話 ネタバレ感想~オッサンの友情物語
『緊急取調室』第9話 ネタバレ感想~田中哲司の死亡フラグと吉田鋼太郎の胡散臭さ。
『緊急取調室』最終話(第10話)ネタバレ感想~キントリ、最後でもなさそうな事件。

コメント

  1. saki より:

    なんか…眠い時に見てたからか、抑揚のない感じというか。
    命を軽く見てる気がしました。
    突然の大塚寧々ちゃんも、うーんだったし。

    なによりジェネリックがどうもね(笑)
    棒って悪人の演技はできるらしいから(怒ったり大声出せばいいから簡単らしい)、まぁそれはよしとして、
    根底でばかにしてるからか、こ憎たらしくて終わり。
    子役くんの「いい政治家になってください」はききましたね。
    いい役者さんになってください…

    あすかくんが改心したりゆうも理解できなかったなぁ。
    オリーブオイルの演技力のせい?

    かおり様の存在感や役の生きざまが強烈だっただけに、はっ?となってしまった。

    反してハコヅメはよかったー。
    戸田恵梨香ちゃん、いい俳優さん。
    「あゆ、スターになるぅー」に付き合わされた三浦くんも、いい俳優さんですね

    • tarotarotarotaro より:

      sakiさん、コメントありがとうございます。

      このシリーズは桃井かおりさんの話題だけで終わったなぁと。
      レギュラーメンバーも好きな人ばかりなのに、なんでこんなことになったかと。
      どの事件も小粒でしたねぇ。
      どこかで見たことがあるような。
      そして黒幕がショボいので(ハッキリいってしまったw)ガックリ。
      せめて・・・せめて声だけでも聞きやすかったら。
      本家は声が良すぎるくらい良いから・・・もうまったく重ならなくなりました!

      ハコヅメは面白いドラマでしたね。
      キャストも可愛くて素敵でした。
      笑って泣けて続編みたいです!