警視庁・捜査一課長

イロイロ☆ドラマ☆レビュー

「警視庁・捜査一課長(5)」 第4話 ネタバレ 感想~阿部純子さんってスゴいやん。

season5 あらすじはコチラ→☆ 被害者・超辛口のスイーツ評論家・渡会健斗(柏原収史)の元妻・佐東幸子(阿部純子)が容疑者。 幸子の実家は和菓子屋で勘当されていた。 幸子はただ父を庇っていただけで。 で、父も犯人で...
イロイロ☆ドラマ☆レビュー

「警視庁・捜査一課長(5)」 第3話 ネタバレ 感想~ワタシは金田明夫さん推し

~season5 あらすじはコチラ→☆ “デカオタク”神谷時子(生駒里奈)は、すでにデカオタクを卒業しており、パティシエオタクとなっていた。 推しは坂元拓海(嘉島陸)。 拓海が被害者・橋本優里(川添野愛)と付き合っていた...
イロイロ☆ドラマ☆レビュー

「警視庁・捜査一課長(5)」 第2話 ネタバレ感想~背中を押して殺意ナシとはこれいかに

~season5 あらすじはコチラ→☆ 犯人は沼瀬麗香(磯野貴理子)。 カリスマエステティシャン・矢向直美(石川恋)の客で、直美に勧められるまま買ったビルで大損し、恨んでいた。 被害者のベテラン看板職人・丹下弥一(佃典彦)の...
イロイロ☆ドラマ☆レビュー

「警視庁・捜査一課長(5)」 第1話 ネタバレ 感想~いだてんこ!

~season5 あらすじはコチラ→☆ イラストレーターの桐野梨子(伊原六花)は「いだてんこ」という絵本を書いていたが、オチを変えたいと殺された雑誌編集者・宝生綾女(里々佳)に相談されていた。 内容は決まっていたものの絵本の原稿は...
イロイロ☆ドラマ☆レビュー

「警視庁・捜査一課長2020」 最終話(第16話)ネタバレ感想~ナイツ塙まで辞める辞める詐欺

あらすじはコチラ→☆ 犯人は東根作 寿英 木村了が産業スパイであることに気づいたのに、会社に報告せす、島崎遥香が制作したアプリの情報を他社に流してひともうけしようとかんがえたことをを鳥居みゆきに、気づかれでしまった。←多分ね(笑) ...
イロイロ☆ドラマ☆レビュー

「警視庁・捜査一課長2020」 第15話 ネタバレ感想~塙・ブランク卒業を匂わせ

あらすじはコチラ→☆ 犯人は第一発見者のコンサルティング会社の企画部長・池井恵子(池津祥子) 彼女は偽名”狩馬栗子”を使って“レンタル彼氏”を職業とする鳴島成人(松村龍之介)を指名しているうちに鳴島に溺れ、会社の金の使い込みが部下の...
イロイロ☆ドラマ☆レビュー

「警視庁・捜査一課長2020」 第14話 ネタバレ感想~噴水から湧き出る博太郎

あらすじはコチラ→☆ “デンジャラス葉子”こと相木葉子(清水くるみ)は“パーフェクト干場”として人気の干場伊純(波岡一喜)に恥をかかせないためにゆで卵を生卵に替えたことを認めた。 捜査をすすめていくと波岡一喜にヤミ金からの借...
イロイロ☆ドラマ☆レビュー

「警視庁・捜査一課長 2020」 第13話 ネタバレ感想~シンデレラと空飛ぶ下駄

あらすじはコチラ→☆ 下請けの町工場に出向中の元研究員・灰川由衣(小林涼子)が自首をしてきた。 町工場の塚井社長とその娘・まほ(菅野莉央)からは歓迎され、どん底にいた小林涼子は救われた。 しかし塚井社長は本社・社長・大路白馬(村上...
イロイロ☆ドラマ☆レビュー

「私の家政夫ナギサさん」 第5話 ネタバレ感想~還暦サプライズパーティで仲直り

「極秘計画で母と妹の仲直り大作戦!隣の敵の秘密…」 原作はコチラ 四ツ原フリコ「家政夫のナギサさん」 あらすじはコチラ→☆ 父・茂(光石研)の還暦パーティー 唯(趣里)はナギサさん(大森南朋)のアシスタントとして ...
イロイロ☆ドラマ☆レビュー

「警視庁・捜査一課長 2020」 第12話 ネタバレ感想~ヤギの鳴き真似ありき

あらすじはコチラ→☆ 鮫島のもとに出入りしていた広告会社の営業担当・八木歩美(柳生みゆ)が自首をする。 八木は以前、鮫島に牧場を購入して貰ったが、結局その土地は売れなかった。 以前の担当・鮫島の会社を担当していた前任者・渋川時子(...