「アライブ」 第1話 ネタバレ感想 ~木村佳乃の医療ミス?

スポンサーリンク

がん専門医のカルテ~「原発部位が不明のがん」

あらすじはコチラ→

原発不明のがんを患っている村井恵子(石野真子)は余命3ヶ月を宣告されている。
本当に助からないのか否かを確かめるために、結婚を約束している山本忠司とともに心(松下奈緒)のもとを訪れた。
30年ぶりにであった大学時代の同級生・山本忠司(田口トモロヲ)とは結婚を約束している。
原発不明のがんを特定し抗がん剤治療を始める石野真子。
しかしアレルギー反応を起こしてしまい手術が延期になる。
すると石野真子は治療と手術を拒否
結婚を約束した田口トモロヲは若年性アルツハイマーだった。
残りわずかな時間。
辛い治療をするより、二人で笑って過ごしたい。
退院手続きをとる石野真子。

しかし別の病院から転籍して来た消化器外科医の梶山薫(木村佳乃)は手術をしようと言い出す。
難しい選択を迫られる医師たち。
田口トモロヲに手術はできないのか?と聞かれた松下奈緒

その日の明け方、松下奈緒は石野真子を院外に連れ出す。
そこには田口トモロヲいた。
朝焼けの見える場所で深呼吸する。
「結婚してください。
来年の今日、ぼくは君を忘れているかも知れない。
だけど恵ちゃん(石野真子)のいない世界は考えられない。
ごめんなさい。」
「謝ってプロポーズする人いるかな。」
手を差し出す胃芦野真央
その手に指輪をはめる田口トモロヲ。

手術を決意した石野真子。
医者でありながら祈ることしか出来ない松下奈緒は手術を見守る。
無事手術は終了。
田口トモロヲは松下奈緒を通り過ぎ、木村佳乃に礼をする。←アルツハイマーだから?

「ホスピスに行くつもりでした。
なんで治らないのに、受け入れてくれたんですか?」
術後、診察する松下奈緒に話しかける石野真子。
「治る治らないじゃないんです。
患者さんの人生に寄り添うのが、私たち腫瘍内科医の仕事です。」

田口トモロヲの録音音声を流す

”3つのあ 焦らない 慌てない 諦めない ”(CV 田口トモロヲ)

石野真子はこの録音を聞いて頑張ってきたと言う。

「4つめの”あ”ですね。
ありがとう。」
研修医の結城涼(窪田正孝)清原翔)は松下奈緒に声をかけた。

一方、木村佳乃は故意に松下奈緒に近づいた。
松下奈緒の夫・恩田匠(中村俊介)のオペをしたのは木村佳乃だったのだ。


月9の「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」も暗かったけれど、木10も暗いのね。

だけどこちらのほうがまだ救いがある。
身近にがん患者やがんで亡くした人がいると、また見方も変わってくるんだろうが、私はわると冷静に見ることができた。
石野真子さんと田口トモロヲさんが切なくて驚いた。
アラカンで結婚も普通になりつつある。
しかし二人とも病気で・・・でも結婚。
綺麗ごとだと言う人もいるかもしれないが、なんとなく二人が幸せになると感じられたんだよねぇ。
だから見終えた後、スッキリというか。
闘病生活は大変だと思うのに清涼感すら味わえました。
それは松下奈緒さんからでる空気が優しいからでしょうか?
雰囲気は「監察医 朝顔」とちょっと近いかな?



ただ木村佳乃さんが不穏。
松下奈緒の夫・中村俊介は事故で3ヶ月も意識不明。
これは事故のせいではなく、木村佳乃の医療ミスなのか?
松下奈緒の自転車のタイヤをパンクさせたのは近づく口実を作るためだったんでしょう。
そして木村佳乃と懇意にしている田辺誠一。
彼が黒幕・・・とかありでしょうか?
最終回で中村俊介が目覚めてハッピーエンドもありなのか?
それじゃ単純すぎる?

最初はちょっと退屈?なんて思いながら見ていた。
ってか・・・タイトルや脚本家さんの名前を見て、あまり期待していなかったのですが、なかなか面白かったデス。
来週も楽しみです。


   

にほんブログ村 テレビブログへ  にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

「はるどなり」須田景凪

感想はコチラ
「アライブ」 第2話 ネタバレ感想 ~不謹慎ですが・・木村佳乃の背中が綺麗
キャスト
恩田心・・・松下奈緒
梶山薫・・・木村佳乃
結城涼・・・清原翔
夏樹奈海・・岡崎紗絵
佐倉莉子・・小川紗良
恩田匠・・・中村俊介
関川隆一・・三浦翔平
須藤進・・・田辺誠一
守野光男・・藤井隆
阿久津晃・・木下ほうか
高坂民代・・高畑淳子
恩田京太郎・北大路欣也

第1話
村井恵子・・石野真子
山本忠司・・田口トモロヲ

コメント