「アライブ がん専門医のカルテ」 第3話 ネタバレ感想~三浦翔平の正体は?

スポンサーリンク

「愛する家族との最期の時間」

あらすじはコチラ→

末期がん患者、木内陽子(朝加真由美)は在宅介護に切り替えた。
娘たち(マナカナのマナ)らは反対するが、夫・遠山俊也は頑張ると言う。
在宅介護に行き詰まっていると報告を受けた心(松下奈緒)が訪れると、朝加真由美は夫が仕事人間で娘たちと距離があった。
自宅に戻り、娘がちょくちょくやってきてくれたので、家族の時間が増えた。
夫が一人で生きていけるために家事のいろはを書いた呪いのノートは夫に渡していない。

「ご家族との時間、大切にしてください。」
涙ぐむ朝加真由美。
マナカナのマナは在宅介護に反対で、ピリピリしていたが、心に謝罪。
「先生、スミマセンでした。
母は、自分の死を受け入れていたんですね。」

「受け入れながらもずっとご家族のために辛い治療を頑張っていました」
「現実から目を背けていたのかもしれません。」
後悔のないように過ごしたいとマナが言う。


恩田心の夫、匠(中村俊介)の容態が急変。
もう良くなることはない。
心、息子、義父・京太郎(北大路欣也)で見送ることにした。
そして絶命する匠。
病室を片付けながら号泣する心。
そこに薫(木村佳乃)が駆けつけた。
「亡くなった日、私、なんて言ったと思う?」
匠は売れない小説家だった。
夢を持っている匠が好きだった。
しかしなかなか書けない匠。
家事と育児をこなしていた。
なのに
「いつになったら書くの?
家事をしていれば良いと思っているわけ?」
一番傷つくことを傷つくとわかっていて言ってしまった。

末期癌になって余命宣告を受けたら・・・。
調子が良い日は外にでたいとか、家に数時間だけ帰りたいとか・・・。
そんなことを思う鴨知れないけれど、在宅は嫌だな。
家族に迷惑をかけたくないな。
迷惑じゃないと言われても、金銭的に許せるならホスピスに入りたい。

第三話で夫、死亡。
最後の会話が憎まれ口。
後悔しちゃうわね。
しかししんどいのはわかるな。
松下奈緒の仕事は辛いと思うわ。
毎日、死と向き合うなんてメンタルもキツい。
「自分だけがしんどいと思っているのか?」
コレ・・・主婦は言わないんだよ。
心の中で思っても。
男は言っちゃうんだよ。
どっちの気持ちもわかるけどさ。
夫婦ってこんなもんなんだよなぁ。

で、その夫の手術をしたのが木村佳乃。
なぜ松下奈緒は気づかないんだろうか?
なにか失敗したんだよね。
出血があって、ガーゼで止血したのがまずかったのか?
なぜ木村佳乃がなぜ患者家族に近づいてるのかはわからない。
そんな木村佳乃と”偶然”会う三浦翔平。
医療過誤の取材をしている記者かなんか?
中村俊介OUTの三浦翔平IN

これがどうなるんですかね。
それにしても・・・重くて辛くて悲しいドラマだ。

辛いっちゃ辛い。
だけど、来週も見てしまう。

にほんブログ村 テレビブログへ  にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

「はるどなり」須田景凪

感想はコチラ
「アライブ」 第1話 ネタバレ感想 ~木村佳乃の医療ミス?
「アライブ」 第2話 ネタバレ感想 ~不謹慎ですが・・木村佳乃の背中が綺麗
「アライブ がん専門医のカルテ」 第3話 ネタバレ感想~三浦翔平の正体は?
「アライブ がん専門医のカルテ」 第4話 ネタバレ感想~遺族にグリーフケアは不可欠
「アライブ がん専門医のカルテ」 第5話 ネタバレ感想 ~消えて!!医療過誤は誰のミス
「アライブ」 第6話 ネタバレ感想 ~やっぱり田辺誠一か!
「アライブ」 第7話 ネタバレ感想~医療過誤解決。
「アライブ 」 第8話 ネタバレ感想~人生を楽しむ。高畑淳子ロス。
「アライブ」 第9話 ネタバレ感想~愛すべきヤブ医者に感謝
「アライブ」 第10話 ネタバレ感想 ~癌再発す。
「アライブ 」 最終回(第11話) ネタバレ感想 ~最後は笑顔で!

キャスト
恩田心・・・松下奈緒
梶山薫・・・木村佳乃
結城涼・・・清原翔
夏樹奈海・・岡崎紗絵
佐倉莉子・・小川紗良
恩田匠・・・中村俊介
関川隆一・・三浦翔平
須藤進・・・田辺誠一
守野光男・・藤井隆
阿久津晃・・木下ほうか
高坂民代・・高畑淳子
恩田京太郎・北大路欣也

第2話
木内陽子・・朝加真由美

コメント