「アライブ がん専門医のカルテ」 第6話 ネタバレ感想 ~やっぱり田辺誠一か!

スポンサーリンク

がん専門医のカルテ~「がんの標準治療と民間療法」

あらすじはコチラ→

新たな患者、土方絵麻(清水くるみ)と父・徳介(ベンガル)、母・律子(宮田早苗)に治療方針を説明。
父・ベンガルは化学療法に批判的。
病院で娘と同じくらいの患者が苦しんでいるのを見て、退院をさせるとわめく。
すると娘が「病気になってごめんなさい。」と泣き出す。
ベンガルは娘を“がんが消える効能がある“と謳った水を販売している民間療法を選んだ。

高坂民代(高畑淳子)の手術を執刀することになった梶山薫(木村佳乃)。
しかし手の施しようがなくそのまま閉じることになった。
高畑淳子の病室に行った心(松下奈緒)はテレビから民間療法の関係者の逮捕のニュースが流れた。
怪しかったと言う看護師に
「なんでこんなのに騙されるのかって思うでしょ?
治りたいからよ
生きたいからよ
なんだって良いからすがりたくなんのよ。」

と呟く。


すぐにベンガルが心に会いたいとやってきた。
土下座して非礼を詫びるベンガル。
心はベンガルの気持ちを理解した。
もう一度治療をして貰えることに感謝する心。

執刀は薫に頼むことにした。
しかし薫は病院を辞めると言う。
心は匠の医療過誤を調べる関河隆一(三浦翔平)に聞いた真実を告白。
薫は医療過誤をしたと思い込んでいたが、原因は須藤進(田辺誠一)だった。
第二助手の医師が証言した。
混乱する薫。
調査委員会に報告するという心を止める薫。



やっぱり田辺誠一か!!!
どういうつもりであんなことを。
最初から薫を陥れるつもりだったのなら、薫が救われない。
経歴に傷をつけたくなかっただけなのか?

その場にいた医師たちも田辺誠一に忖度。
権力を持つと怖いねぇ。
だけどそういうほころび落ちていくもんだと思うんだよね。
教授になるより先に、転落しそう。
そうなったとき、あの場にいた医師はみんな手のひら返しだよね。

で、三浦翔平はなんであの医療過誤を調べているのか。
三浦翔平のことを信じても良いのか。
「確証を得たら話す」
って勿体ぶっていたけれど、薫(木村佳乃)が怪しいって言い出したのは三浦翔平だよねぇ。
確証の無いままに言っていたのでは?
そして薫先生の父親が医療過誤で亡くなっていることを心に話す意図はなんだ?

医療過誤については、医療ドラマらしいというか。
鉄板ネタとも言える。

だけどこのドラマは癌と真っ正面から向き合っているところが良い。
ドクターXのような医師はいないので、助からない人は助からない・・・。

娘は治療に前向きだった。
なのにベンガルときたら・・・。
ただ実際。
髪の毛が抜ける副作用と抗がん剤の倦怠感は患者本人が一番辛いのはもちろんだけど、ご両親も辛かろうて。
ベンガルのヒステリーで娘が「病気になってごめんなさい。」って言っていたけれど、両親も「健康に育てられなくてごめんなさい。」って思っているんだよねぇ。
だから民間療法に走ってしまう。
楽な治療に。
今回土下座して謝罪したベンガル。
しかしモンスター^になりそうな要素もある。
「病院が殺した!」って言っちゃうタイプ。
でも切ないよな。
子供を先に亡くしたんじゃ・・・。


し      

にほんブログ村 テレビブログへ  にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

主題歌:「はるどなり」須田景凪

感想はコチラ
「アライブ」 第1話 ネタバレ感想 ~木村佳乃の医療ミス?
「アライブ」 第2話 ネタバレ感想 ~不謹慎ですが・・木村佳乃の背中が綺麗
「アライブ」 第3話 ネタバレ感想~三浦翔平の正体は?
「アライブ 」 第4話 ネタバレ感想~遺族にグリーフケアは不可欠
「アライブ」 第5話 ネタバレ感想 ~消えて!!医療過誤は誰のミス
「アライブ」 第7話 ネタバレ感想~医療過誤解決。
「アライブ 」 第8話 ネタバレ感想~人生を楽しむ。高畑淳子ロス。
「アライブ」 第9話 ネタバレ感想~愛すべきヤブ医者に感謝
「アライブ」 第10話 ネタバレ感想 ~癌再発す。
「アライブ 」 最終回(第11話) ネタバレ感想 ~最後は笑顔で!
キャスト
恩田心・・・松下奈緒
梶山薫・・・木村佳乃
結城涼・・・清原翔
夏樹奈海・・岡崎紗絵
佐倉莉子・・小川紗良
恩田匠・・・中村俊介
関川隆一・・三浦翔平
須藤進・・・田辺誠一
守野光男・・藤井隆
阿久津晃・・木下ほうか
高坂民代・・高畑淳子
恩田京太郎・北大路欣也

コメント