アンメット 第5話 ネタバレ感想~記憶喪失の薬は大丈夫?

スポンサーリンク

難手術の重圧…私たちは一人じゃない


「アンメット-ある脳外科医の日記-」原作:子鹿ゆずる、漫画:大槻閑人

あらすじはコチラ→

三瓶友治(若葉竜也)は綾野 楓(岡山天音)を詰める。
なぜミヤビの病気をみんな隠蔽するのか。
記憶がなくなってすぐ、綾野は結婚を決めた。
まだミヤビのことを思っていたはずなのに。
綾野は何も話さない

寺の住職・成海(三宅弘城)の手術をする事になった川内ミヤビ(杉咲花)
手術当日。
目覚めると森 陽南子(山谷花純)がいた。
森ちゃんは今日は大事な手術があるから、記憶喪失になった経緯と今日の手術の手順だけ読めば良い。
手術が終わったら、いつも通り日記帳を読めば良い。
手術前、ミヤビのプレッシャーをほぐすメンバー。
術後、「三瓶先生より早く終わったんじゃない?」
「川内先生、この景色を目に焼き付けておいて下さい」
と三瓶が言う
スタッフ一人一人がミヤビに微笑みかける

そしていつもの居酒屋へ

スポンサーリンク

星前宏太(千葉雄大)も良いねぇ。
「ママ」って言うのも良いよね。
全科専門医
そんな人がいたら患者としてはとってもありがたい。
そんなスーパードクターはいないとわかっていても、全科連携が取れるのがベストなんじゃね?
って思うもんね。
そしてこのチーム。
みんな良い人なんだよな。
こんなチームに診察してもらいたいよ。

ミヤビの記憶喪失が治る最終回であって欲しいと思うんですよね。
岡山天音は実家の病院の経営がやばいから結婚する。
それと井浦新が何を考えているのか。
ミヤビが飲んでいる薬がヤバそうでしかない。
医療知識のあるミヤビが飲むんだから・・・そこまで悪いものではないと思いたいけど。

スポンサーリンク

しかし井浦新はミヤビの家族から「神様」とあがめられていることに良心の呵責はないのかね。
最後の最後まで落ちそうにない。
危うさは生田絵梨花。
彼女から何か真実が明かされそう。

そして来週は若葉竜也と酒向さんが会うんだ~

手術の演出は好みだわ。
みんなマスクしてるのに、「この光景」の時の表情がわかる。
杉咲花ちゃんの涙も美しい
配役も完璧。
ともかく、1時間があっという間すぎて。
冬ドラマに続き春ドラマもこの関テレの枠が良いね。
夜9時から放送しても良いんだよ?って言いたい(苦笑)
月9にも息を吹き返して欲しい。
恋愛ドラマの月9。
ざっと見て2015年1月 – 3月期の「デート~恋とはどんなものかしら?」以来、あまり面白いと思うラブストーリーはないんだけど。
それは寂しいねぇ。

スポンサーリンク

アンメット 第1話 ネタバレ感想~杉咲花が黙ってない。良作の予感
アンメット 第2話 ネタバレ 感想~若葉竜也がとにかく良い
アンメット 第3話 ネタバレ感想~トラウマを一つずつクリア
アンメット 第4話 ネタバレ感想~”悪”井浦新なの?
アンメット 第6話 ネタバレ感想~てんかん発作で記憶が戻る?
にほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです。

キャスト
川内ミヤビ(杉咲 花)
三瓶友治(若葉竜也)
綾野 楓(岡山天音)
西島麻衣(生田絵梨花)
森 陽南子(山谷花純)
風間灯織(尾崎匠海/INI)
新井小春(中村里帆)
藤堂利幸(安井順平)
成増貴子(野呂佳代)
星前宏太(千葉雄大)
高美武志(小市慢太郎)
西島秀雄(酒向 芳)
津幡玲子(吉瀬美智子)
大迫紘一(井浦 新)

コメント

  1. ジョセフィーヌ より:

    全科専門医・・・きっと総合病院でしか実現しないですよね。
    わたしの親族も、町の整形外科に、やれ坐骨神経痛だ偽痛風だと言われて、治らずに有名な整形外科にいったら、がんの骨転移でステージ4でした。
    紹介状無で総合病院で診てもらうことが困難になった現在、医者選びは生死を分けます。気軽に全科専門医に相談できればいいけど、そんなことになったらその科は大変なことになりそうですしね。運もあるのかもしれません。
    あ、親族は化学療法でまだ生きております(笑)
    タイムリー過ぎて、心にガツンと響きました。
    三瓶先生も星前先生もどちらの考えも理解できます。
    ただ医療の入り口は広いほうがいいと思う。
    老化とストレスで片づける医者は一切信用してないです、個人的に。

    • tarotaro tarotaro より:

      ジョセフィーヌさん、コメントありがとうございます。
      全科専門医はなかなか難しいですよね。
      複数人子供が欲しくて専門医になるのを諦めたと女医さんがおっしゃっていました。
      子供を産みたい女性の場合は、全科専門医なんてほぼほぼ無理ですよね。
      なんでもそうだと思うのですが、お医者さんほど当たり外れがあるのは怖いですね。
      美容院ならすぐに変えられるけど病院は・・・。

      ジョセフィーヌさんのご親族の方はまだまだお元気なご様子で良かったです。
      三瓶先生も星前先生もどちらも患者にはメリットがあることだと思いたいです。

      老化とストレスで片づけるのってありがちですよね。
      ワタシの今の年齢だと「更年期」って言葉もかなり便利良く使われていると思います。