「記憶捜査2」 第1話 ネタバレ感想~受け子、受け子狩り、箱長・・新宿!

スポンサーリンク

~新宿東署事件ファイル

あらすじはコチラ→

殺された「松本勇吾」という男性は窃盗の被害者で殺人の被害者で改元詐欺の犯人。
その松本に騙されたのが吉村志保(藤田弓子)。
藤田弓子は詐欺以降、息子の聡(弓削智久)に連れられ引っ越しした。
近所の人の証言から不動産屋が判明。
そこから藤田弓子の現住所がわかり事情を聞く。
「私、聡に捨てられたんだから」
新宿で生まれ育ったのに詐欺の被害者になり近所に恥ずかしいと言われ引っ越したら倒れてっしまって。←母の家に寄りつかないくせに近所に恥ずかしいとかあるかい?
今では寂しい一人暮らしをしているとか・・・。

そんな中、聡(弓削智久)が殺された松本からバイクと100万円を奪った市原に切りつける事件が発生。
聡は取り逃がしたものの市原は逮捕。
市原が松本のバイクと藤田弓子を騙して引き出した100万円を奪ったのは、去年の5月8日。
1年近くたってから、バイクの盗難届を出した松本。
それを知ってバイクを売った市原・・・。
鬼塚一路(北大路欣也)は市原を取り調べ。
「なぜ松本が100万円も持っているのを知ったのか?」
最初はしらばっくれてた市原だが、とうとう自分が受け子狩りだったことを認めた。
松本は詐欺で得たお金を一部横領していた。
箱長の指示で松本を襲撃した。
1年後、バイクを外国人窃盗団へ売ったのも箱長の指示。
そして100万円はボーナスだと言われ、ずっと持っていた。
箱長の顔も声も知らない市原。
しかし市原のスマホから詐欺組織の場所がわかるが・・・逃げられたあとだった。


箱長は外国人窃盗団とも繋がっている。
外国人窃盗団が借りているコンテナボックスは高額な賃料。
バイクを売っても儲けが少ない・・・。

犯人は不動産屋社長・辻真澄(諏訪太朗)

昭和の手口・盗直を若者たちい教え、詐欺集団の箱長になった。
改元詐欺をするために配布した手紙の宛名。
インクが不動産屋のものだった。
松本殺害現場の下足痕と辻社長の靴も一致。

ネットビジネス全盛のこの時代、古い不動産屋は金にならない。
だから・・・詐欺の被害者にまで物件を仲介した。←藤田弓子のことね
遠くの物件を紹介した。

松本に正体がバレた市原に泣き疲れた辻は、市原ごと切ろうと思ったが、新宿の地理に詳しい市原は残したい。
松本は金を中抜きしているので解雇通告をしたものの・・・松本はこんな割の良い職業を辞めるつもりはない。
そこで松本は聡に市原が詐欺師だと教えた。
もう黙っていられない辻は、松本を殺害した。

聡は・・・母親を引っ越しさせその直後倒れてしまったことに責任を感じていた。
本当に許せないのは詐欺師ではなく自分自身だった。
それでも・・・市原に切りつけてしまった。
聡は母・藤田弓子の家にかくまわれていた。
傷害罪と殺人未遂罪で送検。
・・・・・多分、執行猶予はつく。←風間君談



諏訪太朗さんだからね・・。
最初から怪しかったよねぇ。
ま・・・あんな老人が血の気の多い若者を殺害できるかっていう疑問。
そして箱長になれるかっていう疑問。
たくさんの疑問はあるものの・・・・1時間で良かったんじゃね??
全然話が進まなくてちょいとイライラしちゃったよ。
母子の絆っていわれても・・・。
小さい頃、からくり時計に使われている音楽が好きだった息子のためにCDを探した。
見つけられなかったが、現在、息子はその音楽を着信メロディにしている。
コレ・・・絆なの?
ってか・・・あの息子の年齢から考えると・・・CDではなくレコードを探したほうが見つかったかも。
とどうでも良いことを思っちゃった(苦笑)

あらたに新メンバーとなった新署長に平岡祐太。
新宿から犯罪を無くすためにあらゆるところに防犯カメラを張り巡らせる計画をしている。
住民のプライバシーはどうでも良いんだって。
平岡祐太・・・別に悪い人じゃなさそう。
北大路欣也さんを邪険に扱っても、みんな鬼さん頼りだし、署長に追随する人はいなさそうだしさ。

新宿西署の団結力はすげーんだし。
で・・・風間君。
かなり忙しいねぇ。
月9もでしょ?
大河にも出てたっけ?
売れっ子だねぇ。

で、序盤に出てきた土岐礼二(石橋保)は来週の登場みたい。
イチゴまみれの死体の関係者か?
なんつーか、イチゴまみれの死体って捜査一課長とか科捜研の女とか思い出すよね。
変な死体を見ると・・・内藤剛志さんを思い出してしまう病気だ、ワタシ(爆)

にほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです。
感想はコチラ
「記憶捜査2」 第2話 ネタバレ感想~一課長みたいな死体を一課長より華麗に解決
「記憶捜査2」 第3話 ネタバレ感想~2週続くんかいw
「記憶捜査2」 第4話 ネタバレ感想~初期の相棒のような面白さ
「記憶捜査2」 第5話 ネタバレ感想~羽場裕一さんのミスリードっぷり!!!
「記憶捜査2」 第6話 ネタバレ感想~12人目の乗客は誰だ?次週最終回!

キャスト
鬼塚一路(北大路欣也)
神啓太郎(風間俊介)
遠山咲(上白石萌音)
山崎清(内田朝陽)
本多太一(松本大志)
東奏多(平岡祐太)
栗田史郎(石黒賢)
木地本淳子(余貴美子)

吉村志保(藤田弓子)
吉村聡(弓削智久)
辻真澄(諏訪太朗)
土岐礼二(石橋保)

第1シーズン感想はコチラ
『記憶捜査 新宿東署事件ファイル』 第1話 ネタバレ感想~警察側に犯人俳優が多すぎてハラハラ
『記憶捜査 新宿東署事件ファイル』 第2話 ネタバレ感想~犯人俳優ではない人が犯人だと新鮮。
『記憶捜査 新宿東署事件ファイル』 第3話 ネタバレ感想 ~詐欺には気をつけろ!
『記憶捜査 新宿東署事件ファイル』 第4話 ネタバレ感想~金の卵と外国人労働者
『記憶捜査 新宿東署事件ファイル』 第5話 ネタバレ感想 ~回転売買に気をつけろ!!
『記憶捜査 新宿東署事件ファイル』 第6話 ネタバレ感想 ~62才だと言い張る北大路欣也

コメント

  1. なお より:

    こんばんは
    こちらもシリーズ化したんですね。
    上白石さんはお姉ちゃんの方でしたっけ?65才の設定なんですね。北大路さん。
    平岡祐太悪人だと思って見てました。
    不動産やさんこちらも怪しかったです。

    予告のいちごの殺人
    私も捜査一課長かと思いました笑っ

    • tarotaro tarotaro より:

      なおさんコメントありがとうございます。

      上白石萌音ちゃんはお姉さんのほうですね。
      北大路さんドラマ的には66才になっているんじゃないかと。
      ま、知りませんけどw

      平岡さんは最後に和解するんですかね。
      嘱託を延長しないとシリーズは終わりですが・・・。
      しかし嘱託っていくつまで?
      「刑事シュート」も嘱託だったと思うのですが、10年経ってもまだ60代なんだ(苦笑)