「記憶捜査2」 最終回 ネタバレ感想~最後はちょっと失速。また会えるでしょう。

スポンサーリンク

新宿東署事件ファイル

あらすじはコチラ→

12年前、竹実孝典(東根作寿英)は事故を起こして首になっていた。
同じような事故を起こしたのに志田(佐戸井けん太)は解雇されていなかった。
竹実は身辺を綺麗にして死のうと思っていた。
実家の墓終いの100万円を寺に送っていた。
その指紋がバスからでてきた。
死のうと思っていた竹実はたまたま志田が運転していたバスを見つけた。
そして12年前、運転手のシフトを組み、違反したり事故をした運転手の首を切っていたのは何を隠そう水之江洋一(宮川一朗太 )だった。
それが今ではホワイト企業に会社を成長させた社長になっていたのが許せない!
最後に竹実孝典(東根作寿英)は宮川一朗太社長に電話をした。
竹実孝典(東根作寿英)のことなんて覚えてもいなかった宮川一朗太は驚く
「これから乗客を巻き込んで死んでやる!」
竹実孝典(東根作寿英)は怪我をしたが自力で現場を離れそこで絶命していた。


犯人は竹実孝典(東根作寿英)
宮川一朗太は、過去にブラック企業だったこがバレたらせっかくホワイト企業になった会社のイメージが悪くなってしまう。
だから黙っていたと。
たくさんの人が亡くなった。
あなたが犯した道義的責任ははかりしれない。

しかし宮川一朗太を逮捕することはできなかった。
釈由美子弁護士も「勝った!」と喜ぶ。
そんな釈由美子に
「あなたは弁護士に向いていない」
と話す鬼塚一路(北大路欣也)

声だけ出演だった小山田人事課長(大和田伸也)の登場。
来年嘱託契約が切れるが、捜査員として再雇用したいとお申し。
しかし鬼塚は調査票から今回の事件のヒントを見つけたから・・ここにいたい。

同じように神啓太郎(風間俊介)も東署長(平岡祐太)から栄転の話を貰うが、新宿に残りたいとか・・・。



あれれ。
最後の事件だけ微妙やったな。
しかも大和田伸也もさ。
良い人だったみたい。
良い人だったけど・・・東署長(平岡祐太)の処分が甘すぎ。
最後まで鬼塚を陥れようとしていたはずだけど、大和田伸也はそうでも無かったみたいだしさ。

事件の方も・・・。
宮川一朗太が逮捕されないし、釈由美子は「勝った!」って思っているし。
鬼塚に「弁護士にむいていない」って言われてちょっと怒っていたけど、堪えてはいなさそうな釈由美子。
もっともっとギャフンとして欲しかったなぁ・

鬼塚さんは再雇用されそうだからまた来年連ドラで?
連ドラはなくても2時間ドラマはあるかも?

今シーズンは前回より面白かったけど、鬼塚さん・・・やっぱり老けたな。
滑舌も怪しい。

最後は次の二時間ドラマの番宣もかねて内藤剛志さん。
内藤さんってこういう登場の仕方が多いよねw

にほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです。
感想はコチラ
「記憶捜査2」 第1話 ネタバレ感想~受け子、受け子狩り、箱長・・新宿!
「記憶捜査2」 第2話 ネタバレ感想~一課長みたいな死体を一課長より華麗に解決
「記憶捜査2」 第3話 ネタバレ感想~2週続くんかいw
「記憶捜査2」 第4話 ネタバレ感想~初期の相棒のような面白さ
「記憶捜査2」 第5話 ネタバレ感想~羽場裕一さんのミスリードっぷり!!!
「記憶捜査2」 第6話 ネタバレ感想~12人目の乗客は誰だ?次週最終回!

キャスト
鬼塚一路(北大路欣也)
神啓太郎(風間俊介)
遠山咲(上白石萌音)
山崎清(内田朝陽)
本多太一(松本大志)
東奏多(平岡祐太)
栗田史郎(石黒賢)
木地本淳子(余貴美子)
ゲスト
石場光子…釈由美子
志田茂…佐戸井けん太
水之江洋一…宮川一朗太
志田聖子…藤田朋子
ワイドショーMC…登坂淳一
小山田薫…大和田伸也
竹実孝典…東根作寿英
スペシャルゲスト
樋口顕(「警視庁強行犯係・樋口顕」)…内藤剛志

第1シーズン感想はコチラ
『記憶捜査 新宿東署事件ファイル』 第1話 ネタバレ感想~警察側に犯人俳優が多すぎてハラハラ
『記憶捜査 新宿東署事件ファイル』 第2話 ネタバレ感想~犯人俳優ではない人が犯人だと新鮮。
『記憶捜査 新宿東署事件ファイル』 第3話 ネタバレ感想 ~詐欺には気をつけろ!
『記憶捜査 新宿東署事件ファイル』 第4話 ネタバレ感想~金の卵と外国人労働者
『記憶捜査 新宿東署事件ファイル』 第5話 ネタバレ感想 ~回転売買に気をつけろ!!
『記憶捜査 新宿東署事件ファイル』 第6話 ネタバレ感想 ~62才だと言い張る北大路欣也

コメント