『記憶捜査 新宿東署事件ファイル』 第1話 ネタバレ感想~警察側に犯人俳優が多すぎてハラハラ

スポンサーリンク

初回拡大スペシャル

あらすじはコチラ→

昭和64年、緑川江津子(水野久美)の息子が塚串(志村東吾)に突き落とされ殺された。
そして現在、31年前の犯人・塚串(志村東吾)が殺された。

水野久美が息子の復讐をしたと自首をしてきた。
水野久美は、息子を殺した志村東吾が許せず民事裁判で賠償金を請求していた。
しかし志村東吾は逃げ回った。
10年で時効のためまた民事裁判を起こした。
それでも志村東吾は賠償金を支払うことをしなかった。
介護士の飯村勇斗(長谷川朝晴 )は、そんな水野久美に同情し、志村東吾と妹の写真をネット上にさらしたと言う。
しかし・・・。

犯人は飯村勇斗(長谷川朝晴 )

水野久美の亡くなった夫の介護士。

志村東吾は屋上ではなく、一つしたの窓から転落していた。
その窓枠は杉の木で、志村東吾の手には傷があった。
窓枠には志村東吾の指紋もあり、犯人の血液指紋も検出された。

北大路欣也は志村東吾やその妹をネットにさらした男が怪しいと思っていた。
ネットにさらされた志村東吾の写真は、ゴールデン街で30年以上続いている「ファインダー」という店で撮られたものだった。
店はせまく隠し撮りはできない。

長谷川朝晴と志村東吾は友達だった。
長谷川朝晴は変態で(え?)、昼間介護している人間の家族を殺した犯人を見てみたいと思って、志村東吾に近づいた。
それがとっても楽しかったと言う。

そのうち、志村東吾は長谷川朝晴を友人だと認識。
国に銀行口座を監視されていると思い込んでいた志村東吾は、賠償金を支払うために妹から受け取った金を長谷川朝晴に預けた。
長谷川朝晴はその金を使い果たした。

「賠償金を支払うことにしたから、金を返せ。」

返す金などない長谷川朝晴は、自殺に見せかけて殺害をしようと決意。
自殺に見せかけるには動機がいる。
ってことで、ネットに顔写真をバラまいた。

志村東吾はバカなので、金を返済するとビルに呼び出され、まんまと階段の踊り場から突き落とされた。

「自業自得バチがあたったんだよ。」
と悪びれる長谷川朝晴。

「そうだ。自業自得だ。
お前が逮捕されたのも自業自得だ。
バチがあたったんだよ。」

連行される長谷川朝晴に
「あんたの顔、ネットにさらされないと良いわね。」
と遠山咲(上白石萌音)のセリフにギクリとする長谷川朝晴。



長谷川朝晴は、もう一つボロを出していた。
「年配の水野久美に志村東吾を突き落とせるか?」
と言う北大路欣也の問いに

「そうです!
年配の彼女が階段で屋上まで上ったというんですか?」

と答えていた。

ビルにエレベーターがないことを知っていたのも怪しいというくだり。
これだけだと証拠として弱いんだけど、血液指紋も見つかっていて、多分その血液指紋は長谷川朝晴のものなので、公判も維持できるでしょう。

「昼は介護している男性の息子を殺した犯人と夜は酒を飲む。」

何が楽しいねん(苦笑)
変態ですよ・・・。

賠償金を支払わず遊んでいるような男・・・。
ホント、賠償金は国が強制的に支払わされるように管理できたら良いのに。
養育費もさ・・・。

殺したヤツも殺されたヤツのクズだったよなぁ。
ネットにさらされた妹さんがただただ気の毒だ。
離婚されないと良いけれど・・・。

初回。
なかなかおもしろかったですよ~。
「刑事ゼロ」同様、こちらもあまり期待していなかったのですが・・・。
今期8時台のドラマが楽しいかもね。

ただ北大路欣也さんの呂律が心配。
ちょっと聞き取り憎い。
北大路欣也さん・・・そこまで好きな俳優ではないんです。
あまり色気を感じないので・・・。
それにちょっと力が入りすぎて疲れる(爆)
顔もセリフも!!
そして・・・定年したばかりの刑事には見えなかったんだけどさ。

刑事課司法係長の仕事がいまちちよくわかりませんでしたが、石黒賢がいちいち教えてくれるので、そのうちわかるでしょうw



風間俊介くんと上白石萌音ちゃんのコンビもなかなか良かったです。
上白石萌音ちゃんは、ちょ~~っと若すぎるんじゃない?って思ったんですが。
そりゃ北大路さんの横にいると孫にしか見えないんですがw
20代の俳優がいないとさ、ダメだよね(苦笑)

他の脇役さんたちもかなりご高齢ですしね。
でも余貴美子さんは相変わらず格好良い。

そして、尾上寛之さんが犯人じゃなかったわよ~!!!
尾上寛之、刑事でした!!!
科捜研の女でこの間犯人だった宅麻伸も刑事でした。
ちょっと怪しいと思っているんだけど・・・。
・・風間君もジャニーズには珍しく犯人をやるし、勝野洋だって、犯人になり得る人だし、内田朝陽もいるし・・・。

刑事から犯人が出てこないとも限らない、ハラハラできるかも(爆)
ただ、この枠・・・。
最初は楽しいんだけど、だんだんマンネリになるのが玉に瑕。
最終回まで楽しいと良いなぁw
昭和と平成を結びつけるのがテーマなんでしょうが、ネタ切れしないと良いなぁと。
祈りましょう(爆)

にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです。

主題歌:Toshl「幸せのちから」

感想はコチラ
『記憶捜査 新宿東署事件ファイル』 第2話 ネタバレ感想~犯人俳優ではない人が犯人だと新鮮。
『記憶捜査 新宿東署事件ファイル』 第3話 ネタバレ感想 ~詐欺には気をつけろ!
『記憶捜査 新宿東署事件ファイル』 第4話 ネタバレ感想~金の卵と外国人労働者
『記憶捜査 新宿東署事件ファイル』 第5話 ネタバレ感想 ~回転売買に気をつけろ!!
『記憶捜査 新宿東署事件ファイル』 第6話 ネタバレ感想 ~62才だと言い張る北大路欣也
『記憶捜査 新宿東署事件ファイル』最終回(第8話)ネタバレ感想 ~事件ではなく不祥事かい。
出演者
鬼塚一路……北大路欣也
神啓太郎……風間俊介
遠山咲………上白石萌音
山崎清………内田朝陽
本多太一……松本大志
烏丸将司……勝野洋
十河正美……宅麻伸
栗田史郎……石黒賢
木地本淳子…余貴美子

ゲスト
緑川江津子…水野久美
田沼行雄……金井勇太
森千夏………森矢カンナ
飯村勇斗……長谷川朝晴
副総監………山田明郷

コメント

  1. なお より:

    こんばんは
    ほんとに犯人みたいな人がたくさんいて
    刑事側も怪しい人だらけ。。いつか犯人になりそうな人がいますよね。宅麻伸は一番怪しいです。なにか握りつぶしてましたよね。

    北大路さん定年には見えません。おじいちゃんですよね(^_^;)

    そう言えば好きだったバンドのデビュー曲が流れてましたが‥何故ゆえに?笑っ

    • tarotaro tarotaro より:

      なおさん、おはようございます。
      コメントありがとうございます。

      犯人になりそうな人が多いですよねぇ。
      安心できるのは上白石萌歌ちゃんくらいですね。
      彼女が悪に転じたら、伝説のドラマになりそう。

      北大路さんが元刑事役をやるには異論はありませんが、定年後すぐってのはもう無理ですよ~。
      上白石萌歌ちゃんのおじいちゃんにしか見えないです。
      上司だなんて・・・。
      いや、風間君と並んでも親子ではなく、祖父と孫に見えます(苦笑)