「イチケイのカラス」 第3話 ネタバレ感想~みんな不幸に!

スポンサーリンク

「伝説の裁判官が暴走 凶悪犯の愛」

原作はコチラ

浅見理都『イチケイのカラス』

あらすじはコチラ→

ガラス工房で働く藤代省吾(岡田義徳)被告を18年前の事件で担当していた駒沢(小日向文世)は、彼の罪を減刑していた。
藤代がまた罪を犯したと思えない駒沢。
徹底的に調べることに・・・。
すると被害者の妻で笹原警察署の警察官でもある奈緒(佐津川愛美)の上司らがなにやら隠蔽している。
匿名でも証言出来ると高橋一生風の刑事が証言してくれた。
奈緒の同僚の女性警察官が奈緒には体にアザがある。
奈緒の近所の人の証言から、奈緒は被害者からDVを受けていることがわかる
笹原警察署の署長ら部下である奈緒がもし犯行に関与していたら昇進できなくなる。
ってことで補充捜査しなかった。
これは「起訴のやり直しが必要」と駒沢は、検察の城島怜治(升毅)、井出伊織(山崎育三郎)を巻き込んで再捜査する

入間(竹野内豊)と坂間(黒木華)らは佐賀に向かう。
18年前の事件で藤代が世話になった保護管に会う。
事件を起こした藤代は逃げている途中、死のうとしたがある女性に止められた。
その女性は何度も藤代に面会に来ていたと言う。
それは野上奈緒(佐津川愛美)
二人には隠された強いつながりがあった。
しかしそれをなぜ隠していたのか。



公判が行われる。
奈緒は藤代と事件の前から面識があることを言わなかったのは娘のためだと証言した。
検察側は公訴事実に誤りがあり、改めて捜査をした。
事件当日、野上哲治の車を捉えた防犯カメラの映像を証拠として提出。
運転しているのは被告人の藤代だった。
なぜ藤代が被害者の車を使い工房に向かったのか。
藤代は絶句。
傍聴席の奈緒は「自分が殺した」と号泣して叫ぶ。
DVを受けていた奈緒は夫を殺害したが、自分は病気でもう長くないからと藤代が庇ってくれたと言う。
入間は
「起きてしまったことは変えられない
でもこれからのことは変えられる。
その分岐点がこの裁判だ。
いかなる理由であれ、罪を償うチャンスを奪ってはいけない」



真実を話す藤代。
事件当日、奈緒の娘・碧(渡邉心結)もまた父親に殴られた。
被害者は碧が藤代に懐いていることが気に入らない。
暴れる継父を殺害した。
教室に来ない碧を心配した藤代が電話をすると碧から助けてと言われ自宅に駆けつけた。
自分が罪をかぶるには犯行現場をかえるしかない。
被害者の車で遺体を工房に運ぶ藤代。
奈緒は藤代の罪が少しでも軽くなるために、被害者が自転車で頭を打ったように見せかけた。

裁判のあと駒沢(小日向文世)が藤代に面会にきた。
「怖かった」
と話す藤代。
駒沢には真実を見破られると思っていたのだ。
駒沢は自分も怖かったと話す。
18年前の駒沢の判決は本当に正しかったのかと疑っていたのだ。
公判での藤代の主張には嘘も本音もあった。
野上奈緒のことを愛していたのも家族になる夢を見たのも真実だった。
そして娘の碧を守ろうとしたのは、碧が藤代の娘だったんだろうと。



「全て お見通しなんですね。」
結婚するとなると奈緒は警察を辞めなければならない。
前科のことで苦しませたくないと思ってしまった。
祭りで偶然再会したのは嘘だった。
せめて近くで娘の成長を見守りたかった。
駒沢は
「あなたなら人生をやり直せる。
私は 信じています。」
と話す。

碧が警察に連行される。
奈緒は藤代のことを話そうとするが、碧はわかっていたと言う。
野上碧は家裁で審判となる。
野上奈緒は懲戒免職。
藤代と奈緒は共謀の上犯人隠避罪と証拠隠滅罪なる。



いや~。
かなりベタな事件でしたね。
岡田義徳がまさか碧ちゃんの実夫!
となるとベタが過ぎるんだけど(苦笑)

みんな不幸じゃんね。
妊娠したときに結婚してればDV男と結婚することもなかったよ。
ってか、なんであんなのと結婚したんだろう。

佐津川愛美ちゃんもDV夫からは逃げようよ。
警察官だから、DV夫に刃向かったら娘に手出しされるような事例を知っていて何も出来なかったって。
それ、警察官だからこそしかるべき対処をしようぜ。
警察官が手出しできないDVなんて、一般人なら立ち向かえないよ。
警察官なら当直もあるだろうし、その間、娘ちゃんとDV夫を家に置いておくのは心配じゃなかったのか?
なんにせよ、被害者の継父が娘ちゃんに性的暴行を働いたのではなくて良かったよ。
最悪、そんな胸くそ悪いことが起きてるんじゃないかって心配してたから。
心配!?・・・べタ!とか言いながら、まんまとハマっているワタシw



しかし佐津川ちゃんは何歳の役だったんだろう。
岡田君と出会った時は駆け出しの警察官。
高校を卒業してすぐだとしても18歳。
すっごく若くても36歳。
佐津川さんは36歳には見えない。
それでも上手だったなぁ。
泣いている役が多いわ~。

で・・・碧ちゃん。
母子家庭で育ち、継父はDV,
実父は犯罪者。
そして自分も継父殺しの殺人犯。
こんな事になるなら警察官が夢だったとか犯罪者の娘として育つのは可哀想とか言ってる場合やなかったな。
結婚出来ないなら子供を作るなよとまでは言わないが、碧ちゃんが殺人犯になったのは、両親のせいだな。

で・・・次回は華ちゃんの「職権発動」が楽しみなので~~~す!!!!




にほんブログ村 テレビブログへ  にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

主題歌 – Starlight「WGB」
感想はコチラ
「イチケイのカラス」 第1話 ネタバレ感想~初回は手堅くスッキリ解決!
「イチケイのカラス」 第2話 ネタバレ 感想~懲戒なんて生ぬるい!!
「イチケイのカラス」 第4話 ネタバレ感想~黒木華ちゃんの職権発動!!
「イチケイのカラス」 第5話 ネタバレ 感想~バレエと言えば白鳥の湖なのね。
CAST
入間みちお(竹野内豊)
坂間千鶴(黒木華)
石倉文太(新田真剣佑)
井出伊織(山崎育三郎)
浜谷澪(桜井ユキ)
一ノ瀬糸子(水谷果穂)
川添博司(中村梅雀)
城島怜治(升毅)
日高亜紀(草刈民代)
駒沢義男(小日向文世)
ゲスト
藤代省吾(岡田義徳)
野上哲司(成松修)
野上奈緒(佐津川愛美)

コメント