「イチケイのカラス」 第6話 ネタバレ 感想~誰も傷つかない犯罪はない!

スポンサーリンク

「令和の大泥棒が法廷に登場!」

原作はコチラ
浅見理都『イチケイのカラス』

あらすじはコチラ→

防犯カメラの映像を警察よりも先に見ていた人物がいた。
その人物は明報新聞の記者・真鍋。
数日前に何者かに突き飛ばされ脳死状態となっている。
犯人はまだ見つかっていない。

12年前、犯行現場から立ち去った可能性のある志摩総一郎(羽場裕一)。
その自宅の金銭が盗まれた窃盗事件。
それを調べていた新聞記者が
誰かに襲われた。
これはただの窃盗事件ではない。
入間はもちろん職権を発動した。
入間は井出(山崎育三郎)ら地検チームに捜査協力を依頼するが、圧力により協力を得られなくなった。

現場検証の結果、岸田(バカリズム)が盗んだのは113万円ではなく2億円ではないか。
どうして羽場裕一は被害届をださなかったのか。

新聞記者の妻の話によると真鍋記者は国税庁の天下りについて調べていたらしい。
羽場裕一は天下りのコーディネーターのような役割を担っていた。
それがなぜ羽場裕一が被害に遭った窃盗事件について調べていたかは分からない。



今回の窃盗事件の捜査過程ではバカリズムを大至急送検するように要請をした人物がいた。
回の窃盗事件の取り調べを担当した小宮山検事。
次の公判までに小宮山検事の取り調べ映像を証拠として請求して欲しいと井出(山崎育三郎)に頼んだ入間。
そして法廷に羽場裕一を証人として要請。

しかし依頼の件は不見当だと圧力を欠けられた井出と。
公判ではバカリズム被告が盗んだのは木彫りの置物で精巧な模造品だったから破棄したとよどみなく答えた。
入間は無理に話さなくても良い黙秘してくれても構わない。
こちらで調べると言う。
バカリズム被告は自分は懲役2年6月が妥当な線だろうと話す。
裁判長は頭でっかちの東大かと言い放つが、入間は、高校中退で最終学歴は中学卒業だと答えた。

証人尋問に羽場裕一。
バカリズム被告と同じように模造品を盗まれたと答えた。
しかしどこで手に入れたのかは記憶にないと答えた。
羽場裕一にもわかるまで聴取すると言う入間。
羽場裕一は入間の弁護士時代を知っていた。
12年前の殺人事件の公判で証人として時ヌンを法廷に呼び出そうとしたことも。
「最高裁に抗議書を提出します。」
と羽場裕一に言うと遠慮なくどうぞ!と入間。
正しい裁判を行うためにほんの少しの疑念も残したくない。
そうでないとバカリズム被告人を正しく裁けない。



石倉(新田真剣佑)は井出と城島の説得にあたる。
そして井出らに真鍋記者が事件の前に自分の船で釣りをしていたと
その結果、井出は色仕掛け?で内情を聞いてくれた。

小宮山検事は警察よりもさきにバカリズムの行方を見つけ出そうとしていた。
もし2億円が羽場裕一の自宅から盗まれたのが事実なら公になることを検察は嫌った。
小宮山検事はバカリズムのICカードから潜伏先にアタリをつけた。
場所は用賀。
防犯カメラ映像を押さえて被告人にぶつける手がある!

公判。
小宮山検事を証人に呼ぶ。
バカリズムが自首する前日警察より先に潜伏先を特定し接触していた人物は元検察官で現在弁護士の畠山だとわかった。
小宮山の後輩だ。
しかしこちらの動きを知られ証人要請の前に姿をくらました。
小宮山は何も答えないのでバカリズムに話に尋問。
「あなたが盗んだのは 本当のところ2億円ではないんですか。」
「パン屋。それが あなたの 本当にやりたいことではないんですか。」
正しい裁判を行いたいという入間に情に訴えても無駄だと冷静なバカリズム。
「ポリシーに訴えるつもりです。」
窃盗事件について調べていた新聞記者の真鍋さんは亡くなられた。
傍聴席には妊娠中の奥さんがいる。
バカリズムの起こした事件を調べていて、何者かに命を奪われた。
人は絶対に傷つけないといっていたバカリズム。
「でも誰も傷つけない犯罪なんてないんです。」



理屈をこねつつも観念したバカリズム。
「私が盗んだお金は113万円じゃない。
2億円です。」
羽場裕一の家に入ったときに金庫に現金で2億あり驚いたが、これは表に出せない金。
盗んでも被害届が出せないとピンときた。
1週間後。
元検事で現弁護士の男が尋ねてきた。
「1, 000万円で 私は買収された。
これが真実です。
すいませんでした。
こんなことになるなんて思いもしませんでした。」
真鍋記者が持っていたデータが見つかった。
羽場裕一の会計事務所が担当する大手企業数社の裏帳簿。
これは法人税法違反。
つまり脱税。

12年前の事件について、新事実がわかった。
この事件は動き出すと日高(草刈民代)と対峙する入間。
その頃、坂間(黒木華)は、12年前、有罪になり亡くなった仁科の妹・由貴(臼田あさ美)を訪ね、再審請求をすれば12年前の事件の真相を明らかに出来ると説得していた。



12年前の事件・・・気になるなぁ。
先週、ちょっと中だるみかなぁって思っていたけど、今週は面白かった。
バカリズムはこういう理屈っぽい役がよく似合う。
にしても『素敵な選TAXI』の出演者が多いの~。
タイムスリップして欲しいくらいだぜ。
そしたらすぐにわかるのに(爆)

しかしこの事件。
新聞記者さんは一命を取り留めるかと思っていたのに・・・。
こういうとこは容赦ない。
これからお腹の子のことを考えると・・・ホントに誰も傷つかない犯罪などないんだな。
記者あ殺した犯人は早く捕まって欲しい。

草刈民代さんがラスボスだとしたら・・・ちょっと弱いかなぁ。
でもこのドラマはわりと直球。
ベタな展開が多いので、そこまで奇をてらわないかなっていう気がする。
まだ6話だし、最終回まで12年前の話を引っ張ることはしないと思うので、来週、再来週あたりには決着をつけて欲しいと思うんだけど・・。
どうなんでしょうか。
記者を殺害した犯人だけでも来週に捕まって欲しいッス。

羽場裕一さんは今週で退場かな。
でも矢島健一さんがいますからねぇw
矢島さんが黒幕・・・ではないよねぇ。
矢島さんは升毅さんより後輩だけど出世しているみたい。
草刈さんはクールに去りそうだけど、矢島さんあたりにギャフンと言うてもらいましょうかw




にほんブログ村 テレビブログへ  にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

主題歌 – Starlight「WGB」
感想はコチラ
「イチケイのカラス」 第1話 ネタバレ感想~初回は手堅くスッキリ解決!
「イチケイのカラス」 第2話 ネタバレ 感想~懲戒なんて生ぬるい!!
「イチケイのカラス」 第3話 ネタバレ感想~みんな不幸に!
「イチケイのカラス」 第4話 ネタバレ感想~黒木華ちゃんの職権発動!!
「イチケイのカラス」 第5話 ネタバレ 感想~バレエと言えば白鳥の湖なのね。
「イチケイのカラス」 第7話 ネタバレ 感想~あっさり告発、あっさり解決!
「イチケイのカラス」 第8話 ネタバレ 感想~男装で痴漢、甥っ子は武井壮。先入観アカン。
「イチケイのカラス」 第9話 ネタバレ 感想~裁判員裁判でも職権発動
「イチケイのカラス」 第10話 ネタバレ感想~ブラックジャック板尾創路
「イチケイのカラス」 最終回 ネタバレ 感想~竹野内豊VS佐々木蔵之介 は続編で?

CAST
入間みちお(竹野内豊)
坂間千鶴(黒木華)
石倉文太(新田真剣佑)
井出伊織(山崎育三郎)
浜谷澪(桜井ユキ)
一ノ瀬糸子(水谷果穂)
川添博司(中村梅雀)
城島怜治(升毅)
日高亜紀(草刈民代)
駒沢義男(小日向文世)
中森(矢島健一)
小宮山(テイ龍進)

ゲスト
岸田茂(バカリズム[15]
志摩総一郎(幅)

コメント