「春になったら」 第5話 ネタバレ感想~いつも通りにいられない。父吐血。娘、破談・・・

スポンサーリンク

涙の大喧嘩再び!すれ違う父娘の想い

あらすじはコチラ→

椎名瞳(奈緒)は杉村節子(小林聡美)に雅彦(木梨憲武)の病気のことを打ち明ける。
号泣する瞳に「一人で抱え込まないで」と優しく抱きしめる節子。

岸(深澤辰哉)は一馬(濱田岳)に「あなたは瞳を幸せにできない!」と糾弾する。
「僕は普通の人だからわかる!」と怒って立ち去る岸。

雅彦は姉・神尾まき(筒井真理子)に会社に病気のことを言うと気を遣われるから嫌だと相談。
「あんたが死ぬなんて考えられない」と言う。
瞳の結婚のことを聞かれた雅彦は、一馬が芸人を辞めたと話す。
それをオレのせいだって言われた。
「経済力がないって言ったあんたのせいじゃない。」
「でも子供がいるから無理。
瞳に母親は務まらない!」
「どうしたって反対したいだけじゃない。」

ある日、瞳は雅彦の『人生ノート』を見る。
「瞳が産まれた日」
とあった。
悶々としている瞳。
一馬を待って一緒に買い物して一馬んちへ。
すると龍之介の書き置きがあった。
龍之介が家出をしのだ。
一生懸命探す二人。
家出した龍之介を見つけたのは雅彦だった。

スポンサーリンク

二人が椎名家にやってきた
「僕がいないほうがいんだよ。
パパは忙しいじゃん
仕事と瞳ちゃんのことで
僕はパパの足かせになりたくないわけ」
「そりゃそうだよな
パパに放ったらかしにされちゃったらな!
どうなってんだ?」
「だからっていきなり家出は・・・」
「家出ってのは突然するから家出なんでしょ?」
「そりゃそうだ。
悪いのはどっちなんだ?
カズマルと瞳だろ?
子供の気持ちわかってないじゃないか」
「それにしさ
パパはつまんなくなった
お笑い芸人。
やめて欲しくなかったよ僕は」
「それはね。かずくんは・・・」
「瞳ちゃんと結婚するためでしょ?
でも僕はお笑い芸人やめて欲しくなかった」
「そうだよな
ずっと応援してきたのにな
人に言われて簡単にやめるなんてさ
君の覚悟はその程度のものだったのか?」
「D1の予選は面白かったのにさ。」
「その通り」
D1の予選は面白かった
子供もいる経済力もない。
それでも芸人として成功する
それをおしいとこまで言って諦めちゃうなんて・・
「残念だよな!
瞳もそう思ってんだろ?」
龍之介を連れ帰る一馬
見送りに行く瞳

スポンサーリンク

帰ってきた瞳
「父さん、無責任だよ」
「うん、何が?
「かず君は悩んで悩んで芸人やめたの
なのに今になってあんなこと」
「あっ、うんそうだ。無責任だよ
勝手な事言うよ。親だから」
「親だったら娘の気持ちも考えてよ。
毎日毎日お父さんの心配して
もうかず君の事だってどうしたら良いかわかんなくなってんの」
「お前のことはわかってんだよ
あいつが決めたこと納得いかないんだろ
それを言えなくて
遠慮してるんだろ
瞳はカズマルに芸人辞めてほしくないんだよ
塾の講師になって全然うれしくないんだ」
「かずくんはお父さんに認めて貰いたくて
その気持ちはわかるから私は
だから・・・。
そうだよ
私はかずくんに芸人辞めて欲しくなかった
夢を諦めて欲しくなかった
でも今はそれどころじゃないの
わかってるでしょ
お父さんのせいだよ」
「瞳」
「違う。違う。違う。違う。」
「瞳 あのもうあのオレのことは良いから。
ああ、オレのこと心配しなくていいから」
「そんなことできない」
「今まで通りで良いよ
今まで通りでさ
瞳はさ、カズマルとこう結婚したい
オレはそれは認めない
けんかしたってそれでいいじゃない
いいよ今まで通りで」
「できないよ
できるわけないじゃん今まで通りなんて
私、結婚しない。
お父さんがこんなときに結婚なんて無理だから
私はかずくんと結婚しない。」

スポンサーリンク

岸の暴走から始まって・・・。
ま、岸ってこういうとこあるから、瞳には振り向いてもらえないんだろうな(苦笑)
こうやってはっきり言える人のことは好きじゃなさそうな瞳。
そして瞳もはっきり言えるタイプでもない。
二人とも、ちゃんと自分の気持ちを相手に伝えないんだからさ。
掛け違えたボタンがそのままの状態。

お父さんは今まで通りが良いんだよね。
でも娘からしたら今まで通りなんて出来ない。
心配しないなんて無理だし、気になるし、怖いし。
絶対に残されるほうが不安だよ。
ああ・・・でも余命宣告されていない今はわからんけどさ。

お父さんは芸人として成功したカズマルを認めたいんだろうか。
認められるまで生きていないとは思うけど。
健康体でもなかなか辛いかもw
結婚を認めたとしても喧嘩をして普通の生活をしてその時を迎えたいんだろうな
最後には椎名家で同居とかになったりしないかなぁ。
龍之介とお父さん、結構、馬が合うw
龍之介くんはお芝居が上手だし、滑舌も良いし、可愛いね。

最後の瞳の言葉はとてもリアルだったなぁ。
奈緒ちゃん、ノリさん、がっくん、龍之介。
みんな良かったよ。
来週は・・・瞳が倒れる!

スポンサーリンク
「春になったら」 第1話 ネタバレ 感想~父の余命を知った日にも赤子を取り上げる。
あらすじはコチラ→☆ 助産師の椎名瞳(奈緒)は、父・雅彦(木梨憲武)がガンで余命3ヶ月であることが信じられない。 通院している病院を聞き出し、確認へ。 膵臓癌で骨への転移も見られる。 セカンドオピニオンを受けたと聞き、その病院へも行くが結果...
「春になったら」 第2話 ネタバレ 感想~癌と闘うだけの人になりたくない
娘と伊豆へ!父の死ぬまでにやりたいことリスト あらすじはコチラ→☆ 瞳(奈緒)は雅彦(木梨憲武)の主治医である緩和ケア医の阿波野弘(光石研)を訪ねる。 「痛み止めの薬だけを出して欲しいと言われるのは・・・」 阿波野医師もまだ雅彦の願いはホン...
「春になったら」 第3話 ネタバレ 感想~結婚は一旦白紙へ。予告に中井貴一!
父娘で遊園地へ!婚約者はお笑い賞レースに参戦 あらすじはコチラ→☆ 雅彦(木梨憲武)は瞳(奈緒)を休日の遊園地に誘う。 すると一馬(濱田岳)と、息子の龍之介(石塚陸翔)もやってくる。 瞳と龍之介がアトラクションに行っている間、話をする雅彦と...
「春になったら」 第4話 ネタバレ感想~徳を積んでも末期癌(泣)
親友と48年ぶりに再会!学生時代の償い あらすじはコチラ→☆ 「“死ぬまでにやりたいことリスト”はカウントダウンみたいで辛い」 瞳(奈緒)が偶然出会った阿波野(光石研)に伝える。 雅彦(木梨憲武)は前向きですがホントは怖いのかも知れない リ...
「春になったら」 第6話 ネタバレ 感想~娘へサプラーイズ!まいてまいて!手巻き寿司パーリー
娘へのサプライズ!父が下した決断 あらすじはコチラ→☆ 瞳(奈緒)はストレスで倒れ入院する。 雅彦(木梨憲武)は駆けつけ 「なんでオレが入院しないで瞳が入院するんだよ。 まさかそんなにため込んでたとはね。 もうカズマルと会わないつもり?」 ...

にほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです。

キャスト
椎名瞳(奈緒)
椎名雅彦(木梨憲武)
岸圭吾(深澤辰哉)
大里美奈子(見上愛)
黒沢健(西垣匠)
斉藤愛里(影山優佳)
中井義広(矢柴俊博)
阿波野弘(光石研)
森野舞衣(橋本マナミ)
神尾まき(筒井真理子)
杉村節子(小林聡美)
川上一馬(濱田岳)

コメント