『未来への10カウント』 第5話 ネタバレ 感想 ~虹郎が桃介?半グレに立ち向かうキムタク

スポンサーリンク

『超問題児が入部!?波乱を巻き起こす!』

あらすじはコチラ→

江戸川蓮(櫻井海音)が行方不明になり、半グレ集団に監禁されていることがわかる。
桐沢祥吾(木村拓哉)は半グレの居場所を特定。←メールで教えてもらった。
ピザの配達へ!
江戸川を救出したものの気疲れ半グレたちと大乱闘。
江戸川は折原葵(満島ひかり)がタクシーで保護。
折原は外堀から桐沢の現場復帰に導く。
甲斐誠一郎(安田顕)はアマチュアの指導には向かないので、桐沢を推薦。
桐沢の代行で授業をしていた猫林はじめ(生瀬勝久)の授業がつまらないと生徒に直談判させる。
大場(内田有紀)校長は結局、桐沢を呼び戻す。
1年で京明高校を倒すように約束させる。
ある日、宅配ピザを届けた桐沢は、デリバリー先で亡くなった最愛の妻・史織(波瑠)とそっくりの女性に出会う。



昨日の半グレも腹が立ったけど、今日の半グレも気になる。
未成年者誘拐監禁だと思うんだけど。
しかもナイフまで取り出してきてるし。
なんで警察を呼んでいないのか。
昨日も警察を呼ぼうよ!って書いた「ナンバMG5」と同じような展開。逮捕して欲しい、あんなの社会のゴミじゃん。

そして待望の虹郎登場。
関西弁…予告ではゾワゾワして心配していたけど、なかなかナチュラル。
「心斎橋」のイントネーションだけがアカンかったw
さすがUAの息子よ。
しかしさすがの虹郎も高校一年には見えなくなってきたな~。
朝ドラの時にはあまり違和感なかったのに。
周りが朝ドラより若いからかしら。
桃介…とっても岡山臭のする名前だわ~w
これは狙いなのかしら。
さて、1年の猶予でボクシング部から勝てる選手がでてくるのか?

ほんで波瑠ね。
透明感があったわねぇ~。
回想だからキムタクの妻でも良かったけど、今のキムタクと並ぶと…。
さすがに恋人には見えない。
波瑠からキムタクのアップになったのは残酷だった。
それでも…一波乱?
満島ひかりも…心配よね。



にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けるとウレシイです。

感想はコチラ
『未来への10カウント』 第1話 ネタバレ感想 ~中高生ではなく中高年に向けた学園ドラマ
『未来への10カウント』 第2話 ネタバレ感想 ~虹郎、はよ!
『未来への10カウント』 第3話 ネタバレ 感想 ~不幸自慢対決はキムタクの勝ち
『未来への10カウント』 第4話 ネタバレ 感想 ~来週から虹郎

キャスト
桐沢祥吾(木村拓哉)
折原葵(満島ひかり)
甲斐誠一郎(安田顕)
伊庭海斗(高橋海人)
水野あかり(山田杏奈)
西条桃介(村上虹郎)
日比野雅也(馬場徹)
坂巻勝夫(オラキオ)
玉乃井竜也(坂東龍汰)
友部陸(佐久本宝)
西山愛(吉柳咲良)
江戸川蓮(櫻井海音)
天津大地(阿久津仁愛)
森拓己(大朏岳優)
矢代智香(山口まゆ)
野崎太一(三浦りょお太)
槙浩介(富樫慧士)
間地真実(八嶋智人)
芦屋珠江(市毛良枝)
大野倫子(富田靖子)
大場麻琴(内田有紀)
猫林はじめ(生瀬勝久)
芦屋賢三(柄本明)

コメント