『刑事7人』第3話 ネタバレ感想~犯人も被害者もいない殺人事件

スポンサーリンク

第5シリーズ「消えた死体の謎…!ー鍵を握る4年前の“ある失踪”の秘密」

あらすじはコチラ→

今回の事件は被害者のいない殺人事件だった。
原因は4年前の解決事件にあった。
そのせいで飲食店を経営する神崎裕一(浜田学)が犯人に仕立てられた。
神崎の愛人・森円香は死んではいなかった。
そして森円香こそが、4年前の事件を目撃したスナック経営者・田宮映子(櫻井淳子)だった。

4年前の被害者・山下栞が通っていた料理教室にも、身元不明の川本紀子という人物がいた。
そして川本紀子も田宮映子(櫻井淳子)!!
櫻井淳子は18才で看護学校を卒業。
准看護師として働いていたが、妊娠、出産。
一人で育てることができずに施設に預けた。
しばらくは娘のことなど考えずに過ごしたアラサーになり結婚相手が見つかったが、子供ができない体になっていることがわかり結婚は破談。
すると娘のことが気になって気になって仕方なくなり、娘を必死に探した。
娘は資産家の養女になっていた。

料理学校で娘は「結婚が決まった。」と聞き涙ぐむ櫻井淳子。
ある日、娘が神崎裕一(浜田学)とトラブルになっていた。
その後、栞が死んだ。
あの男と探した。
そしてやっと見つけた。
偶然を装い神崎裕一(浜田学)に近づいた。
計画は怖い位にうまく行った、
そしてあの日偽装殺人。

復讐は成立したかに思われたが・・・栞を殺した犯人は神崎裕一(浜田学)ではなかった。
犯人は料理教室の講師・中山由莉(池津祥子)
神崎と中山は学生時代からの知り合いだった。
二人ともお金に困っていた。
そこで資産家の娘をカモにすることを思いつく。
栞はそのことを知ってしまい、神崎を責める。
神崎から事情を聞いた中山は栞を殺害したのだった。


櫻井淳子・・・たいがいやぞ。
18才の時に産んだ娘のことを忘れて結婚しようと思ったら、子供が産めない体になっていて、娘を探す。
ってか、「子供の出来ない体」になっていたって雑やなぁ。
18才で子供を産んで・・・30才前の女性が・・・何があったんや。

で・・・「娘がワタシの生きがい。」
ってどの口が言うとんねん!!
もしあのまま結婚して子供が出来ていたら、娘のことなんて忘れていたに違いない。

ま、それでも神崎が犯人に見せかけて、池津祥子が犯人ってのも意外性があったかも。
母親としては最低な櫻井淳子だけれど、人殺しはしていないしねぇ。
ってか・・・・。
あれだけ目撃証言をしたってのに、警察はなぜ櫻井淳子の証言を黙殺したんでしょうね。
それが無ければ殺害された栞ちゃんは、もっと早く見つかっていたんじゃないかなぁ。
埋められてたなんてねぇ・・・。
栞ちゃんには同情するが、他の人には同情できない。
刑事は・・・アレ?7人いたっけ?←お約束

にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けるとウレシイです。

感想はコチラ
『刑事7人』第1話 ネタバレ感想~月曜日の殺害方法は?
『刑事7人』第2話 ネタバレ感想~火曜日は火あぶり未遂
『刑事7人』第4話 ネタバレ感想~東山紀之以外の人にスポットを!
『刑事7人』第5話 ネタバレ感想~矛盾が多すぎる
『刑事7人』第6話 ネタバレ感想~回りくどくて救いがない
『刑事7人』第7話 ネタバレ感想~40kmも走らせた上に殺害。
『刑事7人』第8話 ネタバレ感想~猫アレルギーの犯人
『刑事7人』第9話 ネタバレ感想~戦争賛美は否定しないのか?
『刑事7人』最終回(第10話) ネタバレ感想~”踊る大捜査線”みたいになりたいの?
出演者
天樹悠・・・・東山紀之
海老沢芳樹・・田辺誠一
水田環・・・・倉科カナ
野々村拓海・・白洲迅
青山新・・・・塚本高史
片桐正敏・・・吉田鋼太郎
堂本俊太郎・・北大路欣也

コメント

  1. kashweregreen より:

    夜分に失礼致します!
    先ほど拝聴しました。
    ストーリー的にはこのシリーズのドラマにしては頑張った(笑)ほうだと思いますけれど、この手の話けっこう海外ドラマにはありがちなんですよね。
    7人揃わないのが予算の関係なのか(笑)脚本の関係なのかわからないんですけれど、いつもヒガシがナルシスト全開(笑)で沈思黙考する無駄な時間が多いですよね。
    櫻井さんは刑事ドラマの犯人役や二時間ドラマ女優になってますが、わたくしの中学生の頃のグラビアアイドル(笑)でした!
    あと皆さん思われていることだと思いますけれど、倉科さんよりも少しマシな女優さんにキャスティング変更希望です(笑)
    いつもの駄文、失礼しました!

    • tarotaro tarotaro より:

      kashweregreenさん、おはようございます。
      コメントありがとうございます。

      櫻井淳子さんってグラビアアイドルだったんですか。
      アイドルのイメージが全然ありませんでした。
      しかもグラビア。
      「ショムニ」の時には、映画「櫻の園」の白島靖代さんと勘違いしていて。
      櫻井淳子と白島靖代は似ている・・・と思っておりましたw

      ストーリーは・・・ま、なんつーか。
      「刑事7人」にしては二転三転したねってとこでしょうか。

      ワタシ、倉科さんは最近、いろんな役を精力的にやっていて好きですが、ただの健気なヒロインとかクールな役より、もっとこじらせた役のほうが上手いと思うんですよね~。
      で、親子ほどとは言わないまでもかなり年の差がある倉科カナと東山紀之。
      なのに上から目線の倉科さんのポジション。
      よくわからないです。
      最初は、東山紀之と倉科カナをくっつけようとしていたんでしょうか。
      でもやっぱり年の差がおかしくて辞めたとか。
      最初は東山紀之の家庭についてもいろいろ描かれてましたしね。