『刑事7人』第2話 ネタバレ感想~火曜日は火あぶり未遂

スポンサーリンク

第5シリーズ「7日間の連続殺人に隠された秘密ー“忘れられし冤罪事件”」


あらすじはコチラ→

3年前に殺人の濡れ衣を着せられた加賀皐月(田中美晴)の母・美枝子(岡まゆみ)は娘の無実を信じていたが病気で寝たきりの状態に。
父・昭一(勝野洋)は、娘のせいで自分のこれまでの人生を台無しにした。
「何もかもあの子とあんな娘に育てた妻のせいです。」
父親は娘の復讐どころか、娘を憎んでいた。

月曜日、でっかい満月の下で、当時皐月の担当をしていた元弁護士で、現在国会議員の本郷健一(賀集利樹)がビルから突き落とされ死亡。
犯人は皐月の婚約者・笠松望( 三浦誠己)。
が・・・笠松は自殺していた。
「アトヒトリ」
とメッセージがあったのに・・・・?

勝野が、検事・高岡学(矢島健一) を火あぶりの刑にしようとしていた。
3年前の事件を追及する勝野洋。

そこへ刑事7人(もいないけど・・・)がやってきた。
3年前のホステス殺人事件の犯人は、矢島健一。

ホテルの部屋を偽名を使って取っていたことも確認され、3年前のホテルの防犯カメラの映像も確認され。
会っているはずのない会っていたはずのない皐月さんと女友達・川北真琴さんの姿もうつっていた。

「あの女が脅した!」
ホステスに誘われてホイホイホテルに行ったら、手のひら返しで脅されたらしい。←バカじゃん。
ホステスを絞殺。
息がかかった後輩の検事の渡辺郁夫(小松和重)に隠蔽を指示。
小松和重検事は、大貫刑事を金で雇う。

大貫は高校時代に川北真琴を援交で補導していた。
玉の輿にのった川北真琴に過去の援交をバラすぞと恐喝し、”皐月さんと会っていない”と嘘の証言をさせた。
皐月の押収したスカーフに殺害されたホステス・佐藤穂乃花のDNAをつける。
さらに大貫は愛人の間宮静香に、”皐月さんをホテルで見かけた”と偽証させた。
偶然、その日皐月さんを乗せたタクシー運転手は東京で愛人と会っていたため、偽証した。

「世間もすっかり騙され娘さんは殺人者になった。」
そして父も娘を信じなかった。
「笠松君が言っていたことは本当のことだった。」
笠松は皐月が父に宛てた手紙を渡すが、それをも受け付けない勝野洋。
「僕は復讐します。
皐月さんを陥れた人間全てに復讐します。」

そして事件が起こった。
それでもまだ半信半疑だった勝野洋。
矢島健一に刺された笠原から電話があった。

笠松を殺害したのは矢島健一

「あと一人。
あと一人だったのに。
悔しいです、
このまま死ぬなんて。
検察官の高岡。
皐月さんを・・・」

その電話でピンときた勝野洋。
皐月の手紙を初めて読んだ。

矢島健一を殺害しようとする勝野洋。
「奥さんに娘さんの無実を伝えてください!」
と説得する刑事7人(もいないけど・・・)


北欧神話を絡めてきましたぜ!!
「曜日になぞらえた連続殺人が発生し、それはもしかしたら北欧神話を題材にしているかもしれない。」
ってさ。
そんなややこしいことえおせず、本丸の矢島健一からやらないと(苦笑)

水曜日はオーディン。
知恵の泉の水を飲むために、片目を捧げた神。
木曜日はトール。
単純な性格が災いし、策略にはまって 殺された。
金曜日はフレイヤ。
性にだらしのない神。
土曜日は農耕の神・サトゥルヌス。
サンタクロースの起源で欲望を満たすために我が子を殺して食べた。
日曜日は太陽をつかさどる神・ソール。
自尊心の強い神。
月の神様は マーニ。
太陽の神 ソールの弟。
火曜日はテュール。
かつてはの最高神。

ってさ。
回りくどいが、今までの刑事7人とはちょっと違う路線かも?
今回はわりかし揃っていたし。
6人だけど・・・北大路欣也先生が現場にいたらおかしいから・・・コレでエエか。
しかし月曜日の月がデカ過ぎる。
「月に変わってお仕置き」
ってことなんだろうか。
テレ朝だしさ。
「明日の君がもっと好き」を思い出すようなデカい月。

勝野洋、最低な父親だったな。
本人も言っていたけれど。
娘の無実を信じないばかりか、娘の無実を信じていた妻に
「育て方が悪かった」
だもんね~。
で、今まで自分が築き上げた地位と名誉を失ったことで、妻と娘を恨んでいる。

娘の婚約者が調べに調べ、復讐を行う。
その婚約者が死に際に矢島健一検事のことを知らされる。
で、翌日には矢島健一検事のことを調べ上げ、火あぶりの刑にこぎ着ける・・・。
すげー行動力。
この行動力があるなら、父ちゃんが最初から復讐計画に乗っていたら、3年も時間はいらなかったかもなぁw
てっきり婚約者と組んで復讐していると思っていたのに、本気で娘を恨んでいたなんて・・・。
皐月さんも浮かばれないなぁ。

にしても3年前のホテルの防犯カメラ映像がまだ残されているとか・・・、
あれは証拠品として警察にあったものなのか?
であれば、大貫以外の刑事は見落としていたってこと?
警察が無能なのには川有り亡いなぁ。

矢島健一が後輩の検事を使って、冤罪を隠蔽。
後輩検事は大貫に命令。
大貫は補導歴のある女を脅す。
愛人にも偽証させる。
これでホステスとして働いたこともない女性が客を取られたことによる逆恨みで殺人者の汚名を着せられるとか・・・。
怖すぎる!!

矢島健一検事が、あのままってことないもんねぇ。
手が滑っちゃって、倉科カナ刑事からビンタされても、反省の色ナシ。
しかし性格が悪いから、能力があるのに出世街道から外れていた・・・。
ってことは後輩検事も出世できていないよねぇ(苦笑)

なんだか・・・矢島健一検事しか得しない事件だったなぁ。
でも2人殺しているから・・・極刑かな?
求刑されて慌てふためきわめく矢島健一さんが思い浮かぶ(爆)

にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けるとウレシイです。

感想はコチラ
『刑事7人』第1話 ネタバレ感想~月曜日の殺害方法は?
『刑事7人』第3話 ネタバレ感想~犯人も被害者もいない殺人事件
『刑事7人』第4話 ネタバレ感想~東山紀之以外の人にスポットを!
『刑事7人』第5話 ネタバレ感想~矛盾が多すぎる
『刑事7人』第6話 ネタバレ感想~回りくどくて救いがない
『刑事7人』第7話 ネタバレ感想~40kmも走らせた上に殺害。
『刑事7人』第8話 ネタバレ感想~猫アレルギーの犯人
『刑事7人』第9話 ネタバレ感想~戦争賛美は否定しないのか?
『刑事7人』最終回(第10話) ネタバレ感想~”踊る大捜査線”みたいになりたいの?
出演者
天樹悠・・・・東山紀之
海老沢芳樹・・田辺誠一
水田環・・・・倉科カナ
野々村拓海・・白洲迅
青山新・・・・塚本高史
片桐正敏・・・吉田鋼太郎
堂本俊太郎・・北大路欣也

コメント

  1. masa より:

    おはようございます。

    ドラマの内容からは少し外れますが、この国の法律は”冤罪”に関しては穴が多過ぎますね。
    痴漢にしろ何にしろ、犯罪者を裁く法律はしっかりと整備されているのに、冤罪に関しては未然に防止する策も救済法も全くなし。
    だから、素人の一般人でも簡単に冤罪を作れてしまう。

    それこそ、警察官のような権力者がその気になれば冤罪作り放題でしょうね。
    今回のドラマを見ていて、そんなことをフッと思ってしまいましたよ。
    はるか昔、法律を制定した時は冤罪なんて想定していなかったのかもしれませんが、そろそろ今の法律を根本的に見直す必要がありそうですね。

    • tarotaro tarotaro より:

      masaさん、こんばんは。
      コメントありがとうございます。

      今回のドラマのように全員が組むなんてことはあってはならないと思うのですが。
      ってか、この場合。
      賀集利樹に関しては・・・復讐されるほどのことだったのか?って気もしますね。
      弁護士の力ではどうしようもないですけど・・・。
      検事が死んでいたからだったんでしょうか。

      冤罪はないことが前提で法律が作られていますが・・・。
      隠すのではなく検察側がきちんと膿を出してくれたら、良いのにと思います。

  2. ジョセフィーヌ より:

    自殺した娘さんの職業が「ホステス」っていうことに非常に違和感があって、最後までその違和感を引きずってました。

    普通のOL設定じゃダメだったのかしら?
    だって、彼氏連れてきて、結婚します的な家族団らんみせられて、
    両親も実直そうなのに、娘がホステスって・・・

    いや、ホステスが悪いといってるのではなくて、この女優さんから
    一切ホステス臭がしないので違和感が。

    社会勉強のためにホステスをしている人も知ってますけど、でもでも
    なんかこんなウブそうな娘がホステスって・・・
    それも罪をなすりつけた理由も、動機も薄すぎる・・・
    はい!次の事件お願いします!って感じです。
    白洲くん、頑張って!ってだけかな。

    • tarotaro tarotaro より:

      ジョセフィーヌさん、こんばんは。
      コメントありがとうございます。

      そうなんですよね。
      「ホステス」っていつ?いつしていたの?
      って考えたら、お父さんも娘を信じると思うんですよ。
      娘さん、実家暮らしじゃなかったでしたっけ?
      一人暮らしだったのでしょうか。
      その辺・・・覚えていないもんで(苦笑)
      父親がホステスだと信じるほど残業ばかりしていたんでしょうかねぇ。

      なんせ・・・雑ですね。
      科捜研の女ほどそれぞれのキャラが立っていないので、雑さばかり目立ってしまう・・・。

  3. しゅる より:

    3年前の事件が雑すぎて何とも。
    人殺しの検事に協力して危ない橋を渡る理由ありましたっけ?
    それに、母親も婚約者も、無罪を信じてるなら、まともな弁護士探しましょうよって感じです。タクシー運転手なんかすぐに崩せそうでしたし。

    • tarotaro tarotaro より:

      しゅるさん、おはようございます。
      コメントありがとうございます。

      出世をネタに隠蔽を要求した矢島検事ですが、結局、自分も出世できず。
      刑事は金のため。
      じゃ、弁護士は?と不思議がいっぱいです(苦笑)
      協力させる人数が増えると、それだけリスクもあると思うんですけどね・・。