『刑事7人』第8話 ネタバレ感想~猫アレルギーの犯人

スポンサーリンク

第5シリーズ「その人は本当に警察官ですか?ー“なりすまし男”衝撃の正体」

あらすじはコチラ→

桜木健一副市長は美人局被害にあっていた。
殺された一戸琢也(金井勇太)の友人・元宮は何度も金を要求してきた。
金の要求を断ると元宮に暴行を受けてしまった。
暴行事件の時に通りかかったのは警察官の格好をした一戸琢也(金井勇太)。

一戸琢也(金井勇太)には”工藤”という名前もあった。
その名前で菅原充子(赤座美代子)に警察官として近づき、「アポ電詐欺」についてレクチャー。
すっかり金井勇太を信用した赤座美代子。
家の現金を調べて見ると。金庫の金1,000万円は盗まれていた。
そして金井勇太の共犯だと思われた元宮が殺された。

市役所の高齢者担当・津島(山崎画大)

桜木副市長の右腕で女癖が悪いことも知ってた。。
美人局を企画したのも津島。
金井勇太を詐欺にスカウトしたのも津島だった。

年金の相談会を個人的に企画、そこで個人情報を入手。
赤座美代子は猫を飼っていて猫アレルギーの津島は訪問することができない。
そこで金井勇太に白羽の矢を立てた。

しかし金井勇太は自分の母と赤座美代子を重ねた。
改心した金井勇太は詐欺を辞めたいと言い出す。
すると赤座美代子を殺害すると元宮。
赤座美代子の金を守るため、あらかじめ金庫から金を抜き、赤座美代子の夫が眠る墓に金を移動させていた。
金井勇太は元宮に殺害された。
そしてその元宮を津島が殺害。
津島は赤座美代子の金を奪う為、シロアリ業者を装って赤座美代子の家を訪問していたが猫アレルギーの為くしゃみをしまくっていたので、DNA鑑定で御用だ!


役所の人が詐欺に加担したら・・・終わりだ。
もう防げる気がしない。
詐欺ではないけれど、郵便局の保険とかさ。
いや。。。詐欺みたいなもんか。

赤座美代子さんは色っぽい愛人とかさ。
綺麗なホステスとかさ。
そんなイメージだったけれど、すっかりおばあちゃんの役がハマるようになったなぁ。
調べてみたら75才。
うちのオカンより上でした。
メイクもあるんだろうけど、おばあちゃんだったなぁ。
なんかショックw
いや、つい最近まで綺麗な役をやっていたイメージなんだけど(苦笑)

あ・・・あと副市長。
桜木さんも老けていたなぁ。

んで。。。特に意外性は無かったね。
でもそれが通常営業みたいな感じ。
「刑事7人」にそこまで求めちゃいけないってことだな。

上半身裸、トランクス一枚に靴下と革靴だけで殺されるという辱めを受けた金井勇太は気の毒w
良い人だったね。
いや・・・悪い人でもあったけど。

白洲くん、主演回だったけど、好青年だね。
って印象しかないわ~。
ま、これがこのドラマの限界か。

にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けるとウレシイです。

感想はコチラ
『刑事7人』第1話 ネタバレ感想~月曜日の殺害方法は?
『刑事7人』第2話 ネタバレ感想~火曜日は火あぶり未遂
『刑事7人』第3話 ネタバレ感想~犯人も被害者もいない殺人事件
『刑事7人』第4話 ネタバレ感想~東山紀之以外の人にスポットを!
『刑事7人』第5話 ネタバレ感想~矛盾が多すぎる
『刑事7人』第6話 ネタバレ感想~回りくどくて救いがない
『刑事7人』第7話 ネタバレ感想~40kmも走らせた上に殺害。
『刑事7人』第9話 ネタバレ感想~戦争賛美は否定しないのか?
『刑事7人』最終回(第10話) ネタバレ感想~”踊る大捜査線”みたいになりたいの?
出演者
天樹悠・・・・東山紀之
海老沢芳樹・・田辺誠一
水田環・・・・倉科カナ
野々村拓海・・白洲迅
青山新・・・・塚本高史
片桐正敏・・・吉田鋼太郎
堂本俊太郎・・北大路欣也

菅原充子(赤座美代子)、一戸琢也(金井勇太)、桜木健一、山崎画大、佐野弘樹 ほか ほか

コメント

  1. kashweregreen より:

    夜分に失礼します!
    このドラマは本当に通常運転なんですよね。
    何がよくないとかではないという不思議な(笑)ジャンルかと思います!
    しいて言うならやはりヒガシには主役やる華がないってことかと。
    脚本もありきたりなんですけれど。
    所謂、捜査二課の案件の高齢者狙いの詐欺という設定ですからね。
    しかしながら捜査二課の案件だけだとドラマには地味なので、殺人事件を絡めるということに。
    来週は最終回ではないみたいですけれど、このドラマのクールは長く感じますね(笑)

    • tarotaro tarotaro より:

      kashweregreenさん、こんばんは。
      コメントありがとうございます。

      うーん。
      一度も面白く無いまま終わってしまうんでしょうか。
      主人公、どうしても東山紀之しかないんでしょうけど・・・。
      運動神経がよさそうなので、アクションを多めにしてみるとか・・・ないんでしょうかねぇ。
      テコ入れ・・・しませんよね。多分(苦笑)