『六本木クラス』第5話 ネタバレ 感想 ~株主に言いたい放題の香川照之

スポンサーリンク


梨泰院クラス

『六本木クラス信念を貫いた一発逆転物語』

あらすじはコチラ→

テレビ出演はキャンセルになり、店に帰ってきた宮部新(竹内涼真)
優香(新木優子)が中卒の前科者をもう相手にしたくないと言っていると聞いた新は優香を避けるように。
葵はそんな新に通報したのは優香ではない。
自分の同級生がやったことだと話す。
それを聞いた新は優香に会いに行く
「俺は絶対に長屋をぶっつぶす!
だからそれまで待っていてくれ」
優香は相手にしない。

新は桐野雄大(矢本悠馬)に連絡をする。
8億の金で長屋を買うことにした。
新の名前を株主名簿に見つけた長屋茂(香川照之)
龍河(早乙女太一)と優香を伴って、二代目みやべに会いに行く。
一番、自信のあるものを注文した茂。
いつも通りの味付けで、いつも通りの接客をするように従業員に指示する新。

スポンサーリンク

茂はなぜ長屋の株を購入したのかと言う
8年前に株を購入している。
それは父の保険金だったはず。
その頃、長屋の株は龍河のせいで暴落していた。
「一時的にブランドイメージを損なっても、長期的には買いだと思いました」
「今朝5億追加したのはなぜだ
君の意図は何だ」
「8年前の理由と同じですよ。」
食事を終えた茂は、敵だとみなさないと言う。
「諦めて大人しく生きるんだな」
「それは無理です。
信念と気合い
それが僕の生き方何で
歩みは遅くても一歩ずつ進んでゴールにたどりついて似せます
あなたのいるゴールへ」
「身の程知らず」
と笑う龍河
「お前は黙ってろ!」
ちゃんと黙る龍河
「父に免じて?
父のためにアンタらが出来ることは土下座して罪を償う事だろ
俺が必ずそうさせて見せます」
「やはり弱い犬ほど吠える者だな
強い虎は決して吠えたりしない
ただ噛みつくだけだ
どういう意味かそのうち教えてやろう」
「またのご来店お待ちしております」

桐野雄大(矢本悠馬)は龍河にいじめられてた男。
桐野は3年間ガマンして、龍河に復讐しようと考えていた。
トップの大学に行き、ファンドマネージャーになる。
刑務所に入った新に面会した桐野と新は組むことにした。
その時、新は桐野に父の保険金を預けていたのだ。
そして、二人は長屋の専務・相川京子(稲森いずみ)を味方にしようと考えていた。
相川は条件を出す。
茂(香川照之)が新の店に食事に行ったら…。
それが今日叶った。
専務は茂と龍河を長屋から追い出すことにする!

スポンサーリンク

展開が早いね。
だけど大事なところを取りこぼさずにちゃんと映像化してくれているところがわかりやすい。
しかし「土下座土下座」ってさぁ(苦笑)
土下座ではビジネスはかわんないんじゃないかと思うけど。

龍二(鈴鹿央士)は長屋に俺の居場所があるのか?
と父・茂に聞いていたが、こんな可愛くて素直そうな次男がいるなら、あったまの悪い長男なんてさっさときって、こちらに帝王学を学ばせた方がいいな。
愛人の子なのかしらね?

で、相変わらず優香がねぇ(爆)
可愛げのない女だよ。
とんでもないく美人ですけどw
茂が新の父・光石研のことを持ち出したこと。
そしてその光石さんを龍河が殺害したこと。
これだけで嫌悪感を持たない理由がわからん。
すんごくお世話になって、娘のように可愛がって貰っていたのに。

葵は急激に社長(新)信者になっちゃって。
きちんと敬語も使えるようになっちゃって。

8億の株と稲森いずみさんでどんどん面白くなってきましたね。
序盤がもっとスピーディであれば。
いや、端折るとわからんくなるか。
さじ加減が難しいね。

スポンサーリンク

にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けるとウレシイです。

感想はコチラ
『六本木クラス』 第1話 ネタバレ 感想 ~土砂降りの中でティータイム
『六本木クラス』 第2話 ネタバレ 感想 ~安っぽいCGも嫌いじゃないかもw
『六本木クラス』 第2話 ネタバレ 感想 ~安っぽいCGも嫌いじゃないかもw
『六本木クラス』 第3話 ネタバレ 感想 ~時効は20年。
『六本木クラス』 第4話 ネタバレ 感想~刑法176条同意を得てないキスは強制わいせつ罪</a
『六本木クラス』 第6話 ネタバレ 感想 ~見える香川照之が土下座するところ
キャスト
宮部新(竹内涼真)
楠木優香(新木優子)
麻宮葵(平手友梨奈)
長屋龍河(早乙女太一)
長屋龍二(鈴鹿央士)
長屋茂(香川照之)
相川京子(稲森いずみ)
松下博嗣(緒形直人)
宮部信二(光石研)
内山亮太(中尾明慶)
綾瀬りく(さとうほなみ)
桐野雄大(矢本悠馬)
桜木幸雄(近藤公園)
理沙ガルシア(田中道子)

コメント