『六本木クラス』 第3話 ネタバレ 感想 ~時効は20年。

スポンサーリンク


梨泰院クラス

『六本木クラス信念を貫いた一発逆転物語』

あらすじはコチラ→

合コンで出会った男からのがれるため男子トイレに入った麻宮葵(平手友梨奈)は、用を足している宮部新(竹内涼真)に出くわす。
「助けてください」
と言われた新。
男に殴られるも殴り返して…ちょうど一緒に飲んでいた楠木優香(新木優子)も連れて爆走。
お礼をしたいという葵。
それを断る新だが、店の宣伝は得意分野なので協力をすると言う。
そのままコーヒーショップに行く3人。
SNSで宣伝活動をして小銭を稼いでいると言う葵
「二人は付き合ってるんですか?」
「違う。でも新は私のことが好きなんだよね。
もう10年以上になる。」
コーヒーをいれに席を立つ新
「新のことが好き?
でもあなたの手には負えないから」
と優香がジャブ
「殺人未遂半だからですか?」
「知ってたの。
営業停止になったのもあなたのせいだよね
悪いとは思わないの?」
「営業停止が私のせいってなんで知ってるんですか?
あの人は私のこと一度も話してないですよね
なのに私のせいで営業停止になったって思ったんですか」
「通報したのお姉さん?」
「なんでも良いけどあなたには希望はないわよ」
「お姉さんの怖い本性知ったら少しは変わるかもしれないですよ」
新が席に戻ってくる

スポンサーリンク

「通報したのは私。
嫌いになった?」
「いや。
なんか理由があるんだろ?
ちょっと残念だけど
優香、大丈夫か顔色がわるいぞ」
「ごめん先帰るね」
「なんで怒らないんですか」
「優香はただ自分の仕事をしたから」
飲み直す二人
「10年好きでも好きになってもらえるとは限らないし
恋愛はギブアンドテイクじゃないから」
優香の話をするのは嫌な葵は、店の問題点を追求する。
「居酒屋で仕事したことないですよね??
宣言以上の問題がある。
今までは熱意だけで乗り切ってきた
インテリアは雑
従業員は素人だし
料理もあぶらっこい
美味しい店の宣伝はお金になるからそこで学んだという葵」
「すごいな」
頭ポンポン←なんで?
酔い潰れた新を膝枕にした葵は、愛情を確認。
この人をずっと支えて行くことを誓う。

スポンサーリンク

前半は龍河(早乙女太一)が清々しいほどの馬鹿息子だった。
あんなに馬鹿なのに、二代目として会社に置いておかなければいけないのが気の毒になるくらいの馬鹿。
ほんで龍河はまだ優香(新木優子)が好きなんだろうか。
変なプレゼンして、でも父以外には何も注意されないという立場。
最悪だなぁ。
時効まであと10年。
そのうち、この人捕まるんだな。
あと何話だろう。
前フリだなw

葵は恋してから可愛いくなりそうね。
それまではウザかった。
あの顔も凄く…
それも演出なんだろうけど。

ヤンキードラマでもないのに、殴るシーンが多くてちょっと辟易。
あんなに人を殴れるもんかね。
合コン男の瀬戸くんは女の子に背負い投げされるわ、新に殴られるわ・・・
ま、女の子を殴ってんだからヤバいヤツではあるけどな。
あんだけの役に瀬戸君だったんだろうか(苦笑)

今週は2ヶ月が経過。
20年計画ってことは、あと・・・10年くらいは経過すんのかな?

スポンサーリンク

にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けるとウレシイです。

感想はコチラ
『六本木クラス』 第1話 ネタバレ 感想 ~土砂降りの中でティータイム
『六本木クラス』 第2話 ネタバレ 感想 ~安っぽいCGも嫌いじゃないかもw
『六本木クラス』 第2話 ネタバレ 感想 ~安っぽいCGも嫌いじゃないかもw
『六本木クラス』 第4話 ネタバレ 感想~刑法176条同意を得てないキスは強制わいせつ罪
『六本木クラス』第5話 ネタバレ 感想 ~株主に言いたい放題の香川照之
『六本木クラス』 第6話 ネタバレ 感想 ~見える香川照之が土下座するところ

キャスト
宮部新(竹内涼真)
楠木優香(新木優子)
麻宮葵(平手友梨奈)
長屋龍河(早乙女太一)
長屋龍二(鈴鹿央士)
長屋茂(香川照之)
相川京子(稲森いずみ)
松下博嗣(緒形直人)
宮部信二(光石研)
内山亮太(中尾明慶)
綾瀬りく(さとうほなみ)
桐野雄大(矢本悠馬)
桜木幸雄(近藤公園)
理沙ガルシア(田中道子)

コメント