「獣になれない私たち」第1話 ネタバレ感想~恋がしたいガッキー。

スポンサーリンク

 本音が言えない大人の恋が動き出す…我慢ばかりの気遣い女vsでまかせ毒舌男!

あらすじはコチラ→

「”お互いに大して好きじゃなかった”ってどういう意味ですか?」
松田龍平は、長く生きられないので、泣く泣く彼女を手放したとでまかせを言う。
ガッキーが席を立っている間に、
「あの女の笑顔はキモい」
という松田龍平。

彼氏・大手デベロッパー勤務の花井京谷(田中圭)の母・千春(田中美佐子)と会うことになったが、しつこく両親のことを聞かれてしまう。
ガッキー父はDVだった。
しかしガッキーが高校生のときに、事故で亡くなった。
母と二人で生きていけると思っていたら、母はマルチ商法にハマリ、父親の保険金もガッキーの貯金も使い果たした。
母とは6年前、縁を切り現在に至る。

田中美佐子はガッキーを気に入り、早く結婚しちゃえなんていうが・・・。
田中圭は元カノ・朱里(黒木華)と一緒に住んでいた。
ガッキーはそれを知っている模様。



ガッキーは営業アシスタントなのに営業マンの尻拭いばかりをしていた。
すべての仕事はガッキーに押しつけられる。
ある日、上野の仕事の尻拭いのあと、松任谷の失敗でクライアントに謝罪に行った。
相手からは
「土下座してよ」
と言われ、土下座する。
相手の男はガッキーの頭をなでなでする。←キモいねん!!

夜、その男の会社に書類を提出。
謝罪の電話を入れると
「ごめんね~。
お詫びにご飯を食べにいこう!
ガッキーちゃんは何がすき・・・」

などとまたセクハラ。



電車に飛び込みたい気持ちになるガッキー。
タクシーでクラフトビールバー「5tap」へ。
そこには松田龍平がいた。

「マリッジブルー?」
イライラマックスのガッキー。
いきついた答えは
「恋がしたい!」

バーからの帰り道。
「たとえばここから始まる恋もあるかもしれない。」
と松田龍平に誘われるガッキー。

しかしそれは二度目の誘い。
バーの1周年記念パーティでもベロベロになった松田龍平に
「一発お手合わせしませんか?」
と誘われていた。
松田龍平は他の女の子をお持ち帰りした。

「そんなにバカじゃないんで」
と言うガッキーに
「バカになれたら楽なのにね」
と言う松田龍平。

ガッキーは橘呉羽(菊地凛子)のポスターを見て、憧れを持つ。
翌週、新しい服と靴を購入。
サングラスをかけて出勤。
今までにない派手な格好をしたガッキーにみんな驚く。
そして社長に
「業務改善要求」
を提出したガッキー。



ガッキーの人生が辛すぎる。
波長にも他の社員にも良いように使われて、言いたいことが言えない。
有能なのにノーが言えない人はすべてのしわ寄せが自分にくるよねぇ。

まず両親がクズだった・・・。
今後、母親が出てきたらどうしよう・・・。
かと行って田中圭の母も毒っぽい。
夫の介護でしんどいのはわかるけれど、息子の彼女にLINE送りすぎやろ!!
結婚したら大変!!

って、結婚できないか。
田中圭の家は元カノと一緒に住んでいるし。
ガッキーも「一人暮らしなら広すぎる部屋よね。」と言っていたとこを見ると、ガッキー公認だろうな。

松田龍平と菊地凛子の関係はともかく、菊地凛子はどのように絡んでくるのか。
女がブルーだとマタニティかマリッジかと思ってしまうような男に魅力は感じないけれど、ここから魅力的になるのかしら?

初回は、主人公のどん底を見た。
ラストは、社長に業務改善要求。
退職しないとこがヒロインらしいねぇ。

しかしキツい。
今、会社勤めをしている方は水曜日に見るのがキツそうだ(苦笑)
あそこまで無能な人間のフォローをするのは大変。
クビにできないのはわかるけどさ。
営業アシスタントだったら残業代は出るんでしょうか?
ヒロインは結構金持ちなだもんねぇ(苦笑)
クラフトビールって、生中より高いでしょう?

唯一羨ましかったのは、行きつけのバーがあるところかなぁ(爆)
ワタシも行きつけの店が欲しい!!
バーのマスターにちょっとした愚痴なんぞ言ってみたい。
そして美味しいモノを食べて、そのバーでしか会わないお客さんと仲良くなって、他愛もない話をしてみたい!
下戸だけど!!←なんやそれ

ガッキーに反撃してもらいたい。
常に我慢している設定だと、辛すぎるなぁ。
だけど、仕事の出来ない人間がすぐに変わる訳もなく、人手不足も続きそうよねぇ。
ガッキーみたいに有能なら、転職するべきだと思うんだけど。
いや、すべての仕事を受け入れる時点で、有能ではないのか・・・?

タイトルを見て、ラブコメかと思ったんだけど、今のとこ、ラブコメ要素はあまりない。
「高嶺の花」よりは、初回に伏線がたくさんあったんじゃないかなぁ~って思っています。

来週、ガッキーの逆襲に期待!!

にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです。

感想はコチラ
「獣になれない私たち」第2話 ネタバレ感想~鐘は鳴らず、恋は始まらない。
「獣になれない私たち」第3話 ネタバレ感想~メルティーキッスのガッキーが救い
「獣になれない私たち」第4話 ネタバレ感想~”スマホを落としただけなのに”獣になった田中圭。
「獣になれない私たち」第5話 ネタバレ感想~京谷と付き合った女は病むという法則
「獣になれない私たち」第6話 ネタバレ感想~偽装結婚、偽装キス。
「獣になれない私たち」第7話 ネタバレ感想~別れを決意。自分の人生を生きる!
「獣になれない私たち」第8話 ネタバレ感想~突然のずん・飯尾
「獣になれない私たち」第9話 ネタバレ感想~弱った者同士が結ばれた
「獣になれない私たち」最終回(第10話)ネタバレ感想~とりあえずビール飲んで忘れよう!
主題歌:CD/今夜このまま/あいみょん/WPCL-12971 [11/14発売]

ドラマ挿入歌: 「まっしろ」ビッケブランカ

キャスト
深海晶——新垣結衣
根元恒星—-松田龍平
花井京谷—-田中圭
長門朱里—-黒木華
橘呉羽——菊地凛子
上野発——犬飼貴丈
松任谷夢子–伊藤沙莉
佐久間久作–近藤公園
九十九剣児–山内圭哉
岡持三郎—-一ノ瀬ワタル
タクラマカン斎藤–松尾貴史
花井千春—-田中美佐子

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. moon より:

    思っていたよりもハードな初回でしたね…。
    リアルに心に突き刺さって来るというか…。

    あえてこういう作りにしたのでしょうか。
    視聴者的には『逃げ恥』みたいな感じを
    期待してしまいますもんね。
    (私も正直、逃げ恥に近い雰囲気かと
    思っていました(・・;))

    仕事ができるが故に
    押し付けられてしまうんですね。
    こんな会社、辞めちゃいなよ!と
    言いたくなるけれど、
    晶のような環境で育ったなら
    『逃げよう』とは思わないのかも
    しれないですね…。

    1人で生きていかなければならないし、
    居心地の悪さよりも親から離れるために
    ってことかなぁ。

    かなり精神的に追い詰められていて
    見てて心が痛かったです。
    線路に体が傾く…危ないよ‼︎

    次回からはコミカルなところも
    入ってきますかね?
    少しは好転してくれることを願ってます。

    田中圭くんも、元カノと一緒に住んでるって
    どういう経緯でそうなったのか…。
    黒木華ちゃんを起用しているんですから、
    一筋縄では行かなそう(爆)怖いなぁ…。

    公式サイトでは
    『ラブかもしれないストーリー』とあるので
    恋愛要素もどうなるかわからないけれど、
    晶と恒星が本当に惹かれあっていく
    展開だとしたら、今のところ全く
    想像がつかないけれど面白そうですね。

    いつも長いコメントばかりで
    申し訳ありません。

    • tarotaro より:

      moonさん、おはようございます。
      コメントありがとうございます。

      ハードでした。
      環境の悪い職場で働いている人にとっては辛い水曜日だったのでは?
      と勝手に心配してしまいます。
      水曜日ってしんどいし(苦笑)

      なんとなくラブコメかなぁと思って見始めました。
      ワタシ、ドラマの初回を見る前に話の内容をあまり入れないので、驚きましたw
      朝ドラの場合は勝手に情報が入ってくるので仕方ないのですが。

      「逃げ恥」っぽい雰囲気かなぁってポスターを見たら思っちゃいますよね。
      エンディングに何もなかったかのように、ガッキーが踊らなくて良かったw

      「やりがい搾取」ってみくりちゃんは「逃げ恥」で言っていたけれど、真反対でしたね。
      みくりと真反対なヒロインを持ってきたかったのかなぁと勘ぐってしまいましたw

      仕事を辞めないのも、好きでもない彼氏と一緒にいるのも・・・まだよくわかりませんが。
      何かと辛いドラマでした。
      死にたくなるくらい辛いのに、逃げないのはなぜなんだろう。
      ラブストーリーなら、松田龍平が自殺を止めそうですけどね。
      そんなこともなく、自分で踏みとどまった。
      そんなとこがリアルかなぁ。
      「逃げ恥」はやっぱりファンタジーでしたもんね。

      次回からはもう少しスッキリしたいですね。
      急には変われないと思いますが、職場ではもう少しはっきりした態度を取って欲しいです。

      田中圭&黒木華。
      一癖も二癖もある二人でしょうね。
      なぜ働かないのか。
      何があったのか。
      そしてそれを黙認しているガッキー。
      なんでだろう??

      『ラブかもしれないストーリー』ってことは、どういうことでしょうw
      恋愛要素はあって欲しい気もしますね。
      最期にガッキーは『恋をしたい』ってつぶやいていたわけですから、それをかなえてあげたいw

      恋愛なら、松田龍平はミズタク(@あまちゃん)で恋愛してほしかったなぁ。
      自信満々の松田龍平より、オロオロする松田龍平のほうが好みですw

  2. kashweregreen より:

    ハゲタカの感想以来、お久しぶりです!あまり評判は世間的には良くなかったようですけれど、個人的には「逃げ恥」よりは先が楽しみなドラマです。
    野木さんに新垣さんということで前評判が高過ぎた感じはしますが、新垣さんにはむしろ「逃げ恥」よりも年齢相応にこのドラマの感じが良いように感じました。
    ただ、初回でけっこうな尺のある中で少し冗長な感じは否めないですよね。
    バーでのビール云々とかの間合いが中途半端かなと。
    あと田中君の部屋にいた女性を妹さん?と思ってしまい(笑)あまりの黒木さんの地味さ加減に驚きました(笑)
    新垣さんが「一発お手合わせしませんか?」って言われたことがありますよとさらりというリアルな30歳の女性に化けて、なかなか味わいがありました。
    とにかく来週の展開に期待します!
    あっ、新垣さんのアップのたびに額の吹き出物?が目立ったのはわざとなのか気になりますね(笑)
    駄文、失礼致しました。

    • tarotaro より:

      kashweregreenさん、お久しぶりです~。
      コメントありがとうございます。

      ワタシ、野木亜希子さんの脚本好きなんです。
      「逃げ恥」うや「重版出来」などでは、原作のイメージを崩さずにドラマ化。
      原作なしの脚本では、ここまですんの?ってくらい、容赦ない。

      コチラのドラマは、恋愛ドラマなんだろうって思っていたんで、驚きましたw
      初回にいろんなものが詰め込まれていて、きっと伏線もたくさんあったのだと思います。
      覚えているかどうか不安だけど(苦笑)

      初回は間延びするドラマが多いと思うのですが、どの作品も延長しなければいいのにと思います。
      10分くらい切れると思うし・・・。

      黒木華ちゃんも謎ですよね。
      好きなんですよ、黒木さん。
      そして演技力のある彼女だから、こちらも容赦ない設定なんだろうな。
      とドキドキしています。

      ガッキーは10代の頃から吹き出物が出やすい肌質みたいで。
      今回は仕事が忙しすぎる設定に合った肌荒れでしたね。
      さすがにメイクではないと思いますが・・・。
      どうなんでしょう?

  3. kashweregreen より:

    こちらこそ、ありがとうございます!
    野木さんは最近だと石原さんのアンナチュラルが評価高かったらしいですね。
    わたくしは観てなかったので、感想は言えないんですけれど(笑)
    野木さんはTBSの演出と波長が合うように感じました。
    日テレは当たりと外れが激しいですよね(笑)
    日テレで以前やっていた、ゆとりの群像劇っぽいテイストなんだと思います。
    まだ初回なので今後に期待ですね!
    新垣さんの吹き出物の詳細ありがとうございました!

    • tarotaro より:

      kashweregreenさん、こんばんは。
      コメントありがとうございます。

      「アンナチュラル」は本当に楽しかったです。
      冬ドラマだったので、今年、2本もドラマを生み出す野木さんすごい!って思っています。
      来週か再来週にNHKでも「フェイクニュース」というドラマが放送になりますが、それも野木さん。
      売れっ子ですね。

      確かにTBSの「アンナチュラル」「逃げ恥」「重版出来」どのドラマも大好きでした。
      日テレのドラマは最近、あまりハマれないのすが・・・。
      2話目がどうなるのか。
      想像もできないので、ちょっとワクワクしています。

  4. saki より:

    ようやっと見ました。
    割と鬱展開とあちこちで聞いたので、仕事場面は早回ししました。
    なんと言っても、少しだけ業界がかぶっているので、
    ああいう編集者にとんでもない無茶ぶりされた経験があり…。

    以前囲炉裏のある宿の記事を書いたところ、
    「囲炉裏感出てない。もっとフューチャーして!!」と言われたのが、
    いろんな意味で印象に残ってます。
    本当に文章を扱う仕事してんのか? って思える書き方で「人に伝える」思いやりがないんですよねえ。
    ガッキーの上司も然り、忙しすぎて自分が満たされてないのはわかるのだけど。

    なんてことを思い出すので、これからも仕事パートは早回し、
    と思ったんですが、ぜひぜひ逆襲していただきたい。

    母親は…どっちも毒でしょうか。
    田中美佐子さんの方は、介護で疲れてるから、
    そのストレスを知らないうちに嫁候補にぶつけてるのかしら。
    そして田中圭はやっぱりクズが似合うww

    反して、松田龍平はいいですねえ。
    お父さんの血をなんとなく引いてるのはお兄さん。
    休日はベビーカー押して公園に行ってるという記事を見て、ますます好きに。

    そしてやっぱりガッキーはカワイイ。
    逃げ恥の時とは、全然ちがうテイストで、実はうまい俳優さんなんだなって思います。

    あまりにも散らばるのでスレチ書いてしまいますが…
    山口紗弥加のドラマ、いろいろツッコミどころ満載ですよね。
    前ドラマの二番煎じだし、ヨガは要らないしww

    で、最初から山口紗弥加って誰に似てるか、ずーっと気になってたのが、
    先日判明!

    平野ノラでした。骨格が。

    • tarotaro より:

      sakiさん、こんばんは。
      コメントありがとうございます。

      初回はかなりイライラいとしちゃいました。
      ストーリーにイライラしたというより、
      「こんな上司いるよなぁ。」
      とか
      「こんな部下嫌だよなぁ。」
      とか
      クライアントのオヤジもね。
      キモい。

      「お客様は神様です。」
      って思っている人が多すぎますよね。
      三波春夫は
      『歌う時に私は、あたかも神前で祈るときのように、雑念を払って澄み切った心にならなければ完璧な藝をお見せすることはできないと思っております。ですから、お客様を神様とみて、歌を唄うのです。また、演者にとってお客様を歓ばせるということは絶対条件です。だからお客様は絶対者、神様なのです』
      ってことで、お客様の要望をすべて聞き入れるわけではないのに・・・。

      確かにガッキーの上司は満たされていないのかもしれないですね。
      ガッキーには強くなって欲しいですね。
      ワタシは逃げ出せばいいのにと思っちゃいますけど。
      家庭環境からして、逃げ出せないのかもしれないですね。

      姑・・・?になるかもの田中美佐子さんは、明るいけれど怖い。
      LINEが終われないのなんて、めっちゃ嫌ですよ・・・。
      田中圭と黒木華の関係は・・・・。
      黒木華ですからねぇ。
      ややこしそう。

      松田龍平はお子さんをひきとったんでしたっけ?
      ガッキーと松田龍平はお似合いだと思うけれど・・・。
      恋に発展するのか・・・?

      山口紗弥加のドラマ、なんかしっくりこないです。
      ヨガで膝を怪我したから降板する野かと思ったら、鶴太郎いるしw
      平野ノラに似ているかも!
      うつむき加減だと、鈴木紗理奈に見えるときもあるんですけど。
      メイクが古いんでしょうかw