『まんぷく』第10回 感想~萬平さんと福ちゃんから笑顔が消える

スポンサーリンク

第10回(第2週)「…会いません、今は」

あらすじはコチラ→
原作はコチラ

萬平さんに紹介された結核の専門病院に入り、咲姉ちゃんの病状が少し回復したかに見えた。
福ちゃんは萬平さんにお礼状を書くものの、会わないまま。
咲姉ちゃんの病気が治ったら、会おうと決めていた。

克子姉ちゃんの夫で画家の忠彦さん(要潤)は、病室から桜が見えないからと、ときれいな桜の絵を描いて咲姉ちゃんを見舞った。
そんな咲姉ちゃんと真一さんは、良い病院を紹介してくれた萬平さんに感謝をしていた。
「今度はいつ会うの?」
咲姉ちゃんに聞かれて、ごまかす福ちゃん。
鈴さんは相変わらず萬平さんとの結婚には反対していた。

萬平さんは世良から
「加地谷さんを脅かすつもりはない。
仲良くして欲しい」
と加地谷に伝えてくれといわれるが・・・・。

加地谷は上から目線で萬平さんに命令。
「軍が喜ぶ新型兵器を作れ!!
自分の才覚で会社が持っていると思ってんのか?
社長は俺や!!」
新製品のアイディアを記したノートをめくり、福ちゃんの手紙を見つめる萬平さん。

そんな中、咲姉ちゃんの病状は予断を許さない状況だと知らされる福ちゃんと克子姉ちゃん。
咲姉ちゃんはみんなに心配をかけたくないからと、真一さんに口止めをしていた。



ずっとキュンキュンと楽しい朝だったけれど、人生山あれば谷有り。
萬平さんも福ちゃんからも笑顔が消えた。

萬平さんは福ちゃんの手紙を笑顔で読んでいたのだけが救い。
福ちゃんは・・・元気がないわな。
仕事はそつなくこなしているけれど・・・。
愛想笑いも元気がないよ。

久々に野呂缶登場。
福ちゃんに缶詰をあげたのは、心からのお見舞いだったみたい。←ホテルの食料を横領しているんだがw
野呂は、保科さんに乗り換えたみたい!
保科さんにモテ期がやってきたな!!



夫に振り回される人生は苦労する。
鈴さん、自分が苦労したから、娘には苦労させたくないというけれど、今、娘を苦労させてんのは自分の存在なんやけどな~。
鈴さんが、夫のわがままに黙って振り回されたとは思えないけどね。
言っている内容も、イライラするなぁって思うけれど、長セリフだとつたない関西弁にもイライラしちゃって大変(爆)
松坂慶子さんのお姿を見ていると・・・多少は緩和されるけど(苦笑)



会社経営でも、咲姉ちゃんの夫のようにエリート会社員でも反対はするんだろうしねぇ。
それでも咲姉ちゃんも克子姉ちゃんも結婚できたのだから、最期には娘のことを考えて許すんでしょうけど。
突然、「英語教師になりたかった。」と言い出した鈴さんですが、これは適当なホラやろなw

「苦労して娘三人を育てた」って言う鈴さんだけれど一番苦労しているのは咲姉ちゃんやったのでは?
母と妹に挟まれて大変な人生やわ。
咲姉ちゃん・・・。
今週中には亡くなるフラグがたってもた・・・。

キャナメの寂しそうな顔もフラグだよなぁ。
優しい忠彦さん。
綺麗なサクラの絵。
その二羽の鳥は夫婦?
綺麗だけど、寂しい絵だった。

萬平さんはとても才能がある人だと思うが、人に恵まれていないのだろうか。
愛之助と組んでも、桐谷健太と組んでも、才能を利用されるだけ利用されて捨てられそう・・・。
萬平さんが信頼しても良い人は福ちゃんだけ。

福ちゃんの職場は優しい人が多いのに、萬平さんは・・・。
いや・・・朝ドラだし、そこまで嫌な人間は出てこないと思うんですけど、どうでしょう。

にほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです。

「まんぷく」感想はコチラ→

主題歌

DREAMS COME TRUE「あなたとトゥラッタッタ♪」

キャスト
立花福子……安藤サクラ
立花萬平……長谷川博己
今井鈴………松坂慶子
今井咲………内田有紀
香田克子……松下奈緒
小野塚真一…大谷亮平
香田忠彦……要潤
香田タカ……岸井ゆきの
鹿野敏子……松井玲奈
池上ハナ……呉城久美
保科恵………橋本マナミ
野呂幸吉……藤山扇治郎
世良勝夫……桐谷健太
加地谷圭介…片岡愛之助
三田村亮蔵…橋爪功

語り…………芦田愛菜

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加