「初恋の悪魔」 第2話 ネタバレ 感想~犯人は弟でOK?

スポンサーリンク

あらすじはコチラ→公式サイト

悠日(仲野太賀)は、恋人の結季(山谷花純)に「オープンマリッジ」を持ち掛けられる。
悠日と一緒にいれば癒やされるけれど、他に好きな人もいるから。
唖然とするものの結季の提案を受け入れる。
結季は悠日との会話も全て録音していた。

事件の考察
「人殺し!」
被害者が叫んだ時、まだ事件は起こっていなかった。
「人殺し」と聞いたマンションの住人達は、怖くなって自分の部屋に逃げ込む
それから事件が起きた。
だから目撃者がいない
胸を刺された被害者は叫べない。
「殺される! 助けてくれ~!」
これは犯人の叫び声だった。
この団地に密室をつくり出すためだ。
近所の人は誰も助けに行かない。
自分の身を守るための判断だろう。
犯人は恐怖心を利用して密室とアリバイをつくり出した。
叫び声を聞いた時点で警察に通報されている、
事件が起こったのはここからだ。
潜んでいた犯人は誰もいない団地のエレベーターに乗り込んだ。
被害者を刺す。
「兄ちゃん?」
パトカーのサイレンと事件発生はほぼ同時刻。
これって被害者は弟の借金を帳消しにしようとしていたかもしれない。

スポンサーリンク

馬渕悠日(仲野太賀)の兄・朝陽(毎熊克哉)は優秀な刑事だった。
両親もそんな兄に期待していた。
3年前に殉職していた兄にコンプレックスがあった悠日は、殉職当日、兄の電話に出なかった。
何回もかかってきていたのにでなかった。
兄のことを遠ざけていた。
両親も兄も優秀な警察官だけど自分が向いていないことも知っていたし…。
でも心の中では俺を笑うな。
俺をばかにすんな。
俺にアドバイスすんな。
俺に偉そうにすんな。
もっと俺を尊敬しろ!
溢れる気持ちを摘木星砂(松岡茉優)に話す。
気を遣いながら話す馬渕に「話したいことは話せば良いんだ」気にせず話せば良いんだ。
「電話でな
兄ちゃんから電話あったんだろ。
でなよ。」
電話で話す馬渕
兄と出来なかった会話を。
その話を聞きながら、鏑木も涙ぐむ。
帰り道
「もしかして鏑木さん、兄のこと知ってました?」
「わかんね。」
微笑んで歩き出す鏑木

馬渕は兄の事件の遺留品リストを見ていた。
そこに兄の携帯電話がない。
鏑木はスマホを持って意味ありげ…。

雨の日、鹿浜鈴之介(林遣都)の家の窓ガラスが割れる。
ほどなく玄関ドアを叩く音。
のぞき穴から覗くと、額から流血して必死の形相でドアを叩く森園真澄(安田顕)がいた。

スポンサーリンク

松岡茉優が持っていたスマホは、仲野太賀兄のものなんだろうか。
みんな少しずつ狂っている感じがしないでもないんだなぁ
そこが魅力のドラマなのかもしれない。
「あの日出れなかった電話に今出ることだってできるんだよ」
ってその言葉に仲野太賀は救われたんだと思うけど…なのに何かわけありげの松岡茉優。
上手いねぇ、彼女は。
主要メンバーはみんな本当の自分をさらけ出せてないのね。
最終回には一歩踏み出せるのか?

仲野太賀は変わらなきゃ。
オープンマリッジなんてわけわかんない女との結婚はやめないと。
録音があったとしても、浮気には変わりないんだから、やっぱり良くないんじゃないかと思うわ。
そこまでしてなぜ結婚したいのかもわからない。
それに仲野太賀がオープンマリッジしたら、怒りそうだしな。
モラハラっぽい。
うっかり妊娠したらどっちの子供か産まれるまでわかんないし。
良いことなんて一つもなさそう。

しかし事件のほうは解決したんか?
犯人は誰?
犯人はいない?
うん?
このドラマの主軸はそこじゃないから…いいの?
4人の事件の考察通りで、またも手柄を横取りした男がニコニコしていたから…六角さんが犯人でOKってことなんかな?

そして
「お疲れ様」
「言われなくても疲れてるよ」
これやりたいw
誰かに「お疲れ様」って言われたら、「言われなくても疲れてるよ!」って返したいw

スポンサーリンク

にほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです。

感想はコチラ
「初恋の悪魔」 第1話 ネタバレ 感想~集中してみないと置いていかれるぞ!
「初恋の悪魔」 第3話 ネタバレ 感想~ヤスケンは何者?ミステリー強めに展開
「初恋の悪魔」 第4話 ネタバレ 感想~馬渕と鏑木は恋愛感情なのか?

出演
鹿浜鈴之介(林遣都)
馬淵悠日(仲野太賀)
摘木星砂(松岡茉優)
小鳥琉夏(柄本佑)
雪松鳴人(伊藤英明)
森園真澄(安田顕)
小洗杏月(田中裕子)
服部渚(佐久間由衣)
口木知基(味方良介)
尾白詠子(瀬戸カトリーヌ)
野上千尋(萩原みのり)
出口玲雄(西山潤)
馬淵朝陽(毎熊克哉)

コメント