「半径5メートル」 最終回 ネタバレ 感想~恋は終わったけど一回り大きくなったフーミンと芳根ちゃん

スポンサーリンク

「ここから始まる」

あらすじはコチラ

風未香(芳根京子)と山辺(毎熊克哉)は取材方針が対立。
自分の取材に絶対的自信があるような山辺。
「二折の緩い取材とは違うからさ。」
自分に都合の悪いことを誰が記者にベラベラしゃべるよ?
だから緩い取材だって言ってんだよ。」
「うんうん。山辺さんはさ本人の口から、直接、何も聞いてないからそういうふうに思うんじゃないの?」
「もういい。やめよう。
家でやるわ。
お互い、自分の仕事に集中しよう。」←女の家に入り浸ってるくせに←最後まで山辺嫌いw

事の顛末を宝子(永作博美)に話したフミカ
今のところどちらが正しいかわからないけど・・・
「フーミンにしか見つけられない真実があるかもよ。」
と助言
宝子とともに周辺の取材をして・・ますます興津美咲(西原亜希)社長が実績のためにただ安請け合いをしたように思えない。
そんな時、山辺は北神奈川市の市長がホステス時代の興津美咲の太い客だったと突き止めた。
ツーショット写真を入手したらしい。
子育て支援アプリの入札の背景に2人の特別な関係が疑われるとも。



またまた宝子に相談するフミカ。
不正入札を疑う記事が出たら、ますます興津社長は叩かれてしまう。
たとえ不正入札の証拠が見つからなくても、彼女は悪女だとなる。
最悪の場合、興津の会社は子育てアプリから完全に外されるかもしれない。
もう一度、興津に取材をしたい。
会社のブログを見て気づく。
興津のブレスレットと浅田航がしてたブレスレットがおそろいだと。
浅田の恋人と騒がれた綿貫さゆりおおそろい。
フミカはこのブレスレット見つけて2人がつきあってるんじゃないかと思った。
3人にはつながりがあるんじゃないか。
フミカは浅田航に直撃する!

ブレスレットは興津が支援している就労支援プロジェクトの品物。
ベトナムの子どもたちの手作りの品を買い取って、日本で販売している。
ほかにも、彼女は子どもたちのための無料パソコン教室の講師なんかもやっている、
浅田と興津は幼なじみだった。
浅田はやはり恋人と結婚の調整をしている。
上京し立ての頃、自分も大切なのに面倒を見てくれた。
彼女はITの学校に行くためにホステスやいろんなバイトを掛け持ちしていた。
本当に努力家で目標に向かって、ひたむきな人だと浅田が言う。



フミカはパソコン教室まで取材に行く。
「このアプリが大切なことは自分が一番よく分かってる」
この言葉が気になっていたフミカ。
アプリが動かない原因は役所にあった。
ソフトに入れる情報が間に合ってないのだ。
役所は利用許諾などのハードルがあって、調整にかなり時間がかかっている、
フミカは浅田と話してきたと伝えた。
「興津さんと浅田さんは同じ児童養護施設ご出身なんじゃないですか?」
興津もも含めて、親に捨てられたり虐待された子どもをたくさん知っている。
興津の母は未婚の母だった。
4歳の時母に捨てられた。
餓死寸前のところを保護された。
昔は恨んでいた。
12歳の時、一度だけ母が面会にきた。
あの時のあの顔。
「私の顔を見れずに涙を流し続けていた、母の顔。
世の中のお母さんにあんな顔させたくない。
それに、あんな母親の顔を子どもは見ちゃいけないと思うんです。
親を救わなければ、子どもは救えません。
そう思ってあのアプリに取り組んでいます。」
興津のその思いを伝えたい。
世の中に届けたい。
書きたい!とフミカ。
興津は了承した。



子育てアプリの不具合について、世間はエトワールに責任があると決めつけ興津社長は攻撃の的になった。
実績のない会社だから。
社長が元ホステスだから。
そんな世間の思い込みに対し私が何を言っても信じてもらえないと興津社長は語った。
しかし、興津社長にはこのアプリに人生をかけたいと思うほどの熱い思いがあった。
誰もが、自分が見たいと思うようにものを見る。
それだからこそ、自分の足元の真実をしっかりと見つめることが大切なのではないだろうか
フーミンは記事を山辺に読んでもらった。
感想を連絡すると約束したが電話が来ない。
帰宅して着替えもせずに待ったいたフミカ。
すると部屋に山辺がやってきた。
「いい記事だった。
前田にしか書けない記事が書けたな。
何か、俺、これ読んでまた、グッときちゃったよ。
けど…、正直、悔しかった。
俺も、もっと頑張らないとな。」
部屋の荷物を引き揚げる山辺
「出ていっちゃうの?」
「器が小さいのかな。
前田のことが好きで応援してる気持ちと、ライバルとして前田を素直に応援できない気持ちと。
今は、うまく整理できなくて。
俺、もっと頑張るよ。
前田も頑張れ。」
「うん。」
「応援してる。」
フミカの頬に涙がこぼれる。

明日発売の最新号は二折のメンバーもベタ褒め!

「フーミン、粘ったかいあったな。
よく取材できてた。
世間も騒ぐだろうしアプリの不具合が一気に改善される道も開けると思うよ。」

宝子はフミカの目の下、泣いたあとに気づく。
「出ていっちゃったんです、山辺さん。」
「男に出ていかれた女の特集でも組む?
迫真の記事が書けると思うんだけどな~。」
「嫌ですって。」
「半径5メートルここから見えてくる。」
「はい。」
「まだまだ、これからだよ。
ここからだよ、フーミン。」



来週が最終回だと思っていたので・・・。
フミカの恋が始まって、その恋が終わってしまった最終回。
「出ていっちゃうの?」
芳根京子ちゃんの涙声が可愛くて、でも良かったなぁとも思ったりして。
山辺は器も小さいし、男尊女卑だし、フーミンには不釣り合いだったよ!うん!!
最初、なんとなく転がり込んでなし崩しに恋人になってさ。
で、出て行く。
自分のほうが上だと思っていたのに、フーミンが。フーミンの部署がぬるい取材をやっているとか。
あんなふうに言われたのに涙を流しちゃうフーミン。
だめんずなんじゃ。。。。とちょっとおばちゃん心配。

前職が夜の仕事だったから、女社長な上にまだまだ若いから。
仕事が出来たらこんな風に言われてしまう。
若い女に活躍して欲しくない社会。
熱愛スクープもしかり。
妻が30歳年下だと炎上はするものの「おさかん」とか「若いなぁ」とか羨望のまなざしを向ける人も。
夫が30歳下なら・・・「あんなおばさん?」なんて言われてしまう。
少なくともジャーナリストは色眼鏡で見ずに記事を書いて欲しいものだ。

フーミンから見た真実と山辺から見た真実は違う。
どちらが正しいかわからないけど、山辺のようにスクープが欲しいだけの記者はダメだなぁ。
それが真実だとしても真実をそのまま書くのではなく脚色しそうだから。



フーミンのようにモヤモヤをそのままにしない。
きちんと記事にする。
なんでもかんでも見えている気にならず、きちんと捉えたい。
半径5メートル、ここから見えてくる!!
とっても良い作品でした。
めちゃくちゃ芳根ちゃんが可愛かったし。
彼女はどんどん上手くなるねぇ。
きっと素直なんだろうなぁ。
そして永作さんの助言にはうなずくことばかり。
北村有起哉さん演じるカオリンの回が一番好きだったなぁ。
続編・・・期待してしまうけど、どうでしょう。
今度はフーミンにピッタリの殿方と恋愛して欲しいなぁ。
職場恋愛じゃなくていいんだけどなw

にほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
応援していただけると嬉しいです。

その他の感想はコチラ
「半径5メートル」 第1話 ネタバレ 感想~レトルトを買う時の後ろめたさ
「半径5メートル」 第2話 ネタバレ 感想~とにかく可愛い芳根京子
「半径5メートル」 第3話 ネタバレ感想~物を捨てるということ。
「半径5メートル」 第4話 ネタバレ 感想~北村有起哉が素晴らしいッス
「半径5メートル」 第5話 ネタバレ 感想~世に出した記事は一生背負って下さい。
「半径5メートル」 第6話 ネタバレ 感想~10年かけて書いた記事
「半径5メートル」 第7話 ネタバレ 感想~ワンオペ育児と仕事の両立
「半径5メートル」 第8話 ネタバレ 感想~派遣会社パトワの給料未払い
「半径5メートル」 最終回 ネタバレ 感想~恋は終わったけど一回り大きくなったフーミンと芳根ちゃん
キャスト
前田風未香(芳根京子)
山辺晃人(毎熊克哉)
大沼亜希(山田真歩)
海老原香織(北村有起哉)
丸山洋平(尾美としのり)
亀山宝子(永作博美)

コメント

  1. ミートゥ より:

    フーミンが山辺のどこに惹かれたのか、その魅力が全くわからなくて(苦笑)
    なんか陰と陽みたいなカップルでしたもんね。毎熊さんがお上手なんだとは思いますが(←一応フォローw)、山辺って、ぬめーっと、いつの間にか狡くフーミンの懐に入ってきた感がww

    始まりから、常々フーミンが勿体ないと思ってたので。
    ドラマのカップルで別れる結末見てこんなに心が晴れやかになるのは珍しい!!(笑)
    恋するフーミンは一途で可愛かったし、別れの涙もキュンでしたけどね。ホント、続編あるならもっと良い人と!!
    だめんずじゃなきゃいいです…(笑)

    • tarotarotarotaro より:

      ミートゥさん、コメントありがとうございます。

      ワタシも山辺が苦手で苦手で。
      なんか知らんけどいつの間にか女性の部屋に居座るのもねぇ。
      毎熊さんは事務所が強いんですかね。
      ミートゥさんがフォローしているのに申し訳ないのですが、「まんぷく」でも・・・あんまり良いと思ったことがないんですよねぇ(苦笑)
      毎熊さんじゃないと!って役を見ていないような気がします。

      恋しているフーミンも可愛かったし、仕事で揉まれていくフーミンも可愛かった。
      スクープを狙う部署が花形で、フーミン達の部署が「ぬるい」なんて全然思わないです!
      フーミンがだめんずじゃないことを祈ります。
      宝子さんに判別して欲しい(爆)

  2. 石川裕子 より:

    山辺さんが小汚いお陰で、ふーみんの瞳のキラキラが余計に綺麗に見えました
    ずっと素敵なドラマで、極め付けは、オフィスのラグ✨
    上から引いていく構図が、半径5メートルの終わりをキュッと締めてくれた気がします

    • tarotarotarotaro より:

      石川裕子さん、コメントありがとうございます。

      とても上質なドラマでしたね。
      フーミンの一生懸命なところが健気で。
      山辺よりずっと素敵な男が絶対に待っている!って思ってしまいました。
      政治家のスキャンダルや俳優のスキャンダルより、半径5メートルの記事のほうが面白い。
      オフィスも素敵でしたが、フーミン家も雑多だけど良い間取りだなぁと思って見ていました。