「SUITS/スーツ」最終回(第11話)ネタバレ感想~ボストンで弁護士資格をとったら続編?

スポンサーリンク

『最強の弁護士最終決戦』

原作はコチラ

『SUITS』NBC Universal製作
あらすじはコチラ→

前科がある無職の男・栗林紡(淵上泰史)の冤罪事件。
再審請求をすると言ったものの、横やりが入る。
大輔(中島裕翔)は栗林を説得。
自分の過去の罪を話したらしい。←ほぼはしょった。

証拠品は認められない。
DNA鑑定も認められない。
八方塞がり。
あげく、栗林にも罵られることとなった。

最期の手段は違法行為。
御曹司・曽我部が真犯人であることを知っている曽我部の友人を遊星を使って脅す。
弁護士に真犯人のことを口走るんじゃないかと聞かれ。
「曽我部が朱里を殺したことは誰にも話さない。」
と口走る。

そこには甲斐のなじみの刑事(阿南健治)が乗り込んだ。
自供がとれたことになりました!
ってか、阿南さん曰く「自首扱い」だそうで。



一転、再審請求が認めらた。

柳(國村隼)の証拠を隠蔽していたのは、海老蔵で。
罪滅ぼしのために甲斐に証拠を見せた・・・・。
と甲斐は思っていた。
「良いように使われたかな。」
とつぶやく。
海老蔵、満足げ。

栗林の出所の立ち会い。
それが大輔の最期の仕事となった。

大輔が栗林の出所に立ち会っている間、ファームのみんなを集めた甲斐。
何件かの不正が見つかり、コレを公表するという甲斐。
もちろんチカは大反対。
「不正には目をつぶるので、代表にも目をつぶっていただきたいことが・・・。」

弁護士バッジを大輔に渡す。
そしてボストン行きのチケットも。
大輔を休職させ2年で・・・・弁護資格をとれってか?




毎度毎度、追い詰めるとこまでは、そこそこおもしろいかも?と思うのに、オチが・・・。

オチが弱い

ワタシの勝手なんですが、法廷で決着がつくのかと思っておりましたら・・・。
再審請求をするための時間が長くて。
法廷シーンはなし。
そういえば・・・法廷シーンは少なかったね。

最期は漫画みたいな違法行為で、事件が解決・・・。

急転直下過ぎる。
それなら最初から・・・って思っちゃうよねぇ。
大輔が弁護士資格を取るなら、また続編もできそう。
続編ができるような着地点にしたのね。



再審請求が出来たものの、曽我部は捕まってないしさ。
冤罪事件に仕立て上げた警察の責任者の処分もわからないし。
曽我部の家業がどうなったのかも・・・わかりません。

その上、大輔と遊星が仲直りしているしさ。
なんで大輔が遊星に謝罪してんのよ・・・。
それにアメリカで弁護士資格を取っても日本で活動できるわけでもないし。
ただ弁護士って資格が欲しいだけなんだろうか・・・。

扱われた事件がことごとく雑だったな。
ワタシはリーガルものが大好物なんだけど、コレは・・・楽しめそうな雰囲気はたくさんあったのに、最期までその波に乗れなかった。←ワタシがね。

今シーズンのドラマは最終回が残念パターンが多い。
「僕らは奇跡でできている」くらいかなぁ、。満足できたの・・・。



にほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けるとウレシイです(>ω<)

主題歌
WOLF/B’z
感想はコチラ
「SUITS/スーツ」第1話 ネタバレ感想~リカではなくチカだけどバブリーでトレンディ。
「SUITS/スーツ」第2話 ネタバレ感想~経歴詐称だけど弁護士の自覚が芽生えた
「SUITS/スーツ」第3話 ネタバレ感想~バディの雰囲気が良くなってきた!
「SUITS/スーツ」第4話 ネタバレ感想~中島裕翔の初体験は成功。
「SUITS/スーツ」第5話 ネタバレ感想~なぜ弁護士に喧嘩を売るのか?
「SUITS/スーツ」第6話 ネタバレ感想~ハッカーがすべて解決
「SUITS/スーツ」第7話 ネタバレ感想~替え玉の大はなぜ携帯番号を変更しないのか?
「SUITS/スーツ」第8話 ネタバレ感想~サプライズがなかったことにサプライズ。
「SUITS/スーツ」第8話 ネタバレ感想~サプライズがなかったことにサプライズ。
「SUITS/スーツ」第10話 ネタバレ感想~冤罪と遺産相続
「SUITS/スーツ」最終回(第11話)ネタバレ感想~ボストンで弁護士資格をとったら続編?
CAST
甲斐正午・・・織田裕二
鈴木大貴・・・中島裕翔(Hey! Say! JUMP)
幸村チカ・・・鈴木保奈美
聖澤真琴・・・新木優子
玉井伽耶子・・中村アン
谷元砂里・・・今田美桜
蟹江貢・・・・小手伸也
谷元遊星・・・磯村勇斗
柳慎次・・・・國村隼
鈴木結衣・・・田島令子

コメント

  1. なおりん より:

    今見ました。
    私、途中から???ってなって。
    アラフィフゆえ、頭の回転がおかしくなったのか? 理解力がなくなったのか? あれ?あれ?の最終回でした。

    一番理解できなかったのは、
    悪友とその妹と一緒に食事して、
    妹に「本当に弁護士をやめるつもり?」的なことを言ってましたよね?
    え? 私の幻聴?

    妹が兄貴に秘密をしゃべって
    兄貴が鈴木保奈美にしゃべったから、
    弁護士としておれなくなったんやーっ!とツッコみたい!
    どこまでもいい迷惑な兄妹やん💢

    けど、なーんかまるく収まっちゃって、
    え?海外の弁護士資格とれば、日本でできるの?
    だったら、織田裕二に出会う前から、それを目指せよ?

    ほかにもいろいろ不可解なままで。

    私、理解力なさすぎですか???

    • tarotaro tarotaro より:

      なおりんさん、
      コメントありがとうございます。

      悪友と妹と結局、離れられない運命でしたね。
      悪友は、悪いコトしているときが一番生き生きしていると言う・・・。
      ホント、迷惑な兄妹でした。
      なのに、なんか・・・おいしいとこ取り。
      なんで、こんなやるに大輔は謝罪したのか・・・。
      まるっきりわかりません。

      アメリカの弁護士資格は日本で使えないと思います。
      アメリカは州ごとにとるみたいですし。。。

      今回・・・原作に忠実なのかどうか・・・わからないですが、続編はありそう。
      SPドラマ化もしれないけど。・・。

  2. もん坊 より:

    いや~ビックリしました。盛り上がりの無さに。
    そして幼馴染兄弟は、色々な記憶が抜け落ちてるのかな?
    面会者リストを鈴木大輔に暗記させてましたが
    あれって何か役に立ったのでしょうか。

    • tarotaro tarotaro より:

      もん坊さん、おはようございます。
      コメントありがとうございます。

      悪友と妹・・。
      この二人がいなければ大輔の人生は良いものだっただろうに・・。

      面会者リストですが、その中に阿南刑事の名前を見つけたんじゃないかと。
      で、織田裕二が会いに行ってましたから・・・。
      なのに最期には急に織田裕二の協力者になっていたので・・・・。
      この推測が合っているかどうかはわかりません(爆)