「わたし、定時で帰ります。」第2話ネタバレ感想~育休明けの空回りに注意

スポンサーリンク

家族愛より仕事愛!?働くママ救出大作戦」 」

あらすじはコチラ→
原作はコチラ


朱野帰子 『わたし、定時で帰ります。』 『わたし、定時で帰ります。 ハイパー』

仕事復帰した賤ヶ岳八重(内田有紀)は張り切りまくり、チームからも疎まれる存在に。
そんな時、内田有紀のミスでクライアントから叱責。
会社では向井理や上司のユースケ・サンタマリアにも嫌味を言われる。
ますます空回りの内田有紀。
深夜に帰宅して、料理して、仕事して・・・寝坊!!

翌日、内田有紀はクライアントを訪れる予定だったが、寝坊のため別の人物が。
またもや、チームに謝罪しまくる内田有紀。
しかし子供が熱を出したとLINEが入る。

吉高由里子が”今日は早退したらどうか?”と勧めるが
「ここで帰ったら負けなの!」
と内田有紀。
誰と戦っているんですかと突っ込みつつ
「子供が心配だから帰りますって堂々と言ってくださいよ。
困ったときは人を頼れ。
ピンチの時は無理をするな。
お互いが気持ち良く助け合えるチームを作りたいんだって先輩言ってましたよね?」
それでも失敗して足を引っ張ったのは自分だからと言う内田有紀。
「失敗しても後から取り返せばいいい!」
と言ってんのに
「みんなが帰るまで帰らない。」
と言い張る内田有紀。

すると吉高由里子は、みんなに小籠包をおごると言って、チームのメンバー退社したふりをさせた。
チームのみんなが帰っていないのはバレバレだったが、内田有紀は
「子供が熱を出したから帰ります。」
と言って、退社した。

後日。
巧(中丸雄一)の実家に挨拶に向かおうとしていた結衣(吉高由里子)のスマホに、晃太郎(向井理)からファイアーストロング社のCM撮影時に撮られたと思われる動画がSNSで拡散され炎上していると連絡が入る。

面倒臭い!
育休明けはちょっとのんびりしているくらいでも良いかも?
しかし・・・内田有紀がこんなに必死にならなくても良いような社会であれば良いのになぁとも思う。

「時短」で適当に仕事をしている人もダメだし、今回の内田有紀のように必死過ぎて,空回るのも困る。
しかもめっちゃ頑張っていたのに、サイトパクリはスルー。
仕事勘が鈍っていたとしか思えない。

内田有紀のような人は
「ワタシの時はやったよ?」
「ワタシは半年で復帰しよ?」
「時短もしてないよ?」
なんて、モラハラをカマしてくんのよね。
そりゃ、産休とったら、キャリアに傷が付く社会がダメダメ。
今回は旦那さんが育休を取ってくれたけれど・・・赤ちゃんのお熱は心配よね~。
多胎児は大変だしさ・・・。
だからって、仕事している奥さんに報告でんでもよい。
突発性発疹なんて、治しようがないんだし。
母親はいちいち父親に報告はしないと思う。
承認欲求かしら?

だけどさ、ブランクがあるのになんでリーダーに任命されるのよ
これは、ユースケ・サンタマリアが”揉めさ”だとしか思えないよねぇ~。
今日のセリフを聞いていると、かなり悪そうなんだよね~。
ユースケ・サンタマリアはそんな役が上手いからねぇ。
向井理は変身しなさそうだけど、ユースケ・サンタマリアは・・w

来週は、三男・・・じゃなくて、来栖泰斗(泉澤祐希)がやっちまった!!
なんでなんでもかんでもSNSに上げちゃうかね~?
これも承認欲求かしら?

にほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けるとウレシイです(>ω<)

主題歌:Superfly「Ambitious」

感想はコチラ
「わたし、定時で帰ります。」第1話 ネタバレ感想~お布団は正義に賛成。
「わたし、定時で帰ります。」第3話 ネタバレ感想~ゴム味は美味しいらしい。
「わたし、定時で帰ります。」第4話 ネタバレ感想~便利な彼女の大きな夢
「わたし、定時で帰ります。」第6話ネタバレ感想~新人を育てるには忍耐が必要。
「わたし、定時で帰ります。」第7話 ネタバレ感想~地獄へのカウントダウン!
「わたし、定時で帰ります。」第8話 ネタバレ感想~ユースケ・サンタマリアの正体は?
「わたし、定時で帰ります。」第9話 ネタバレ感想~突然、実家に帰ります!
「わたし、定時で帰ります。」最終話(第10話)ネタバレ感想~何の為に働くのかは人それぞれ
キャスト
東山結衣・・・吉高由里子
種田晃太郎・・向井理
諏訪巧・・・・中丸雄一
吾妻徹・・・・柄本時生
来栖泰斗・・・泉澤祐希
三谷佳菜子・・シシド・カフカ
愁・・・・・・桜田通
王丹・・・・・江口のりこ
戸塚学・・・・梶原善
篠原友之・・・酒井敏也
賤ヶ岳八重・・内田有紀
丸山陽介・・・坪倉由幸
福永清次・・・ユースケ・サンタマリア

コメント