「精霊の守り人~最終章~」第2話 ネタバレ 感想~逃げる弟と残された兄の苦悩

スポンサーリンク

大河ファンタジー 第2話「カンバルの闇」

原作はこちら


上橋菜穂子『神の守り人〈来訪編・帰還編〉』『蒼路の旅人』『天と地の守り人〈第一部〉』ほか

アニメ版はこちら


バルサ(綾瀬はるか)とチャグム(板垣瑞生)はカンバル国に入り、国王・ログサム(中村獅童)がタルシュ帝国と通じていることを確信する。

ログサム(中村獅童)は国王のになるため、ナグル(黄川田将也)に毒を盛るようにカルナ(上地雄輔)に命じた。
そうしなければ、カルナ(上地雄輔)の娘・バルサを殺すと言う。

少しずつナグル(黄川田将也)に毒を盛るカルナ(上地雄輔)。
そしてとうとうナグル(黄川田将也)が亡くなる。
すぐに後を追って、身重のナグルの妃(村川絵梨)も亡くなる。

しかしナグルの妃(村川絵梨)は後を追って自殺したのではなく、ログサム(中村獅童)に殺されたとジグロ(吉川晃司)に訴えるカルナ(上地雄輔)。
カルナ(上地雄輔)は、ジグロ(吉川晃司)にバルサを頼むと言う。

ジグロ(吉川晃司)は、最後に愛するカルナの妹・ユーカ(花總まり)に会いに行く。
「私の気持ちは変わらない。」
と告げる。

その後、バルサを連れて逃げるジグロ。
ログサム(中村獅童)は、王の槍たちを刺客としてジグロに送る。
しかし誰一人ジグロには敵わず命を落とす。

最後の刺客として、ジグロの兄・カグロ(渡辺いっけい)を送る。
ログサムはカグロには兄を殺したこと、そしてそのことで、自分んを蔑んだカルナ(上地雄輔)とジグロ(吉川晃司)に裏切られたと伝える。
カグロは驚くが、「自分は王を裏切らない」と誓う。

兄と対峙するジグロ。
ジグロはカグロを殺さなかった。
ジグロの後継者として、カグロが王の槍になれば、氏族は滅びない。
ジグロは自ら兄を殺さず、王の槍にした。

そして、現代。
バルサは伯母・ユーカ(花總まり)に会いに行く。



王に毒を盛らなくても殺される
王に毒を盛っても殺される

中村獅童、悪すぎるぜ!!

バルサの父・カルナは弱いなぁ。
自分でも毒を盛っておいて、苦悩する・・・。
わかるけどさ、わかるんだけど、全部ジグロに押し付けないでよ~~!!!

ジグロも悩んだんだよなぁ。
すっごく苦労した。
何もかも捨てて、バルサを守ったジグロ。
しかし残された兄・カグロも裏切り者の一族として苦労してたんだよねぇ。
あんなに仲の良かった兄妹が、カグロの老け方がとんでもなくて、辛くなる。
先週は、意地悪な兄貴だと思ったんだけど、今週の渡辺いっけいさんの演技がすんばらしく、カグロの苦悩も理解でできた。

カグロは氏族の長だから、氏族を守らなければならなかった。
弟を裏切り者で悪者にしてでも。
だからジグロに負けてもらったなんて言えない、

独裁者ってみんなを不幸にするよなぁ。
もう、中村獅童、めっちゃ悪い!!

トト役の米良さんのお芝居ははじめてみたけれど、ファンタジーにピッタリな配役だったわw

現代と過去が入り混じって話は進んでいくけれど、髪が短いだけでタンダが若く見える。
そして綾瀬はるかもうまいねぇ。

でも今日は渡辺いっけいさんかな~!!

あ、でも吉川晃司もステキだわ~。

ワタシもキレイな石をあんなふうに貰いたいわ!
「私の気持ちは変わらない」
なんて言われて、もう二度と会えなくなったら、忘れられないよねぇ。
一生、新しい恋もできないわ。
兄ちゃんは死んじゃうし、姪っ子はいなくなるし、恋人は裏切り者の汚名を着せられるし、ユーカも気の毒だなぁ。

1時間が早く感じた。
アシガールもだけど、NHKドラマは朝ドラ以外は面白いんだよな。
朝ドラ以外は!!!

にほんブログ村 テレビブログへ  にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ポチッっとしていただけると嬉しいです。
わろてんか」感想はコチラ→

最終章の感想はこちら
「精霊の守り人~最終章~」第1話 ネタバレ 感想~いっけいといっこうの息子が親子
「精霊の守り人~最終章~」第3話 ネタバレ 感想~ファンタジーっぽくなってきた!
「精霊の守り人~最終章~」第4話 ネタバレ 感想~貴重ないっけいが、ワタシのいっけいが!!
「精霊の守り人~最終章~」第5話 ネタバレ 感想~バルサVSジグロ
「精霊の守り人~最終章~」第6話 ネタバレ 感想~叫ばない藤原竜也!叫んでも良いんだぞ。
「精霊の守り人~最終章~」第8話 ネタバレ 感想~バルサとタンダの束の間のキス
「精霊の守り人~最終章~」最終話(第9話) ネタバレ 感想~国境もない戦もない世に
第1シリーズの感想はコチラ
大河ファンタジー「精霊の守り人」 第1話 ネタバレ 感想~機敏な綾瀬はるか
大河ファンタジー「精霊の守り人」 第2話 ネタバレ 感想~高島礼子200歳。メイクは4時間かかります!! 
大河ファンタジー「精霊の守り」 第3話 ネタバレ 感想~東出昌大がハマっている!
大河ファンタジー「精霊の守り人」 最終話 ネタバレ 感想~ラストシーンを来年まで覚えてられるか不安。

第2シリーズの感想はコチラ
「精霊の守り人II 悲しき破壊神」 第1話 ネタバレ 感想~オトコマエの綾瀬はるかが帰ってきた! 
「精霊の守り人II 悲しき破壊神」 第2話 感想~予備知識がないと辛い。
「精霊の守り人II 悲しき破壊神」 第3話 ネタバレ 感想~真木よう子は酒やけなのか?
「精霊の守り人II 悲しき破壊神」 第4話 ネタバレ 感想~渡辺えりのふくよかさに救われる。
「精霊の守り人II 悲しき破壊神」 第5話 ネタバレ 感想~イケメン祭り
「精霊の守り人II 悲しき破壊神」 第6話 ネタバレ 感想~チャグム、ロタ王国を目指す!! 
「精霊の守り人II 悲しき破壊神」 第7話 ネタバレ 感想~アスラが洗脳から目覚めた。
「精霊の守り人II 悲しき破壊神」 第8話 ネタバレ 感想~ヒュウゴがチャグムを欺いていたなんて。

出演
バルサ – 綾瀬はるか(少女期:清原果耶、幼少期:横溝菜帆)
タンダ – 東出昌大
チャグム – 板垣瑞生
ジグロ – 吉川晃司
ラダール – 中川晃教
ナグル – 黄川田将也
ナグルの妃 – 村川絵梨
カグロ – 渡辺いっけい
トト – 米良美一
ラルーグ – 武田鉄矢
カルナ – 上地雄輔
ユーカ – 花總まり
ラウル – 高良健吾
ノシル – 林家正蔵
コチャ – とまん
聖導師 – 鹿賀丈史
カーム – 降谷建志
ログサム – 中村獅童

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. naraku より:

    最終章から見ている変わり者です(笑)
    一応、これまでのダイジェストみたいな番組は見たのですが。

    綾瀬はるかさんの短槍、かっこいい!これでは西島秀俊さんは勝てないかも(別番組だ)

    吉川晃司さんが素敵ですね。前回も今回もあったけれどいっけいさんとのまるで舞を舞っているような戦闘シーン、とても素敵でした。

    • tarotaro より:

      narakuさん、書き込みありがとうございます。

      最終章からなんですね!
      スミマセン、中々最終章からは見づらいと思っていたんですが、ダイジェストを見ればわかりやすいかもしれません。
      再放送もあるかもしれないですね、年末あたり。

      綾瀬はるかのアクションは素晴らしいですよね。
      西島さんも手こずると思いますw

      吉川晃司は、第一シリーズからずっと格好良いんですよ!
      歌っているときより、ずっと(爆)
      そして、いっけいさんも素晴らしい。
      あんなに動けるアラカンはいないですよねぇw
      ジグロと仲が良かったときと、ジグロと対決するまでの間の苦労を一瞬にして表現するんだなぁとちょっと鳥肌が経ちました。