「レンアイ漫画家」 第1話 ネタバレ感想~前髪アリの鈴木亮平が格好良い!

スポンサーリンク

恋愛ミッション始動。愛を知らない天才恋愛漫画家と愛を知りたい迷える女子

原作:山崎紗也夏『レンアイ漫画家』

あらすじはコチラ→

100万円で疑似恋愛のミッションを依頼を受けた久遠あいこ(吉岡里帆)。
偶然を装って、早瀬剛(竜星 涼)と距離を縮めていく。
逐一刈部清一郎(鈴木亮平)に報告。
早瀬にキュンして報酬を貰える!
ノリノリのあいこに二階堂 藤悟(眞栄田郷敦)が、早瀬のSNSを見せて
「ヤバくないですか?
あいこさん仕事なのに・・・。」
早瀬のSNSには「僕にも春がくる予感」と匂わせ写真がアップされていた。

スポーツバーでデートをすることになった早瀬とあいこ。
「ワタシ、これ以上早瀬さんを騙せないです!」
早瀬は自分のことを本気で好きになってくれている。
そんあ早瀬をこれ以上だますことはできないと刈部に伝えたあいこ。
「嘘も突き通せば真実になる
大事なのは嘘か真実かではない。
気持ちってことだ。」
とデートに送り出す刈部。



それでもモヤモヤしたあいこは早瀬に真実を話す。
「丸の内OLも偶然の出会いもラグビーだって一夜漬けで勉強しただけで・・・。」
あいこは漫画家に頼まれて疑似恋愛をしたことは言わなかったものの、最初から早瀬狙い偶然の出会いではなかったと告白。

そこにレン(岩田琉聖)から電話で「おじさんが倒れちゃって。」と。
刈部の自宅にかけつけるあいこ。
病名はぎっくり腰。
そんな状況でも漫画を書き上げようとする刈部
刈部を手伝うあいこ。
締め切りになんとか間に合った。
あいこは早瀬に真実を言ったと伝えるが、今から早瀬のところに行ってこいと檄を飛ばす。
「嘘から始まるホントがあっても良い。」
なんとか説得されスポーツバーに戻ると、なんと早瀬は待っていた!
あいこが嘘をついてまで自分と出会ってくれたことに感謝する早瀬。
そんな早瀬にときめくあいこ。

キュンキュンエピソードをまた刈部に伝えるが、刈部は、あいこに早瀬剛と別れるよう指示。


前髪がある鈴木亮平が格好良すぎて視聴。
楽しみにしておりました。
内容は・・・・、あだなんとも言えない(苦笑)
ところどころ面白かったものの・・・なんか物足り無くもあり。

従来の方法で漫画を描く主人公。
そして・・・締め切りを守るためにあいこも手伝うが・・・スポーツバーに戻るとまだ早瀬がいるというミステリー!
ってか、怖いよ。
早瀬。ストーカーになりそうで怖いよ。
あれだけの原稿を仕上げたのだからもう明け方だと思っていたのに・・・。

しかしあいこはダメ男ホイホイなんだし・・・早瀬もダメ男なのかもしれない。
もしくは・・・早瀬だって鈴木亮平側の人間に買収されているかもしれんしさ。
実は騙し合い!ってこともあり得るな。
しっかし吉岡里帆ちゃんは、こういう・・・ダメ男ホイホイが似合うね。

一生懸命やっているけどどんくさいとか。
もうちょっと違う役でみてみたい。

 

初回では面白い、面白くないの判断はつかないので・・・来週ももちろん見ますよ!

にほんブログ村 テレビブログへ  にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

【主題歌】
佐藤千亜妃『カタワレ』
【オープニング曲】
BiSH『ZENSHiN ZENREi』
感想はコチラ
「レンアイ漫画家」 第2話 ネタバレ 感想~ラブコメ・・・でもない
キャスト
刈部 清一郎(鈴木亮平)
久遠あいこ(吉岡里帆)
二階堂 藤悟(眞栄田郷敦)
刈部レン(岩田琉聖)
伊藤由奈(小西桜子)
刈部純(白石隼也)
昔の清一郎(松大航也)
昔の純(奥平大兼)
早瀬剛(竜星 涼)
金條可憐(木南晴夏)
向後達也(片岡愛之助)

コメント