「ラジエーションハウス」第3話ネタバレ感想~恋愛ターンが邪魔かも。

スポンサーリンク

~放射線科の診断レポート~

原作はコチラ

「ラジエーションハウス」原作:横幕智裕 漫画:モリタイシ

あらすじはコチラ→

結婚を控えた女性誌編集者・葉山今日子(内山理名)がやってくる。今日子は、母と祖母がガンに罹患していることから毎年検査を受けていた。
しかし五十嵐(窪田正孝)はマンモグラフィー画を見てひっかかり、超音波検査を勧めた。
内山理名は戸惑いながらも超音波検査を受ける。
そこでも異常は見られなかったが、造影MRI検査をしたいと言い出す窪田君。
男性医師・小松和重は反対する。
しかし杏(本田翼)も頭を下げて頼んだ。
MRI検査ではがんが見つかる。
しかも右乳房全摘手術となった。
落ち込む内山理名。
結婚相手は年下のまだ20代。
身を引いた方がよいのではないか。
たまき(山口紗弥加)の励まされた。
病院まで迎えにきた婚約者は、自分だって加齢で見た目がかわるかもしれない。
お互い様だと、乳房の全摘を気にするそぶりはなかった。

山口紗弥加は、超音波検査で良性腫瘍だとわかった!
良かったね!!


最初から五十嵐(窪田正孝)に診察して貰うのが一番いいんじゃないの?
内山理名は窪田君に対して、怒っていたけれど・・・。
祖母や母が乳がんで亡くなっているなら、マンモグラフィーと超音波と併用してよ~。
身内にがん患者はいないけれど、それくらい知っていたぞ。
毎年「石灰化」と書かれていて、「異常なし」とは書かれないですが。
デンスブレストなら「異常なし」とは書かないんじゃないかねぇ。
もっとグレーな所見を書きそうな気がする。

「異常なし!」と言い切っていた男性医師がかる~~く
「右乳房全摘手術
でも心配はない。」

って言い出したときには殺意を覚えた。
気づかなかったくせに!!
そんなヤツに「心配ない」なんて言われたくないわ~。
心配しかないよ。

マンモグラフィーだけで終わっていたらゾッとするね。
結婚も控えているのに。
婚約者がとても良い人で良かった。

「男だって太ったり禿げたりして見た目が変わってしまう。」
ホントにねぇ。
なかなか言えないよ。

山口紗弥加のほうは・・・ま、良かった。
ただ・・・技師としては怖くても自ら進んで検査をするべきだったんじゃないかね?

マンモグラフィーは、「痛い」と言う人も多いですが、子宮がん検査に比べれば屁でもないですよ。
胸が大きくても小さいくてもあれくらいの痛みは大人なら耐えられると思います。
で、乳がんは男性も発症しますから。
検査はしましょう。

回を追うごとに良くなっているとは思うんですけど・・・・・。
恋愛を絡めるのがあんまりよくないんだと思うな~。
本田翼は可愛いけれど、笑顔が似合うタイプの役者さんなので、こういう役がハマらないんだと思う。
ヒロインがあまり魅力的に見えないのが一番残念だ。
「ラジエーションハウス」第4話ネタバレ感想~広瀬アリスのPV
にほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けるとウレシイです(>ω<)

主題歌:MAN WITH A MISSION「Remember Me」

感想はコチラ
「ラジエーションハウス」第1話ネタバレ感想~医師免許を持つ放射線技師は無双。
「ラジエーションハウス」第2話ネタバレ感想~2話目にしてワンパターンだと思ってしまうあたり・・。
「ラジエーションハウス」第5話ネタバレ感想~刑事並の推理力
「ラジエーションハウス」第6話ネタバレ感想~手が震える本田翼ちゃんに震えた。
「ラジエーションハウス」第7話ネタバレ感想~技師が診断しちゃったよ・・・。
「ラジエーションハウス」第8話ネタバレ感想~窪田君の腕の筋を拝めたらそれで良い。
「ラジエーションハウス」第9話ネタバレ感想~ガンを見つけられなかった病院で治療するのは嫌だ。
「ラジエーションハウス」第10話ネタバレ感想~鏑木先生は天才
「ラジエーションハウス」最終回(第11話)ネタバレ感想~続編はなくても良い。
「ラジエーションハウス」特別編ネタバレ感想~全話見た視聴者をバカにした回想シーンの多さ。
CAST
五十嵐唯織・・窪田正孝
甘春杏・・・・本田翼
広瀬裕乃・・・広瀬アリス
軒下五郎・・・浜野謙太
威能圭・・・・丸山智己
悠木倫・・・・矢野聖人
黒羽たまき・・山口紗弥加
小野寺俊夫・・遠藤憲一
辻村駿太郎・・鈴木伸之
鏑木安富・・・浅野和之
大森渚・・・・和久井映見

コメント