「金田一少年の事件簿」 第2話 ネタバレ 感想~日テレだし小市慢太郎さんが犯人じゃないの?

スポンサーリンク

『聖恋島殺人事件 前編』

あらすじはコチラ→

第一の殺人の翌日、食糧がないため海に釣りに出るはじめ(道枝だ駿佑)、剣持警部(沢村一樹)、潮小次郎(コサカマサミ)。
潮の竿に当たり。
大物だ!と潮、しかし海に転落。
あわててはじめも海に飛び込むが、潮を探すことはできない。
コテージに帰った二人。
しばらくして潮の遺体があがる。

その次の日はやっと晴れた。
記者の右竜あかね(生田絵梨花)は意味ありげに「墓標の島」と「セイレーンの声」のことを島の唯一の住人、霧声(余貴美子)に言及。
とぼける霧声だが、右竜は取材しているようだ。
霧声ははじめたちにこの島が「墓標の島」と呼ばれる所以を話す。
戦時中、日本海軍の基地だった。
若い人たちが特攻となり、人間魚雷としての訓練を受けていた。
今日は魚が捕れると霧声は魚を捕りに出掛けた。




凪田 夏見(吉谷彩子)の部屋から叫び声が。
慌てて入る、はじめ、美雪(上白石萌歌)、佐木(岩﨑大昇)
影尾 風彦(佃典彦)はが凪田を襲っていた。
止めに入る美雪。
影尾は凪田こそが犯人だと糾弾。
医療ミスで辞めさせられたことの腹いせだと言う。
美雪は凪田のアリバイを主張。
影尾は出て行く。
凪田の話によると、看護士時代、影尾を付き合っていた。
別れを告げると逆恨みされ、潮の指示で投薬をしたのに、患者が死にかけた。
潮の指示通りに投薬したと主張したが寒野(高橋ユウ)も潮の味方をしたため、病院を辞めさせられたのだと言う。

はじめは潮の遺体に手袋がないことに気づく。
竿を持ったまま海に落ちたのも不自然だった。
竿を離せなくなり、海に引きずり落とされ、溺死させたのではないか。

島を捜索していた剣持警部は洞窟を見つけた。
洞窟の中を見にいくという剣持にはじめたちもついて行くことにした。
霧声は洞窟に入るとセイレーンの餌食になって二度と出られないと止めるが、はじめたちは洞窟に向かう。
はじめが洞窟に入るとセイレーンの声の正体を見つける。
剣持、美雪、佐木も洞窟の奥へ
そこには人間魚雷「回天」の残骸が墓標のように突き刺さっていた。
これが「セイレーン」の鳴き声を作り出していた。
セイレーンなんていないのだ。



緊迫感があんまりないんだよなぁ。
人が殺されているって言うのに。
しかもはじめの前で殺されているって言うのに。
不気味なBGMやなんとも言えない不穏な空気を感じることができない。
コメディとシリアスの塩梅が良くない。
これは演出の問題ですね。
どうしても比較対象があって、しかも昔の映像ってのはクリアじゃないので、ミステリには向いているんじゃないかな。
フィルムのほうが雰囲気があるというか。
しかしそれを差し引いてもちょっと学園コメディみたいな雰囲気があるよねぇ。
そこは木村さんの演出だから仕方ないのか??

ここまで医師ばかりが殺害されているので順当に行けばあのモラハラ医師・影尾 風彦(佃典彦)が殺害されるよね。
島が大きな密室になっているので、犯人はこの中にいるんでしょう。
しかしみんなアリバイがあるわけですよ。
だからなんかしらのトリックがあるんだよね。
トリック!
全く思い着かない(爆)



動機があるのは看護師。
影尾と別れた理由も濁していたし。
ま、あんなモラハラ男を選ぶ時点でおかしいし、影尾は独身なのかどうなのか。
別れた時点で退職したら良かったのに。
看護師なんて引く手あまただろうしさ。

他に怪しいのは…やっぱり小市慢太郎さん
最初に出てきた瞬間から小市慢太郎さんが犯人よねって思っちゃう。
特に日テレは!!

にほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けるとウレシイです(>ω<)

感想はコチラ
「金田一少年の事件簿」 第1話 ネタバレ 感想~どうしても初代と比べてしまう
キャスト
金田一 一(道枝駿佑/なにわ男子)
七瀬 美雪(上白石萌歌)
剣持 勇(沢村一樹)
佐木 竜太(岩﨑大昇・ジャニーズJr. / 美 少年)

ゲスト
霧声 昼子(余貴美子)
凪田 夏見(吉谷彩子)
右竜 あかね(生田絵梨花)
影尾 風彦(佃典彦)
潮 小次郎(コサカマサミ)
寒野 美火(高橋ユウ)
伊豆丸 険(小市慢太郎)
鰐瀬 たかし(神尾佑)

コメント