「ハケンの品格」 第7話 ネタバレ感想~リストラ候補社員がクビになりますように。

スポンサーリンク

あらすじはコチラ→

コンビニのパイロット店舗の内装工事中、リストラ候補社員は相変わらず仕事をせずに小火騒ぎ。
大前春子が消火活動をし全焼は免れる。
しかし明日のお披露目会には間に合わない・・・。
リストラ候補社員は営業部に戻り「いい気味だ!」と言い出す始末。
東海林(大泉洋)は、一喝。
「里中(小泉孝太郎)はお前らのためにこのプロジェクトを頑張っているんだ!」

遅くまで残業が続くが見せは完成しない。
井出(杉野遥亮)が自らリストラになると言い出す。
東海林のような人間こそ会社には必要だからチェンジで!とか。
そんな簡単なものではないと浅野務(勝地涼)がおさめる。
そうこうしていると大前春子が大工仲間を連れてやってきた。
パイロット店舗の突貫工事が始まる!
商品は東海林がなんとか集めた。
明け方なんとか店は完成。


プロジェクトの発表会。
挨拶をする里中。
「このプロジェクトが成功した暁には、仲間とともに独立します。」
慌てる伊東四朗社長。
会場を出てくる里中。
慌てて会場まで飛んできた東海林。
独立は本気の里中。
そして大前春子にあじフライを作って欲しいと言い出す。
んでもって。
「一生同じ方向を見て、歩いていきたいんです。
公私ともに僕のパートナーになって下さい。」
いきなりのプロポーズ!!
東海林の顔がうるさくて素敵w



こんなに仕事のできない社員ばかりがいるんだから、会社の業績も悪いのは当然よね。
他の部署は違うのかもしれんけど、この部署はほんまにヤバい。
勝手に人のメールを開いた時点でペナルティはあってしかるべきだし。
里中のデスクを荒らすダメ社員のことを思うと、もうクビで良いんじゃないかと思う。
リストラ候補社員はAIに頼りきって仕事をしてなかったんだからさ。
仕事のできない社員もあれだけど、パソコンのパスワードの管理もできない里中が仕事できる設定なのもおかしい。
13年も同じパスワードはさすがにまずいよ(苦笑)
もっといえば・・・リストラリストなんてファイルにパスワードをかけておけよ。

最初からリストラ候補にイライラしていたんだけど、仕事もせずに
「俺たちの気持ちを考えろ!」
って里中に言い出すダメ社員たちを見てこいつらバカ過ぎと嘲笑。
給料を貰っているくせに仕事放棄。
弁護士を雇うか?なんて言い出す。
仕事もしていないのに、権利だけは主張するんだなぁ。
やっていることは幼稚園児みたいなもんですから。
時間が進んでいくうちに
クビになれ!
って思いが強くなりました。

里中もさ、あんなダメ社員を連れて独立しても大前さんの負担が増えるだけ。
里中の負担もね。
あいつらそこまでして守ってやる社員じゃねーわ。
AIが正しいとしか言えないわ~。
AI、見る目あるわ~。

里中くんが大前春子にプロポーズしても、リストラ候補社員へのイライラが止まらなかった。
ぶっちゃけ、あんなお荷物社員、迷惑やわ。
パートの方が働いているやん。

で、次回は最終回。
なんだか短かったなぁ~。
それでもこの会社が業績不振な理由はよくわかったし、AIは優秀だってこともわかった。
あと杉野くんは良い味を出している。
んでやっぱり大泉洋は必要!
伊東四朗社長のギャフン顔が見られるかどうか!?
なんとかコメディとして昇華させて欲しい。
伊東四朗と大泉洋のヤクルト親子にかかっている!

にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです。

感想はコチラ
「ハケンの品格」第1話 ネタバレ感想~さほどクルクルパーマでもない大泉洋
「ハケンの品格」第2話 ネタバレ感想~ハケンは弊社も我が社も言っちゃダメ!
「ハケンの品格」第3話 ネタバレ感想~バイトテロ映像は誰がアップしたの?
「ハケンの品格」 第4話 ネタバレ感想~大泉洋に期待するしかない
「ハケンの品格」 第5話 ネタバレ感想~東海林のために残業した春子
「ハケンの品格」 第6話 ネタバレ感想~東海林、リストラへ!
「ハケンの品格」 最終話(第8話) ネタバレ感想~制作者側がハケン差別をしているようだ。
主題歌:「Motivation」鈴木雅之

キャスト
大前春子・・篠原涼子
里中賢介・・小泉孝太郎
浅野務・・・勝地涼
井手裕太郎・杉野遥亮
福岡亜紀・・吉谷彩子
千葉小夏・・山本舞香
三田貴士・・中村海人(Travis Japan/ジャニーズJr.)
近耕作・・・上地雄輔
宇野一平・・塚地武雅(ドランクドラゴン)
東海林武・・大泉洋
宮部蓮三・・伊東四朗

コメント