「リバーサルオーケストラ」 第1話 ネタバレ 感想~クラシック音楽に癒やされる!

スポンサーリンク

あらすじはコチラ→

あの手この手で谷岡初音(門脇 麦)を『児玉交響楽団』に巻き込もうとする常葉朝陽(田中 圭)
朝陽の父で市長の常葉修介(生瀬勝久)に頼み、初音を通称『玉響』の広報担当に任命する。
広報担当とは名前ばかりで、初音をコンサートマスターにする。
「玉響」のファランドールを聴く
その後の「ウィリアム・テル序曲」初音も参加。
初音のヴァイオリンを聴いた朝陽は、表舞台から姿を消してもずっとヴァイオリンを続けていたと気づく。
初音はコンマスの話を断ろうとしたが、朝陽は妹さんも応援していると伝える。

帰宅した初音は妹・奏奈(恒松祐里)に朝陽の話をする。
初音が表舞台から姿を消した理由は…。
10年前、谷岡初音のクリスマスコンサート
本番前、母が会場を飛び出す。
奏奈が緊急搬送されたことを知った初音はコンサートで動けなくなってしまう。
指揮者が初音に合図。
ハッとしてバイオリンを構えるが震え、ステージから立ち去る。
病院にやってきた初音は集中治療室の奏奈を見る。
「初音の公演に着ききりで気づいてやれなかった」
と泣いている母と父を見る。

スポンサーリンク

「ずっと言いたかった!」
気を遣われるほうも辛い。
お姉ちゃんが悲劇のヒロインぶっているのも辛い。
殻にこもっているのが心配。
初音はそれでも誰か大切な人を失うかもしれないと思うとステージに立てなかったと話す。
毎日家でコソコソヴァイオリンを弾くくらいなら、オーケストラで弾けばと言う。
「弾いた。
オケで…」
と言う初音に驚く奏奈。
「それでどうだったの?」
「楽しかった!
今までで一番楽しかった!」

翌日、初音は朝陽に会いに行く。
経験のない自分がコンマスになるのは心配だと言う初音に
「あなたにコンマスとしてやって貰いたいのは楽しんで貰うこと
楽しんで下さい。」
と笑う。

スポンサーリンク

生瀬勝久と対立する本宮雄一(津田健次郎)は何か画策をしていたなぁ。
玉響潰しなわけね。
津田さん、最近悪役多いねw
「クロサギ」とかさ。
でもかっこ良いw
ちょっと津田さんを応援したくなるw

序盤、田中圭のヒステリーぶりに、このドラマも脱落か…。
夏、秋と途中で脱落したワタシは思ったが、後半、面白かったね。
まだまだ油断ならんのだけど。
田中圭が怒鳴らなければ面白そう(爆)
ヒステリックな役かと思っていたけど、それは序盤だけ。←来週は知らんけど
母親には弱そう。
生瀬父とは…どうだろう?
勝手に4ヶ月間もの活動を断るなんて、ありえん(苦笑)
でもそこまで怒ってなかったから両親には優しいのか?
田中圭は器用だなぁ。
指揮者、様になっていた!

スポンサーリンク

んで、やたら情報収集がスゲー岡部たかしさん。
今回はキャラは強くなさそう。
嫌でも…どんどん強くなる可能性はあり。
生瀬勝久さんと岡部たかしさんの掛け合いをもっと見たい!

門脇麦ちゃんは前クール、裏のフジに出ていたんだけど、冬は日テレ。
楽しそうにヴァイオリンを弾くところが可愛かったね。
妹との姉妹喧嘩も…表舞台でヴァイオリンを弾かなくなった理由は、そこまで重くない。
妹ちゃんが元気そうで良かった。
そして良い姉妹だなぁ。
テンポも良くて音楽は癒やし~!!

来週からフジで始まる「スタンドUPスタート」は竜星涼くん主演のドラマ。
こちらは熱い男が主演?
回想みた限り、ニイニイ(@ちむどんどん)が抜けきってないように思ったので、一抹の不安

さて、来週、判断して、どちらかを脱落する予定。
いや、どっちも面白くて録画してでも見る!みたいな展開もありです。
それが一番なんだけどね(苦笑)

スポンサーリンク

感想はコチラ
「リバーサルオーケストラ」 第2話 ネタバレ 感想~田中圭のツンデレがたまらん
「リバーサルオーケストラ」 第3話 ネタバレ 感想~イギリスの第二国家”威風堂々”に癒やされる
にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです。

キャスト
谷岡初音(門脇 麦)
常葉朝陽(田中 圭)
三島彰一郎(永山絢斗)
佐々木玲緒(瀧内公美)
庄司蒼(坂東龍汰)
谷岡奏奈(恒松祐里)
土井琢郎(前野朋哉)
松本弓香(行平あい佳)
ヨーゼフ(ロイック・ガルニエ)
桃井みどり(濱田マリ)
小野田隼(岡部たかし)
本宮雄一(津田健次郎)
穂刈良明(平田 満)
高階藍子(原 日出子)
常葉修介(生瀬勝久)

コメント