「オールドルーキー」 第7話 ネタバレ 感想 ~1人の選手に担当が3人で利益はあるの?

スポンサーリンク

車いすテニスプレイヤー

あらすじはコチラ→

車いすテニス選手の吉木修二(福山翔大)が「ビクトリー」にやって来た。
パリパラリンピックの日本代表候補である吉木は、国際大会で勝つために世界を転戦したいので、スポンサーを探してほしいと言う。
勉強を兼ねて車いすテニスの試合を見に行った新町(綾野剛)、塔子(芳根京子)、梅屋敷(増田貴久)は、その迫力に圧倒される。さらに、競技用の車いすを無償提供している会社では、吉木との強い信頼関係を目の当たりにし、感動する。
パラアスリートと契約する意義を、いつになく熱く高柳(反町隆史)に訴える梅屋敷。その背景には梅屋敷の秘めた想いがあった。熱意が伝わり、吉木との契約が決まり、「ビクトリー」初めてのパラアスリートのマネージメントをすることに。
ところがその矢先、吉木が別の会社の車いすに乗り換えたいと言い出し・・・。

スポンサーリンク

車いすテニス選手の吉木修二(福山翔大)は世界ランク12位
国内ランキングは4位
所属会社からはプレッシャーをかけられ、次の試合で勝つしかない。
背水の陣だと思っている。
「何かを変えないと」
車椅子を別の会社に乗り換える決意をした。
しかし予算がない。
新町(綾野剛)、塔子(芳根京子)、梅屋敷(増田貴久)は所属会社にスポンサー料金を上げて欲しいと頼むも、断られる。
所属会社は「ボランティア」で吉木を採用していると言い放つ。
吉木は担当者からプレッシャーとイヤミを言われてしまう。
塔子と梅屋敷は、ボランティアで採用というのは間違っている。
引け目を感じることはないと吉木に言う。
ある程度の会社は障害者来ようをしなければいけないのだからと。
それでも勝つしかないと言う。

スポンサーリンク

新しい車椅子で国枝選手と練習試合をする吉木
そこに梅屋敷は姪っ子のさくらと姉を招待
さくらは車椅子生活なのだ。

吉木のスポンサーは見つからない。
そんな中、反町隆史社長は、パラスポーツにこだわり過ぎているのではないか。
3人が吉木のプレーを見た後の情熱は、普通のアスリートとは変わらない熱いものがあった。
それから3人は吉木のアスリートとしての魅力を営業する。

スポンサーを名乗り出てくれた会社に出向く3人。
パラスポーツを応援する意義とはなにか?
社長に聞かれ、梅屋敷は姪っ子の話をする。
中学生になって脊髄の病気に罹患し車椅子生活となった姪っ子をずっと可哀想と思っていた
吉木選手の事もそこかで可哀想と思っていた
でも必死に頑張っている彼の姿を見て、パラスポーツは特別なものではないと思た。
アスリートの闘志や勝利の喜びはどのスポーツ選手ともかわりない。
障害はハンデではない個性。
「もし吉木さんを応援してくれるのであれば1人のアスリートとして、決してボランティアではなく、普通のアスリートとして向き合って下さい。」

スポンサーリンク

年間100万円を援助してくれることとなり、喜んで吉木のもとを訪れる3人。
しかし吉木は浮かない。
新町は吉木に「車椅子が合わないのではないか」と聞く。
吉木は元の車椅子に戻りたいのだ。
新町は自分にも同じ経験があると、一緒に会社に向かった。
津田 健次郎に頭を下げる新町と吉木
「何がダメだったんだ?」
「体の一部にならなかった…」
「俺にも吉木のことを一番理解していると言うプライドがあるんだ。
車椅子は治っている。
乗ってみろ
まだ何か直したいところがあるなら遠慮なくいえ。
日本オープンギリギリまで粘ってやる」

日本オープン当日。
初戦は新町の娘たち、梅屋敷の姪っ子・さくらも見に来た。
激戦の末、勝利。
試合後、さくらは梅屋敷に車椅子を買って欲しいと言う。
吉木はさくらにラケットをプレゼント。
さくら、車椅子テニス、始めます!
吉木は決勝でランキング1位のオランダ選手に敗戦したものの、世界ランキングは8位となった!

スポンサーリンク

謎の果奈子人気。
そっちが気になるんだけど。
褒め殺しか?ってくらい、褒めてるよね。
果奈子なんでこんなに人気なの?
で、レシピ本売れているとか。
どんどん前にでて、稼いでくれるのかしらねぇ。
もちろん榮倉奈々ちゃんは可愛いし、それでお弁当も上手ときたら、きっと需要はあるんでしょうけど…しらける
果奈子のエピと中川大志と果奈子の妹の恋愛?ネタがいらないかも。

で、本筋。
トントン拍子なのは相変わらず。
しかし国枝選手が華を添えて下さいましたね。
なのにランキング1位はオランダの選手だしさw
ま、オランダは車椅子テニスが強いんだけどさ。

車椅子を変えるとか変えないとか、所属事務所のプレッシャーとか。
色々あったもののね。
最後の最後にはやっぱり成功。

それでも反町社長は綾野剛に納得いかない感じですか?
仲良し倶楽部みたいな会社になってるのも気に入らないのかな?
それにしても1人の選手に3人も担当がついて、他に仕事がないのか、他の仕事は良いのか。
マネージメントってコスパわるくないですかw

スポンサーリンク

にほんブログ村 テレビブログへ  にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

感想はコチラ
「オールドルーキー」 第1話 ネタバレ 感想~初回にめっちゃ成長する主人公。伸びしろですね!
「オールドルーキー」 第2話 ネタバレ 感想~佐竹晃ちゃんを応援したい
「オールドルーキー」 第3話 ネタバレ 感想~ビジネスパートナーに「好き」って言わなくても
「オールドルーキー」 第4話 ネタバレ 感想~サプライズ引退試合が誕生日
「オールドルーキー」 第5話 ネタバレ 感想~當真あみちゃんは朝ドラヒロイン候補にメモ
「オールドルーキー」 第6話 ネタバレ 感想~冠城(反町隆史)と青木(浅利陽介)の再会ならず
「オールドルーキー」 第8話 ネタバレ 感想~まさかの両思い!大谷亮平、渾身サーブ
「オールドルーキー」 第9話 ネタバレ 感想~新町も解雇!クビ!
「オールドルーキー」 最終話 ネタバレ 感想~ウイイレみたいな合成と、社長の暴走と。
キャスト
新町亮太郎(綾野剛)
深沢塔子(芳根京子)
城拓也(中川大志)
真崎かほり(岡崎紗絵)
梅屋敷聡太(増田貴久/NEWS)
葛飾五郎(高橋克実)
高柳雅史(反町隆史)
新町泉実(稲垣来泉)
新町明紗(泉谷星奈)
新町果奈子(榮倉奈々)
糸山留美(生田絵梨花)
伊垣尚人(神尾楓珠)
FC東京のフォワード[注釈 5]。海外移籍の交渉を任せていたエージェントに騙されたことから、サッカー界で信頼される人物として紹介された亮太郎に、海外移籍のサポートを依頼する。

コメント