「オールドルーキー」 第1話 ネタバレ 感想~初回にめっちゃ成長する主人公。伸びしろですね!

スポンサーリンク

夢が終わった、人生がはじまった

あらすじはコチラ→

社会人として上手くいかない新町亮太郎(綾野剛)
ひょんなことから「ビクトリー」の社長・高柳雅史(反町隆史)に拾われた。
まずは若くて優秀な深沢塔子(芳根京子)とドイツで活躍するサッカー選手、矢崎十志也(横浜流星)の日本滞在中のサポート契約。
矢崎とは年が離れているが、同じ学校出身の新町。
アドバンテージあり!と深沢は喜ぶ。

しかし矢崎の要求はわがまま。
練習環境、練習相手、トレーナー、そしてCM。
CMはイメージの良い企業で契約金5000万円。
結局、矢崎の要求に応えられなかったビクトリーは契約を断られた。

新町のことをワンポイントリリーフとしか考えていなかった高柳社長は、ハマの大魔神の焼肉屋を手伝わせる。
そこで偶然、矢崎に出会う。
矢崎はうってかわって素直な心情を話す。
ドイツで一人でプレーするため、金とプライドにこだわる。
サポーターに勇気を!ではなく、自分のためにやっているだけだと。
「そんなんでサッカー楽しいの?」
すでに楽しんでサッカーはやっていない。
「どうして5000万にこだわるの?」
「俺を認めてくれるかどうか金でしか計れねーでしょ」
「じゃ、ださいCMでもいいじゃん」
「プライドですよ」
「そんなんじゃ友達いなくなっちゃうよ。」

スポンサーリンク

その日、新町は矢崎のドイツでの試合を全部見て分析
そして深沢塔子(芳根京子)に会いに行く。
矢崎のプレー内容、矢崎の同僚プレイヤー。
それらを分析して…二人で社長にもう一度プレゼンさせて欲しいと申し出た。

矢崎にプレゼンする新町。
矢崎のチームメイトと同じタイプのプレイヤーを練習相手に用意した。
CMは2本。
ただし、契約料は5000万円にはほど遠い。
それでもベンチャーで人の為になるとてもイメージの良い企業。
矢崎はサッカー少年の夢なのだ。
「俺をサッカー選手にしてくれたのは新町さんなんだよ。」
小学生の頃から憧れ続け、新町と同じ高校に行った。
「いつの間にか追い越しちゃった多けど
自分史上最高のサッカー選手は新町さんなんですよ
裏方になった新町さんは見たくなかったし関わりたくなかったんだよ、
優しすぎるんですよ
新町さんは。だからダメだったんだよ
でも、良い仕事見つけましたね、新町さん。」

矢崎の練習を見ている、新町、深沢、反町社長
反町は新町をワンポイントリリーフと考えていたので、用済みだと思っていたが、深沢は新町が必要な人材だと訴えた。
新町は契約社員として働くことに!

スポンサーリンク

あまりにも主人公が馬鹿で、今時、ここまで世間知らずのスポーツ選手がいるんだろうかと。
しかも奥さんは元女子アナ。
いつか引退の時の為に働いていても良かったのではないかと。
奥さんのほうが社会人としては稼げそうだし。
いや・・・でも元女子アナなのに、旦那の年俸が450万円で、専業主婦で娘は2人とも小学校から私立って…。
で、ローンも3000万円残ってて(よくローンの契約できたな!)…
普通に不安じゃないのかな。
旦那が豪遊するのを止めたって言うけど…奥さんもちょっと怖いな(苦笑)

主人公はサッカー選手としても…
日本代表、J、J2、J3
きちんと階段を降りているのに、「まだ日本代表に復帰する!」って思っているのがスゴい。
辞めていった先輩や後輩を見ているだろうに、スーパーポジティブって言って良いのかな。

前半のボロボロっぷりから後半の落差よ!
初回でこんなに成長しても良いの!?ってくらいになっちゃった。
前半は奥さんが働いて、とりあえず主夫になればいいんじゃないかと思っていたのに。
あ・・・でも奥さんも手始めがインスタだもんなぁ。
旦那を励ますだけでなく、就活して欲しい…。

これは、あれだね。
反町社長の采配よね。
同じ学校出身で、横浜流星の憧れの選手だったまでリサーチしていたのかもね。

堅実な人ならセカンドキャリアを考えて、コーチのライセンスを取っていそう。
あの武田修宏だってライセンスを持っているんだから(爆)
このポジティブさなら、小学生のコーチにも向いていそう。
ま…食べて行けるかどうかって問題はあるけど。
ビクトリーだって、年収450万円が良いとこだと思うんだけど。

スポンサーリンク

後半の主人公は憎めないキャラクターに。
素直で頑張っている。
綾野剛の私生活はどうだかしらないし、特別ファンでもないからどうでも良い。
俳優として、やっぱりこの人、上手なんだよね(苦笑)
だからこそ、このドラマが打ち切りになるようなスキャンダルは暴かれないことを祈ります。

そして脇を固める俳優さんもめっちゃ豪華。
絶対にコケないって気概を感じるよね。
連続ドラマにずっと出ている芳根ちゃん。
どんな役でもホントに上手。
ショートカットもちょっと茶髪にして垢抜けちゃって可愛いし。
この役にピッタリだね。
一話完結なら見やすそうだし、中途半端に拡大しちゃう悪い癖はあるけれどw
榮倉奈々ちゃんは…日曜劇場の奥様ポジション。
テセウスを思い出してしまうw
娘ちゃんたちはめっちゃお芝居が上手いし。
反町社長はもはやピッタリ!!

日曜の夜に見るにはピッタリかもしれんな。

しかし…BSの「拾われた男」も気になる。
だから延長しないで欲しいよう!

スポンサーリンク

にほんブログ村 テレビブログへ  にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

感想はコチラ
「オールドルーキー」 第2話 ネタバレ 感想~佐竹晃ちゃんを応援したい
「オールドルーキー」 第3話 ネタバレ 感想~ビジネスパートナーに「好き」って言わなくても
「オールドルーキー」 第4話 ネタバレ 感想~サプライズ引退試合が誕生日
「オールドルーキー」 第5話 ネタバレ 感想~當真あみちゃんは朝ドラヒロイン候補にメモ
「オールドルーキー」 第6話 ネタバレ 感想~冠城(反町隆史)と青木(浅利陽介)の再会ならず
「オールドルーキー」 第7話 ネタバレ 感想 ~1人の選手に担当が3人で利益はあるの?

キャスト
新町亮太郎(綾野剛)
深沢塔子(芳根京子)
城拓也(中川大志)
真崎かほり(岡崎紗絵)
梅屋敷聡太(増田貴久/NEWS)
葛飾五郎(高橋克実)
高柳雅史(反町隆史)
新町泉実(稲垣来泉)
新町明紗(泉谷星奈)
新町果奈子(榮倉奈々)
糸山留美(生田絵梨花)

コメント

  1. kashweregreen より:

    綾野君って所謂、憎めない人(笑)ですよね。
    芸能人の私生活にはまったく興味がないので、役者としての綾野君はなかなか他の役者さんには出せない味の持ち主だと思います。
    一つびっくりしたのは芳根さんですね!
    最近観てなかったからなのか、
    なんだかいつの間にか美容形成(笑)したかのような変貌ぶりで。
    なんだかんだ言ってやはり日曜劇場は楽しみな枠だと感じました。

    • tarotarotarotaro より:

      kashweregreenさん、コメントありがとうございます。

      特別好きでもない。
      いえ…あまり好みでもないのですがw
      でも演技力は素晴らしいです。

      芳根ちゃんはずっとお芝居が上手ですよw
      「べっぴんさん」は良作ではありませんでしたが、芳根ちゃんは上手でした。
      関西弁もネイティブ並み!
      どんどん美人になって活躍して欲しいです!