「石子と羽男」 第3話 ネタバレ 感想~ハッピーエンドでなくて良かった

スポンサーリンク

−そんなコトで訴えます?-「映画違法アップロードで逮捕!?」

あらすじはコチラ→

山田遼平(井之脇海)に反省させるべく説得する羽男(中村倫也)だが、裁判でも「なぜ捕まるのかわからない」と言ってしまう。
和解は無理。
執行猶予も赤信号。
羽男は遼平を見放す

大庭蒼生(赤楚衛二)は石田硝子(有村架純)を誘い、山田恭兵(でんでん)監督の新作を見に行く。
その帰り、山田恭兵監督に出会う。
大庭は前から山田監督のファンで、石子もすっかりファンとなる。

そん中、山田恭兵監督のファスト映画が出回る。
誰がやったのかわからない。
遼平(井ノ脇海)の弁護を担当しているので、敵対する恭兵監督の弁護はできない。
石子は恭兵監督に弁護士を紹介することにした。

恭兵監督に会いに行く石子。
ファスト映画には公開されていないシーンの映像がある。
近しい人の犯行では?と聞く石子。
恭兵監督は、犯人は諸星助監督だと思うと話す。
そしてファスト映画が出回ったから興行失敗だとは思っていない。
自分の実力だとも。
助監督は話題作りのためにやったのだと思う。
身内のことは身内で片付けるから、弁護士の件は断る。

スポンサーリンク

羽男はもう一度、遼平(井ノ脇海)に接見するも、頑なに反省しない。
そこで石子は策を練る。
羽男は遼平が見たがっていた恭兵監督の最新作のファスト映画を見せる。
すると遼平は、編集が悪い。粗悪なものだと憤る。
同じことを君はしたのだと言っても、自分のファスト映画はみんなに喜ばれていた。
コメント欄も感謝の言葉が並んでいた。
羽男は映画のレビューサイトも見せる。
最新作は客の入りが悪いのに、レビューサイトは大盛り上がり。
ファスト映画を見た人が批判している。
見た気になって叩いているのか、どうかはわからない。
目を伏せる遼平。

裁判、遼平は反省を口にした。
執行猶予つきの判決が下される。

監督に土下座で謝罪する遼平。
監督は遅筆だし一発当てたこともないのでスポンサーが着かない。
だけど10年かかって発表した映画もある。。。。
「俺は未熟だから、許すことはできない」
そう言って立ち去る監督

スポンサーリンク

執行猶予ついたけど、監督は許してくれなかった。
しかも顔は拡散されて、これから生きにくそう。
ハッピーエンドではなくて良かったな。
損害賠償請求もされるかもしれないし、まだまだ気が抜けないよね。

バラエティも切り取られてネット記事に出てるよね。
それも大差ないのかも知れないなぁ。
しかも切り取られたら、切り取った人の主観が入るしね。
まったく違う印象の映画になるわな…。
コメント欄の賞賛を真に受けて…。

理解を示さない井ノ脇くんにイライラ。
そしてファスト映画を見せられてからの、変貌ぶりは上手だったなぁ。
永遠の大学生な井ノ脇君。
来週は朝ドラで大暴れしそうだ(苦笑)

石子と羽男は歩み寄り。
良いコンビだなぁと思います。
でもこの二人には恋愛は入らないかな。
赤楚衛二くんは石子が好きみたいだけど。
赤楚衛二くんはいつも片思いしてるよねぇ(苦笑)
わかりやすいw

スポンサーリンク

にほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

感想はコチラ
「石子と羽男」 第1話 ネタバレ 感想~スカッとはしないけどスッキリした初回!
「石子と羽男」 第2話 ネタバレ 感想~社会のルールと我が家のルール
「石子と羽男」 第4話 ネタバレ 感想~赤楚くんはフラれてなんぼ
「石子と羽男」 第5話 ネタバレ 感想~老いらくの恋にも法律は有効!

キャスト
石田硝子(有村架純)
羽根岡佳男(中村倫也)
潮綿郎(さだまさし)
大庭蒼生(赤楚衛二)
塩崎啓介(おいでやす小田)
ゲスト
第1話
沢村篤彦(小関裕太)
梅林(田中要次)

コメント

  1. kashweregreen より:

    だんだん少し面白くなってきたかなあと思います!
    個人的には有村さんと中村君だと地味(笑)なんです。
    まあTBSの金曜ドラマにはぴったりかもしれませんが。
    中村君の家族って所謂、法曽一家という設定なんですね。
    医者一家はさほど珍しくないんですけれど、法曽一家ってなかなかリアルには稀ですから制作側がワザとしている意図が今後の展開に関連するんでしょうね。
    ゲストですけれど、でんでんさんはやはり味があって個人的には好きです!

    • tarotarotarotaro より:

      kashweregreenさん、コメントありがとうございます。

      地味ではありますよね。
      でも弁護士だから、公取に比べ事件の幅は広いです。
      そして主役二人の声が聞きやすい。
      長セリフでも。
      中村倫也の父は、裁判官なのに「聞きたいことを聞く」っていう矛盾が怖いデス。
      実際に、姉弟が検事と弁護士で対峙することってあるんですかね。
      いや、絶対にないですよねw