「石子と羽男」 第4話 ネタバレ 感想~赤楚くんはフラれてなんぼ

スポンサーリンク

−そんなコトで訴えます?-「依頼人は本当にひき逃げ犯?」

あらすじはコチラ→

新庄隆信(じろう)からリンゴのような匂いがしたという一奈(生見愛瑠)
目撃者捜しをする石子(有村架純)と羽男(中村倫也)は、新庄とぶつかったという男性からも一奈と同じ証言を得た。
新庄が歩いてきた場所をたどるとある場所に行き着く。
やってきた男がインターフォンを押して「○○の紹介だ」と入っていくのを見る。
二人は「新庄の紹介だ」と中に入るとそこは違法カジノ店だった。
水煙草からはリンゴのような匂いが…。
しかし店の従業員に怪しまれ、暴行を受ける。
後からやってきた大庭蒼生(赤楚衛二)が警察のフリをして…しばらくしたら本物の警察がやってきた。

裁判が始まる。
なんとか証拠が間に合った!
一奈の姉・堂前絵実(趣里)は事故現場近くでビラをまき、目撃者を探していた。
あるトラックのドライブレコーダーの映像から、一奈が救急車を呼ぼうとしている様子や、新庄に頭を下げる様子が映っていた。
「被告人に救護義務違反がないことは明らかです
またその一方で被害者による虚偽供述の何よりの証拠だといえます」

一奈は保釈された。
無罪と言うわけにはいかない。
事故で両親を亡くした。
なのに一奈は人を殺す可能性があることに無自覚だったと反省。
民事の賠償も頑張ると言う。
懲役2年、執行猶予3年間
控訴事実第2の道路交通法違反の点については無罪

スポンサーリンク

羽男は姉で検事の優乃(MEGUMI)に石子は
「最初から違法カジノの存在を知っていたのでは?」
と疑問をぶつける
あのカジノグループを摘発したかった。
でも検察の身内が通っているとなれば、上層部にもみ消されてしまう恐れがある
検察は身内に甘いのだから。
「そこで、あえて私達に内情を暴かせ警察が動かざるを得なくした
実際、裁判のあと一斉摘発が行われましたよね」
「新庄隆信も捕まったね」
「ですからやはり今回の裁判はすべてあなたの…」
「私、尋問されてるの?
あんたさ、変わってるね
そのほうがあいつに合うのかもな
弟を、よろしくね」

スポンサーリンク

サクサク進んだ!
いかがわしい店か、大麻か!って思っていたけど、カジノか~!!
しかし、シソンヌのじろうは悪い役ばっかりやっているような気がする(爆)
もっとクセのない良い人の役も上手そうなのになぁ。
悪い役のほうがやりがいを感じるのかなぁ。
違法カジノで負けが込んでいたのかしらね。
だから1000万もの示談金を要求したのか。
そんなことしなければ、逮捕もされなかったかもしれないのに。

石子と羽男の誘いベタ同士でしたね。
一貫して男の部屋には入らない石子に好感。
羽男の頼りないところを補う石子。
有村さんは演技の幅が広い。
こういう役を待っていた気がする。
ただどんくさくて明るいけど真っ直ぐで可愛いみたいな役ばかりだとね。

防犯カメラの映像はそうそう弁護士でも渡してくれないってのはわかる。
でも姉弟が、検事と弁護士ってありなんでしょうか。
なんとなく身内はダメな気がしますけど…

スポンサーリンク

で、赤楚くんね。
まぁ、彼はやっぱり当て馬というか、子犬のような目で恋しているのが似合うかもね。
タクシーは別。
酒の誘いもない。
目撃者を探すって言っても断られて(苦笑)
いつ告白するんだ?
いや、マジで告白するの?
胸に秘めておくのが良いと思うがね。
あんまりラブストーリーには惹かれないなぁ。
石子と羽男もパラリーガルと弁護士としては名コンビだと思っていますが、恋人としてはどうかと。

めるるはお芝居が上手いねぇ。
バラエティやCMの時と目つきが違うもん。
一瞬だれだかわからんくらい。
声も違う気がする。
重宝されるだろうなぁ。
趣里ちゃんも安定。
ゲストも良いから見やすいッス。

来週も楽しみ♪

スポンサーリンク

にほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

感想はコチラ
「石子と羽男」 第1話 ネタバレ 感想~スカッとはしないけどスッキリした初回!
「石子と羽男」 第2話 ネタバレ 感想~社会のルールと我が家のルール
「石子と羽男」 第3話 ネタバレ 感想~ハッピーエンドでなくて良かった
「石子と羽男」 第4話 ネタバレ 感想~赤楚くんはフラれてなんぼ
「石子と羽男」 第5話 ネタバレ 感想~老いらくの恋にも法律は有効!

キャスト
石田硝子(有村架純)
羽根岡佳男(中村倫也)
潮綿郎(さだまさし)
大庭蒼生(赤楚衛二)
塩崎啓介(おいでやす小田)
ゲスト
第1話

コメント

  1. kashweregreen より:

    地味テイスト(笑)の良作というジャンルかと思います。
    TBSにしては制作費用があまりかかってなさそう(笑)というのも珍しい気がしますが。
    ご指摘の通りにセリフが聞き取りやすい会話劇なんでしょうね。
    あっ、公判で検察側と弁護側が親族なんて、あり得ない(笑)です!
    利益相反に抵触する可能性がありますからね。

    • tarotarotarotaro より:

      kashweregreenさん、コメントありがとうございます。

      リーガルものってことで法廷シーンもあって良かったです。
      地味ですが、堅実で、面白かったと思います。
      「言ってくれないと助けられない」
      この言葉はずっと効いてくるんじゃないかと思います。