「インビジブル」 第5話 ネタバレ 感想~永山絢斗はいつも弟

スポンサーリンク

「インビジブル逃走!3年越しの真相判明」

あらすじはコチラ→

武入を連れ去った「逃がし屋」からキリコ(柴咲コウ)を探す志村(高橋一生)
「逃し屋」たちは最初は桐島と言う男に頼まれたが、金を積んできたキリコに渡したと言う。
キリコがいる場所へ。
キリコは武入の逃走を利用して”桐島”を探そうとしている。
武入は3年前、亡くなった志村の同僚・安野と面識がない。
会ったこともない
お前は安野殺しに加担していない。
お互いに隠し事はなく報告し合おうと提案する志村
「桐島は…桐島が…」
そこにキリコの部下から「武入が連れ去られてしまった。」
志村はキリコをツレ、その場所を離れる。
ほどなく電波ジャック。
桐島と思われる人間が武入を開放して欲しければマイクロチップを持って来いと言う。
桐島監禁場所に心当たりがあるキリコ。
キリコと一緒に向かう志村



武入を見つけた二人。
そこに電波ジャックした人物が。
マイクロチップを見せるキリコ
武入の命を助けて欲しければ、パソコンのデータを送るか、キーを見つけるかと恐喝する武入。
志村とキリコはキーを見つけられずデータを奥羽目に・
ほどなくキーを見つける二人。

そして…キリコの弟・キリヒコ(永山絢斗)登場。
本当のインビジブルはキリヒコだった。

一方、塚地 敬一(酒向 芳)は通り魔の犯行だと思われていた最初の事件を洗い直す。
痴漢冤罪の上、自殺した夫のために殺人依頼をしていた妻。
後悔していないと言う妻に塚地は言葉を失う。



今日もまた警察は迂闊だったね。
インビジブルだといわれるがまま、家を借りて、警備は手薄にして…都合良く逃げて…で弟を探す。
主役は柴咲コウでしたか
ってか、キリコまで弟にしてやられたら、警察なんてもうなんの役にも立たないよ。
キリヒトがインビジブル。
弟の犯行を止めるために警察を巻き込んで事件を処理してんのか。
姉弟の兄弟げんかみたいなもんなの??
壮大すぎるな。



OL殺しと、安野殺しは別の人かなと思っていたけど、両方キリヒトが実行犯なのか?
OL殺しはあの妻の犯行だとして、少なくとも安野殺しは警察内部の人間が依頼したのかなと。
この枠の酒井さんは怖いんで、優しそうな顔して黒幕とか?
いや、でもちょっと違うか。
泰造?
んー。
わからん。

にしても寿限無(桐谷健太)と踊介(永山絢斗)の対面はあるのかな。
そっちで見たいなぁ(爆)

今日は不意打ちの低音モヘア~で笑ったくらいかな。
キリコには女性で、キリヒトには男性なの?
なぜモヘア?



にほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

感想はコチラ
「インビジブル」 第1話 ネタバレ 感想~暴走刑事は昭和っぽい
「インビジブル」 第2話 ネタバレ 感想~調教師の動機は?
「インビジブル」 第3話 ネタバレ 感想~なんで感電させたの?
「インビジブル」 第4話 ネタバレ 感想~松下由樹さんがカンフル剤に

キャスト
志村 貴文(高橋一生)
キリコ/インビジブル)(柴咲コウ)
磯ヶ谷 潔(有岡大貴/Hey!Say!JUMP)
五十嵐 夏樹(堀田 茜)
近松 延武(谷 恭輔)
安野 東子(大野いと)
安野 慎吾(平埜生成)
マー君(板垣李光人)
岸 幸介(西村元貴)
朝倉 環(結城モエ)
芝本 菜穂(田中真琴)
野間 昇太郎(村井良大)
塚地 敬一(酒向 芳)
犬飼 彰吾(原田泰造)
猿渡 紳一郎(桐谷健太)

コメント