「アトムの童」 第6話 ネタバレ 感想~タイトル回収

スポンサーリンク

アトムの子どもたち

あらすじはコチラ→

sagasはアトム玩具を買収。
強力なプロモーション力でアトムワールドを大ヒットさせ、官僚との関係も強靱に。
バラバラになったアトムのも元社員たち。

富永 海(岸井ゆきの)は契約社員として銀行に戻る。
菅生隼人(松下洸平)はゲーム業界から自動車メーカーで働く。
安積那由他(山﨑賢人)は昼は自動車整備、夕方は学童保育で働く。

那由他は学童保育の児童・翔太の家と学校までの道のりが危ないと気づき、隼人と一緒にゲームを作る。
出来上がったゲームを翔太がプレイ。
するとめきめき交通ルールを守るようになり、一人で登下校できるように。
翔太のママ(加藤ローサ)から感謝される。
ママ友たちにも頼まれ、ゲームを作ることに。
各務英次(塚地武雅)と八重樫謙吾(でんでん)も手伝ってくれてゲームは完成。
みんなに喜ばれる。
学童保育以外の場所でゲームをしていたにも関わらず、なえか学童を謹慎になる那由他。
隼人や海たちとPTAとが学校にプレゼン。
手強いママが「ゲームは初戦遊び!」と言って否定されるが
「このゲームは親子の大事なコミュニケーションツールになれる。
ゲームは有害じゃない」
と熱弁。

海はこのゲームを保険会社に売り込んでくれた。
5000万の大金を手にした那由他と隼人は、アトム玩具の土地を買い戻した。
「もう一回、ここから始めたかった」
「俺たちはもう一度アトムをやり直したい。」
アトム玩具のメンバーが戻ってきた。
社名は「アトムの童」
今度こそ、この場所を失わないように!

スポンサーリンク

まさかPTA相手にプレゼンが始まるとは思わなかったなぁ。
なんで学童以外でゲームのことを指導されないといけないのか。
自分ちだけ禁止にしろよ。
勉強するための学校ではあるが、学校も家も交通ルールを教えきれてないんだから。
今までゲームが好きな人としか話していなかったが、嫌いな人と対面することが必要だったのか。

あのゲームが5000万って…ゲームの相場が分からない…。
妥当なんですかね。

海、どういう気持ちで銀行に復帰したのか…。
ずっとイライラしている海がちょっとしんどいw
那由他と隼人の関係は盤石かと思っていたら…なんか揉めていそうな予告。

今回はリスタートのための箸休め回かな。
タイトル回収した回でもあるけど。

スポンサーリンク

にほんブログ村 テレビブログへ  にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

感想はコチラ
「アトムの童」 第1話 ネタバレ 感想~そこはかとなく漂う池井戸潤的な雰囲気
「アトムの童」 第2話 ネタバレ 感想~那由他と隼人のカップル誕生
「アトムの童」 第3話 ネタバレ 感想~バックアップとってないってことないよね?
「アトムの童」 第4話 ネタバレ 感想~トラブル最高!!
「アトムの童」 第5話 ネタバレ 感想~銀行が汚い。日曜劇場だから?
「アトムの童」 第7話 ネタバレ 感想~買収につぐ買収
「アトムの童」 第8話 ネタバレ 感想~オダギリジョー、逮捕??

キャスト
安積那由他(山﨑賢人)
菅生隼人(松下洸平)
富永 海(岸井ゆきの)
森田 聡(岡部大/ハナコ)
井手大(馬場徹)
緒方公哉(栁俊太郎)
吉崎誠(六角慎司)
相良晶(玄理)
杉野結衣(飯沼愛)
緒方奏絵(戸田菜穂)
小山田賢雄(皆川猿時)
各務英次(塚地武雅/ドランクドラゴン)
鵜飼吉久(林 泰文)
堂島由里子(西田尚美)
八重樫謙吾(でんでん)
富永繁雄(風間杜夫)
興津晃彦(オダギリジョー)
ナレーション(神田伯山)

コメント