「ルパンの娘」 最終回(第11話) ネタバレ感想 ~爽快なラスト!盛りだくさんなラスト!

スポンサーリンク

「愛する人の心を盗め!深田恭子」

あらすじはコチラ→

『ルパンの娘』 横関大

60年前の真相を話し始めるパパ(渡部篤郎)。
警察一家の長男として嘱望されていた元警視総監の祖父、英輔(浜田晃)。
上官立ちの不正に目をつぶり異例の早さで出世。
汚い事ばかりしていたのでLの一族に追われた。
英輔はご丁寧にもノートに不正をした上官たちのことを事細かく書いていたため、お宝と一緒にマツ(どんぐり)にノートを盗まれ大慌て。
モノがモノだけに警察を使って捜査できず秘密裏に捜査した。
そしてあの夜マツを襲った。
マツを襲ったこともノートのこともいつバラされるのかとビクビクしながら警視総監まで昇り詰めた
三雲巌(麿赤兒)が脅しにきたので、”やられる前にやってやる”

巌(麿赤兒)を殺した犯人は巻栄一(加藤諒)。
孫に命令して巌を殺したのだ。

さて・・・Lの一族を抹殺!にかかろうとした英輔だか・・・。
巌登場!
「60年前のケリをつけると決めたんだ!」
巌は命が狙われていることを知り、偽名を使わせてもらっているホームレスが危険だと察知するが、一日遅く、加藤超に殺された後だった。・
しかし自分が死んだと思わせるために遺留品を置いてきた。

「Lの一家」と和馬(瀬戸康史)は綿密に打ち合わせして、英輔を社会的に抹殺するため生中継していたのだ。
だから、60年前の話をペラペラと喋ったパパ(渡部篤郎)。

一件落着!
と思いきや、加藤諒と橋元エミリ(岸井ゆきの)を追い詰めた和馬(瀬戸康史)が捕まった。
和馬は巻栄一ではないと証明するためにDNA鑑定をしたが、完全に一致してしまった。
エミリは元警視総監の英輔に連絡し、和馬は拉致されてしまう。


華(深田恭子)は和馬を助けに行く。
何度もピンチになりながら、兄・渉(栗原類)がL「Lの一家」長男の自覚を持ち、戦う。
それでもピンチになると、和一(藤岡弘、)がバイクでやってきた!!!
んでもってラストミュージカル!
アクションとはまた違った動きで元警視総監の手下をやっつける円城寺。

やっとこさ、華、和馬を助ける!
ラストの「悔い改めな!」でチャペルで、なが~~~いキスをする二人。
なが~~~~~いキスを見守るLの一族の皆様。

パトカーが来て、逃げる。
『超ウルトラ級の秘策がある」と和馬と別れアジトに戻る華。
なんと渉は飛行物体を作り、アジトから逃げる。
しかし爆発!!!

が、和馬の家に居候するLの一族。
飛行機を爆発させ、死んだことにしたかった。
逃亡犯では和馬と華が幸せになれないということで・・・死んだことにしたかったのだ。

しばらくは和馬の家にいるらしい。
そしてラストは和馬と行ってらっしゃいのキスをする華。

爽快なラストでしたなぁ。
盛りだくさんの最終回。

いや、突っ込めば色々おかしいよ?そんなの(爆)
警視総監の手下は拳銃を持っていながら、深キョンに向かって、Lの一族に向かって一発も撃たないんだから!!
元警視総監とはいえ、逃亡中のハンターみたいな何人の手下を抱えているのか?
マツさんもノートを盗んだなら、とりあえず新聞社にでも送ってやれば良かったのに。
そうすれば巻家の悪事は途絶えたのにさ。
孫たちを洗脳し、思いのままに操り、しかも人殺しまでさせた。
その上、Lの一族を抹殺して、孫娘婿の和馬が捜査一課なので証拠隠滅をしようとした。
どこまでも悪い男・英輔。

エミリは最後まで和馬を裏切った。
「俺、あなたには救って貰ったと思っています。」
「全ておじい様の指示に従っていただけです。
あなたのことなどはじめから愛していませんでした。」
なんて言っちゃって、和馬のこと好きなのにじいさんのことを裏切れなかったなんて。

でも良いの!
めっちゃ楽しかった。

テントウムシ4号で逃げる一族。
みんな自分で揺れてる感じとかw
タイムボカンシリーズみたいだと思ったら
「渉、いきま~~~す!!」
だってw

円城寺さんのアクションとは違う身のこなしとかさ。
藤岡弘、ライダーで登場とか。
マツの顔を涙ぐみながらみる藤岡弘とか。
さすが麿赤兒の存在感とか。
最終回にして、地声が聴けた栗原類とか。
Lの一家と一緒に暮らすことになった和馬の両親の不安。←でも通報しない。
これでもかってくらいの華と和馬のアクション!

華と和馬のなが~~~いキスを見て、戻ってきた華に
「唇乾いてない?
リップいる?」

って聞くママ役の小沢真珠とか。

みんなハマリ役だったよ。
小沢真珠が面白い人だということは、2サス民ならみんな知っていることだけど、プライベートでは可愛いくて面白いのもみんな知っていることだけど。
それにしてもあのず~~っと感じちゃっているママ役を演じられるのは小沢さんだけだわ。

最終回はイマイチなことが多い昨今のドラマですが)「TWO WEEKS」とか「ボイス 110緊急指令室」とか『刑事7人』とか『サイン-法医学者 柚木貴志の事件』とかw

なのにこのドラマは最終回が一番面白かったんじゃないかってくらい盛りだくさん。
おもちゃ箱をひっくり返したようなおもしろさ。
ワクワクしかしない。
スカッとしたわ!
ドラマはこうでないと。
ファンタジーならフィクションなら、ここまでやってくれないと!!
ここまでやってくれたら、リアリティなんてどうだって良いんだよ。
しかもコメディとシリアスが良い塩梅!

こんなドラマの主役は深キョンしかいない!
そして乱れ髪で目が潤んでいる瀬戸康史の少女漫画感!

▲思わず画像を保存した(爆)

パラシュートで戻ってきたLの一家。
浜辺を歩くLの一家の皆さんの表情の良いこと!
アルマゲドンみたい(え?)

願わくば、マツ、和一、巌には60年前の青春を取り戻して欲しい。
そしてもう一つ。
続編でなくても・・・SPで良いので、また会いたいなぁ!!

にほんブログ村 テレビブログへ  にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

主題歌:サカナクション「モス」

感想はコチラ
「ルパンの娘」 第1話 ネタバレ感想 ~紙パンツをかぶる渡部篤郎
「ルパンの娘」 第2話 ネタバレ感想~何も考えずに笑える幸せ
「ルパンの娘」 第3話 ネタバレ感想~全てが調和。どんぐりのアパ社長も調和。
「ルパンの娘」 第4話 ネタバレ感想 ~深キョンの正体がバレる!?
「ルパンの娘」 第5話 ネタバレ感想 ~パンチラ田中みな実
「ルパンの娘」 第6話 ネタバレ感想 ~プロポーズが罠でなければ良いんだけど・・。
「ルパンの娘」 第7話 ネタバレ感想~”桜庭家との因縁”簡単にめっかっちゃった!
「ルパンの娘」 第8話 ネタバレ感想 ~役に立たない豚よ!”牡丹と薔薇”再び。
「ルパンの娘」 第9話 ネタバレ感想~同じ日に殺害された麿赤兒と大森南朋
「ルパンの娘」 第10話 ネタバレ感想~整形した深キョンはどんぐりになる!
キャスト
三雲華・・・・深田恭子
桜庭和馬・・・瀬戸康史
三雲悦子・・・小沢真珠
三雲渉・・・・栗原類
三雲マツ・・・どんぐり
桜庭和一・・・藤岡弘、(特別出演)
巻栄一・・・・加藤諒
円城寺輝・・・大貫勇輔
桜庭典和・・・信太昌之
桜庭美佐子・・マルシア
三雲巌・・・・麿赤兒
三雲尊・・・・渡部篤郎
新谷香・・・・さとうほなみ

コメント

  1. saki より:

    こんにちは!
    めっちゃめちゃお久しぶりです~でもたろたろストーカーなんで投稿は読んでましたよww

    ルパン、いつかの投稿にもありましたが、これが視聴率が低いなんて信じられない!

    昨晩は夜遅く帰宅だったのですが、そこから見て泣き、朝はこれを見るために早起きした娘とみてまた泣き…でした。
    ※泣きポイントは
    ・お兄ちゃんが殻をやぶる
    ・マツ・巌・和一の60年ぶりの再開
    ・円城寺さんの報わぬ恋の歌
    ・エミリの泣き顔
    ・巻先輩の葛藤
    ・「あんたと結婚してよかった」と泣くマツ

    多い!!!

    視聴率がイマイチだったからこそ、オマージュもたくさん入れ込めて、自由にできたのかも知れませんね。
    私がるちゃんよく見るんですww、ドラマ実況はルパンが一番盛上がっていたように思います。
    コアなファンが多いし「ドラマってこういうものだよね!」と思って何回も見ている人が多かったように思う。

    深キョンはこういう役が本当に似合う!
    古くは土屋アンナとの映画だったり、
    深夜の宇宙教師?めぐる(ものすごいホリプロパワーだったけどw)や、
    専業主婦探偵もよかった。見てないけど富豪刑事も再放送あったら見たい。

    それからマジュマジュも生き生きしていた!
    2サスのマジュも好きだけど、こういう突き抜けている役、美人さんじゃないとつとまらないし、すごくよかった。
    渡部さんの引き具合もよいし、苦手などんぐりさんも好きになったり、栗原類くんも…とにかくキャスティングが絶妙で最高。
    もちろんおじいちゃんの存在感も、仮面ライダーもww

    いろいろツッコミどころはあるのですが「それはドラマだし」とスルーできるものが大半なのに、ひとつだけ。

    なぜゲス極の妹、急に出なくなった??
    外にお嫁にいった設定だったかな…でも結婚式までいないのが不思議すぎた。ツアー中? にしてもそれなら断れ。

    久々なので長く書いてしまいました。

    ああ、3話まで消してしまったのが悔やまれる…

    今期イチ楽しかったです。
    あとはサギデカ、「ジャニーズかよ」と見なかったのが同じく悔やまれる多部ちゃんのドラマのみ見ております。

    マリコはいつまで休むんだ??

    • tarotaro tarotaro より:

      sakiさん、お久しぶりです、
      コメントありがとうございます。

      最終回が一番視聴率が良かったみたいですが、それでも10%行かなかったみたいです
      こんなにも面白かったのに・・・。

      ちょっと切ないですよね。
      ワタシもお兄ちゃんの自立、マツ・巌・和一の60年ぶりの再会。
      円城寺さんのミュージカル・・・
      ほんと、たくさん切ないけれどハッピーなシーンでしたね。
      タカちゃん・・・ではなくエミリと加藤諒は可哀想でしたが。

      TwitterのTLでも盛り上がっていました!
      ついつい実況できずに見てしまいました。
      実況すると楽しいですよね。

      深キョンって、スタイルも良いですよね。
      あのコスチュームは痩せているとダメだと思います。
      ピンクの青年との恋物語よりワタシはこっちのほうが好きです。

      真珠さんの常に喘ぎ声みたいなのがツボ(爆)
      真珠のCMも見られなくなるのも寂しい。
      何気にCMも心待ちにしていたんですよ。

      最初は深キョンのママが真珠?
      栗原類が深キョンのお兄ちゃん??
      なんでどんぐりさん?
      と思いましたけれど、ハマっていましたね。

      ゲス極の妹・・・出ていたような(苦笑)
      そういえば出なくなりましたね。

      多部ちゃんのドラマ。
      もうすぐ最終回ですね。
      寂しい!!
      もう多部ちゃんがめっちゃ可愛い!!
      HPを見ていると、続編のリクエストが多いと書かれていたので、期待したいです。

  2. ぴっちぃ より:

    小沢真珠演じるお母さんが夫に嫉妬して「財布ステーキ」焼く、
    とか、

    藤岡弘、さんバイクで登場!の際に着ていたジャケットは袖に2本の白いライン入り!=仮面ライダー1号

    とか、ツッコミどころ、ってかマニアを騒がす要素満載!

    低視聴率の女王、深キョンはさておき、このドラマ自体はおもしろかったけどなぁ~

    • tarotaro tarotaro より:

      ぴっちぃさん、こんばんは。
      コメントありがとうございます。

      ホントに面白かったですね。
      リアリティはなくとも視聴率が悪くても面白ければ満足です。

  3. なお より:

    こんばんは

    あー面白かった!と素直に言えるドラマでした。これこそルパンロスです。
    唯一録画を消さずに残したドラマです。
    深キョンは決して上手な役者さんではないと思いますが、この役には深キョンしか考えられません。こんなにネタ仕込まれても深キョンにうるっと来ることが何度かありました。
    渡部篤郎と小沢真珠とどんぐりと栗原類
    苦手だったんですが‥
    このドラマのおかげで見る目変わりました(^_^;)

    またスペシャルやってほしいですー続編でももちろんいいですが!

    • tarotaro tarotaro より:

      なおさん、こんにちは。
      コメントありがとうございます。

      面白かったですね。
      なんつーか色々騙されたのも心地良かったです。
      おじいちゃんは生きていると思いましたけど、みんなわかっていて、かずくんもわかっていたのも意外でしたw

      深キョンは味があるというか。
      深キョンじゃないとこれはアカン!ってドラマが多いです。
      なんでも出来るようなカメレオンではないですが、なんせ華がある!
      これ主演を張る女優さんんいは大切なことだと思います。
      スペシャルみたいですね!
      楽しかった~♪

  4. moon より:

    こんばんは。

    本当に楽しいドラマでした。

    この手のドラマは下手したら
    痛くなることが多いのに、
    そうならなかったのは本当にすごい!
    面白くゴージャスに、至福の時間を
    過ごせましたね。

    最初から最後まで徹底的に
    作り込んでいると清々しい!
    コメディを作るなら、ここまでしないと!って見本のようなドラマでしたね。

    コミカル部分だけでなく、
    華と和馬のラブストーリーは、
    ロマンチックで王道だったけれど、
    恥ずかしくなくキュンとしましたね。
    教会での和馬、カッコ良かった〜。
    まさしく運命の二人だったんですねぇ。

    円城寺さん…切なかったですね。
    とても良い人だし、キャラも好きだし、
    彼となら何も問題はないけど、
    やはり華と和馬でないと。
    円城寺さんも幸せになれると良いな〜〜

    こんなにコメディなのに、家族の絆を感じさせるところも良かった。

    適当なように見えて、実は華のことを気にかけているパパとママ。
    兄の妹を想う気持ち。
    栗原類くん、喋ってもいけるじゃないですか〜。凛々しくて良かったですぞ!

    三雲家、桜庭家ともに
    最高のキャスティングでした。
    スマートなパパも、マツさんも巌さんも
    素敵だったけど、特に悦子ママ。
    助演女優賞です。

    視聴率には結びつかなかったけど、
    こんなに楽しませていただいて
    ありがとう!と言いたいです。

    • tarotaro tarotaro より:

      moonさん、こんにちは。
      コメントありがとうございます。

      楽しいドラマでした。
      小ネタもたくさんつめて、オマージュもあり。
      見逃せないシーンもたくさんありました。

      最初は、コメディだと思っていたし、「Lの一族」の正体がすぐに和馬にバレたりと、大丈夫なのか?と思っていたのですが。
      そんな心配はなかったw

      ここまでやってくれたらリアリティなんてどうでも良いです。
      この世界観、本当に楽しかった。
      和馬と華の一家の共同生活も見てみたいですね。