『なつぞら』第155回 感想~泰樹が生き返った!

スポンサーリンク

『なつぞら』第155回(最終週)「なつよ、あっぱれ十勝晴れ」

あらすじはコチラ→
原作はコチラ

十勝が冷害水害に見舞われた昭和50年。
多額の借金をして設備投資しようとする照男に戸惑うなつ。
しかし泰樹は照男のやりたいようにすればいいと言う。
その夜、十勝に嵐が襲う。
停電になり牛の乳も搾れない。
昼間でに絞ればなんとかなると照男は言うが、牛は決まった時間に搾乳してくれるから人間を信じて良い乳を出してくれる。
牛を助けるために泰樹は指示を出す。
夕見子も初めての乳搾り。
坂場は乳搾りではなく力仕事。
アイスクリーム屋の水槽に牛乳を入れることにした。

作業が終わる。
若返った泰樹は照男に
「大事なのは働くことでも稼ぐことでもない。
牛と生きることだ。」
と言う。
「みんなよくやった。
ご苦労さん。」

明るくなり、天陽の畑を見に行く。
靖枝が畑を耕していた。
芋はデンプン用としてなら売れるかも・・・という状態。
「天陽が守ってくれたんじゃ。」
畑を手伝う泰樹となつ。

「なっちゃんで呼んでもいいかい?」
「当たり前だべさ、やっちゃん。」

なつよ、また大事なものを受け継いだな。←ウッチャンナレ
えっと、なつ信者が一人増えたってこと??


牧場の仕事、アニメの仕事。
仕事メインだとテンポがあって楽しい。
なつは牧場の仕事を真剣にやっていたんだと・・・思うんだけど、照男は年十年やってもなつには敵わない。
泰樹イズムを受け継いでいるのはなつだ!ってのが・・・気の毒だわ。
坂場が借金おして設備投資して牧場を大きくして、また借金して・・・と照男の設備計画に終わりがないと真っ当なことを言ったように思ったんだけど・・・。
それをたしなめるなつ。
たしなめると坂場が空気が読めないように感じてしまうが、普通に考えることだよねぇ。
泰樹が好きにしろと言っているからって、剛男、富士子、砂良が止めないってのは・・・大丈夫かよって思うんですけど。

大きくする前に自家発電だ。
電話線は生きていたんだろうけど、あんな状態で発電機が借りられるわけねぇべさ。
今よりずっと停電が多かったであろう時代。
こんな嵐だって初めてのことではなかっただろうに・・、
設備を大きくする前に停電対策も必要でしょうや。

泰樹は生き返ったように働く。動く。
人手不足だろうから、機械化に進むのが悪いわけではない。
だけど、泰樹も牛舎には毎日行けば・・・100前生きられそうじゃ!!

しかし富士子さんのアイスクリーム屋の夢はあっさり終わり・・・。
楽しそうだったのになぁ。
しかたないとは言え、気の毒。

天陽の畑。
どう考えてもあの畑だけで一家が食べて行くのは無理じゃんね。
天陽の馬の絵もあのバラックに置いたまま。
売っちゃおうよ。
あのバラックアトリエに置いておいたら、天陽の絵がどんどん劣化していってしまう。
しかるべき場所に展示して貰ったほうが良い。
もう・・・売っちゃってよ。
で・・・孫に畑を片付けさせて、天陽の両親は家の片付け?
あんな小さいバラックでもともと汚いんだから生命線の畑のほうをなんとかしろよ。
天陽の父は本当に働いてんの?
天陽の父への不信感は拭えない。

最後は天陽の妻となつがお友達に・・・。
靖枝は鈍感なのか?
知っているよねぇ・・・。
わかってるよねぇ・・・。
「なっちゃんって呼んでも良いですか?」
ってのはねぇ(苦笑)
アラフォーなんだし、今更なっちゃんって呼ばなくても良いと思うわw←そういう人が苦手なワタシ。

そして・・・結局、アニメと酪農のバランスが取れてなかったのかなぁと思ったセミファイナル!

にほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです。

「なつぞら」感想はコチラ→

主題歌:スピッツ「優しいあの子」

キャスト
奥原なつ・・・・広瀬すず(幼少期:粟野咲莉)
奥原咲太郎・・・岡田将生(幼少期:渡邉蒼)
奥原千遥・・・・清原果耶(幼少期:田中乃愛)
柴田泰樹・・・・草刈正雄
柴田富士子・・・松嶋菜々子
柴田剛男・・・・藤木直人
柴田照男・・・・清原翔(幼少期:岡島遼太郎)
柴田夕見子・・・福地桃子(幼少期:荒川梨杏)
柴田明美・・・・鳴海唯(幼少期:平尾菜々花)
小畑雪之助・・・安田顕
小畑とよ・・・・高畑淳子
小畑妙子・・・・仙道敦子
小畑雪次郎・・・山田裕貴(幼少期:吉成翔太郎)
山田天陽・・・・吉沢亮(幼少期:荒井雄斗)
山田陽平・・・・犬飼貴丈(幼少期:市村涼風)
佐々岡信哉・・・工藤阿須加(子供時代:三谷麟太郎)
大沢麻子・・・・貫地谷しほり
坂場一久・・・・中川大志
神地航也・・・・染谷将太
三村茜・・・・・渡辺麻友
森田桃代・・・・伊原六花
下山克己・・・・川島明(麒麟)
井戸原昇・・・・小手伸也
露木重彦・・・・木下ほうか
大杉満・・・・・角野卓造
亀山蘭子・・・・鈴木杏樹
前島光子・・・・比嘉愛未
茂木一貞・・・・リリー・フランキー
煙カスミ・・・・戸田恵子
仲努・・・・・・井浦新
岸川亜矢美・・・山口智子
語り・・・・内村光良

コメント

  1. なな より:

    こんにちは
    坂場が言ったことは まっとうなことなのに もしろ言ってあげたほうがいいことなのに なんで なつは たしなめるんでしょうかねえ。
    自分は意見言うのに。

    畑って 水浸しになったら おいもがまだ出来てなくても 抜いちゃうんですね。子供が畑で 父ちゃんが家の片付けって…変なのと思いましたよ。
    天陽の絵は 十勝の美術館とか買ってくれませんかねえ。
    私が妻だったら 絶対 売りたくないけど もし子供が高校へ行けなくて あの小さな畑をやるなら いつまでたっても貧乏暮らしなので心配です。

    早く搾乳しないと牛が病気になるって
    いってましたよね。
    ドラマの撮影のために 搾乳を待たされていたという話を始めの頃に聞いたとき
    よく分からないけど大丈夫なの?苦しくないの?病気になったりしない?と
    思ったのですが やはり病気になるんですね。
    どのくらい待たしていたのは分かりませんが その話を聞いたあとに ドラマの中で あのエピソードだったので
    やってることと 伝えてることが違う…と思いました。
    なつのお乳の絞りかたが急いでいるからといって あんなにガシャガシャ絞らなくてもと思ったり お兄ちゃんだって牛を愛してるのに(多分)なつに かなわないっていう設定なのも
    悲しいものが。

    そういえば今朝の新聞に マコさんのモデルになったのでは?と言われてる方が亡くなったとありました。

    • tarotaro tarotaro より:

      ななさん、こんにちは。
      コメントありがとうございます。

      終わりましたねぇw
      まぁ、なんていうか・・・主人公が内容が・・・。
      いろいろ気になりましたが、半年の帯ドラマの長丁場。
      これは一人の脚本家がやるべきことなのか・・・って気がしてきました。
      アニメの監修にプロが、酪農にもプロがいて、あらすじや描きたいもののアウトラインがあって、それをうまく組み合わせるのが脚本家だったり演出家だったりするんでしょうが。
      描きたいものが大きかったのか時間が足りない。
      しかし主人公は成長させないといけない。
      チグハグになってしまいました。

      その中で天陽一家は心配。
      陽平兄ちゃんはちゃんと仕送りしているんでしょうか。

      牛の病気。
      ドラマ撮影でそんな話があったんですね。
      それは知らなかったです。

      草刈さんは最後までうまく行かなくて、乳搾りはアップで吹き替えだ!っておっしゃっていましたが、それでも名俳優は名俳優でしたw
      最後まで照男には酪農の才能がなかった・・・って感じに見えたので気の毒でしたね。
      マコさんのモデルの方・・そうでしたか。
      最終回にもマコさんが出てこられたので、残念です。