『純愛ディソナンス』 第3話 ネタバレ 感想~5年後の再会

スポンサーリンク

【第一部終幕!物語は5年後の再会へ…

あらすじはコチラ→

由希乃(筧美和子)を殺害したのは加賀美(眞島秀和)だった。
不倫の末に殺害。
そして飛び降りようとしたところに正樹(中島裕翔)
パトカーが!
ホッとした様子の加賀美に怒り心頭の正樹。
冴(吉川愛)は救急車で運ばれるも命に別状はない。
んでもって…正樹と冴は会えないまま5年後

正樹は不動産会社・モノリスエステートで働いていた。
社長(光石 研)は結構…ブラック!
冴はマッチングアプリを開発するIT会社でバイトをすることになった。
さっそく尊敬する作家の美南彼方にインタビューの助手として参加することになった冴。
なんとその美南彼方は碓井愛菜美(比嘉愛未)だった!
社長の路加雄介(佐藤隆太)がインタビュー
「何の打算もないお互いを思い合った真っ白な恋
それじゃお互い幸せになれないんじゃないかしら。
あなたはどう思う?
純愛したことある?」
急に話を振られる冴
「純愛しているかどうか本人は自覚できないんじゃないでしょうか」
帰り際、冴に気づいた碓井。
5年有れば人って変われるんだな。

スポンサーリンク

帰り道、正樹(中島裕翔)を見かけ追いかける冴。
途中で見失う。
すると正樹の会社をクビになった男・伊藤に襲いかかられる。
戻って来た正樹が伊藤ともみ合う
伊藤は自主退職に追い込まれ正樹を恨んでいた
「飼い犬!」
と罵られた正樹は
「今日から野良犬になるあんたよりマシだ」
と言い放す。
立ち去る正樹に「先生」と話しかけるが「誰?」と冷たく言われてしまう冴

シェハウスに戻った冴は慎太郎(髙橋優斗)の言うように前に進むべきだと思うと落ち込む。
そんな冴に慎太郎は「好きだ」と告白。

ある日、また地下のコンコースでピアノを弾く正樹を見つける
終電を逃した二人はタクシーを待つベンチに並んで座る。
「今、何してるんですか?」
「まあ雑用みたいなもの。」
「私も。
ていうか雑用そのもの」
「こんな時間まで?」
「うん。バイト
高校出てからずっとフリーター
推薦取り消されて、であの人捨てて家を出たの。
先生、ごめんなさい
あの時私があんなことしなかったら、先生は教師を辞める必要なかったのに。
ごめんなさい。」
「あったな。そんなことも
そもそも俺、教師なんて繋ぎのつもりだったから
ろくなもんじゃないよ
生徒思いのふりしなくちゃいけないし。
逆にあの騒ぎのおかげで、何もない自分を認めたほうが楽に生きられるって知ってた」

スポンサーリンク

「何だそっか。
先生そういうとこ、変わってないんですね。
大丈夫ですよ。
私、ずっと気にしてたわけじゃないけど、それに今はただのフリーターだけど、夢だって諦めたわけじゃないし
だから先生、心配しないで下さい」
「やめろ、二度と先生なんて呼ぶんじゃない」
”ただ2度目の出会いはより覚悟が必要だ
時が流れた分、人は多くのものを手に入れ
そして多くのものを失ってしまうから。”

バイト先と美南彼方とのコラボ企画が持ち上がる。
打ち合わせの席に冴も参加。
打ち合わせが終わると美南は夫が迎えに来てくれる事になっていると言う。
美南の夫はなんと、正樹だった!

スポンサーリンク

マジで悪夢の始まりだなぁ。
比嘉愛未さんはマウント取りたかったんだなぁ。
純愛なんて!って感じ?
佐藤隆太の会社のマッチングアプリは「不倫マッチングアプリ」って言う。
精神的な不倫が始まるのかぁ。

5年後。
マジでみんな変わり過ぎ。
5年後。
急にみんなが再会しすぎw
よく5年間会わなかったよね~。
「宿命か運命か」

冴はお母ちゃんを捨てられたのは良かった。
だけど、正樹はブラックな会社で、地味な女教師だった比嘉愛未と結婚。
今や美人作家。
その会社の光石研と冴のバイト先の社長の佐藤隆太には因縁があり。
佐藤隆太は光石研の娘だと知って比嘉愛未ちゃんに接触したんだろうなぁ。

スポンサーリンク

初回見た時は「高校教師」風だなんて思ったけど、まさか、正樹だけは死んじゃったりして。
伊藤に刺されてもおかしくないわ~。
二人が死ぬってことはないと思うんだけどなぁ。
だけど、冴のように繊細で夢もある若者が、近づいてはいけない世界だと思うのよね。
絶対に慎太郎と一緒になったほうが幸せになれるんだよね。

だけど、そうは行かないのが純愛で初恋か。
高校時代の思い出が美しくて儚いので…純愛のままでいて欲しいけど。
いや、そのパンドラの箱をあけないで欲しいんだけど。
だけど、開かなきゃドラマになんないわねぇ。

中島裕翔と比嘉愛未の結婚のいきさつを知りたい。
だいたいわかっているけど、光石研と佐藤隆太の関係も。
ドロドロの様相だけど、楽しいわ。

スポンサーリンク

にほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです。

感想はコチラ
『純愛ディソナンス』 第1話 ネタバレ 感想~高校教師の雰囲気も
『純愛ディソナンス』 第2話 ネタバレ 感想~富田靖子劇場!さっすが~~!
『純愛ディソナンス』 第4話 ネタバレ 感想~クールな正樹がまさかのバッグハグ!すわ、不倫へ!?
愛ディソナンス』 第5話 ネタバレ 感想~地上波にしては濃厚なラブシーンだったが、そこに愛はあるのか?

キャスト
新田正樹(中島裕翔)
和泉 冴(吉川 愛)
碓井愛菜美(比嘉愛未)
朝比慎太郎(髙橋優斗/HiHi Jets/ジャニーズJr.)
小坂由希乃(筧 美和子)
碓井北都(和田正人)
園田莉子(畑 芽育)
村上晴翔(藤原大祐)
新田秀雄(神保悟志)
影山 勉(手塚とおる)
加賀美理(眞島秀和)
和泉 静(富田靖子)
モノリスエステート社長(光石 研)
路加雄介(佐藤隆太)

コメント

  1. saki より:

    こんにちはー
    ムナクソ…的なのにどんどんひかれてしまう(笑)
    このドラマこんなに面白いのに、
    タイトルに「純愛」って入っているのと、教師と生徒の禁断のって告知したのがマイナスですよね。
    カテゴリーとしては、吉高由里子ちゃんの最愛とおなじなのに。

    他人の勝手さとか、親がみせる兄弟差とか、やりたいことを決めることとか、毒親とか、
    今の広い年代の人が感じている問題なのに。

    そして黒い光さまがもう。ほんと、こわい❗
    出てくる人全員悪く見えます。
    これジャニーズじゃなかったらなぁ~

    • tarotarotarotaro より:

      sakiさん、コメントありがとうございます。

      「純愛」ってのをいれるのは狙いだったみたいですよ。
      タイトルにもこだわりがあるようで、Twitterで公式が発言していました。
      教師と生徒の禁断の恋が、既婚者との禁断の恋に移行しそうですよね。
      身内も絡んで、ドロドロした展開になりそうです。
      光石さんが笑うとゾッとしますw

      中島裕翔くんは苦手ですか?
      ワタシは彼、演技力があって、なかなか良いと思っているんですよね~。
      杏ちゃん主演の「デート」も良かったなとw

  2. のびた より:

    吉川愛さん、18歳もう少し23歳メリハリが欲しかったかな。「おかモネ」の15歳と24歳は別人格としか思えなかった。「恋本気」の斉藤由貴さんといい、今作の富田靖子さんといい「毒親演技」が嵌ると怖さ倍増ですね。

    • tarotarotarotaro より:

      のびたさん、コメントありがとうございます。

      朝ドラと連ドラはスケジュールが全然違うので、演じ分けは難しいのではないでしょうか。
      吉川愛さんの母の恋人への怒り爆発シーンなどを見ると、彼女がこの役で良かったと思います。

      毒親は誰が演じても同じで腹が立つなんて言う人もおられますが、おふたりとも元アイドルと思えないほどの怖さですね。