「競争の番人」 第5話 ネタバレ 感想~情で解決に至る

スポンサーリンク

原作はコチラ

新川 帆立『競争の番人』

あらすじはコチラ→

丸川俊春(吉沢悠)が過労で倒れる。
六角 洸介(加藤清史郎)は下請け会社に検察が動いているから、きっと柴野竜平(岡田義徳)が捕まる!なんて脳天気なことを言うが、検察は柴野の不正を見つけられなかった。
検察が強制捜査に入っている間に隠蔽されたのか、公取はアレス電機の書類から下請けいじめの証拠を見つけることができない。
六角 洸介(加藤清史郎)は父親に検察にいれてやるからと言われ、情報を漏らしたことを謝罪。
小勝負勉(坂口健太郎)はある書類を目にした。

アレス電機の回答前日。。
下請け30社が集っているところにやってきた小勝負と白熊楓(杏)
下請けいじめの証拠は見つからなかったが。
契約している会社の評価が高い
他の会社の調査結果を比べると圧倒的に評価が高い
「皆さんはアレス電機が選び抜いた会社」
一度外された下請け会社にもう一度契約の話がきたのは他に腕の良い下請けが見つからなかった。
「仕事を受ける以上立場は下です
でもアレス電機は皆さんがなくてはならない会社。
皆さんは弱くない立場です
世界のアレス電機が認めた会社です。」

スポンサーリンク

翌日、下請け30社は柴野に契約内容を見直して欲しいと直談判。
しかし柴野は受け入れない。
すると30社は契約をしないと立ち去る。
小勝負と白熊がやってきた
「良いんですか?
皆さんを手放しちゃって。
彼らの技術が必要不可欠でしょう」
「下請けならいくらでもいる。」
しかし丸川がやってきて、30社の下請け社長を説得し始めていた
驚く柴野
白熊は丸川が柴野とともに最高の製品を作ることを諦めていないと言う。
「野球では叶わなかったあなたの夢を今度こそ実現させてあげたいって
最高の製品を作ってトップを目指そう。
その柴野さんの言葉をずっと信じていたんです」
競合より早く発表して価格も下げなければいけないと柴野
「下に押しつけるもんじゃない
下は支えてくれるものですよ
あなたはまだ支えてくれる仲間がいる
丸川さんが必死につなぎ止めてくれていたからです
これまでの行いを認めて謝罪したらどうですか」
柴野の机にあった犬のロボットを差し出す小勝負。
柴野と丸川が初めて一緒に作った製品。
柴野は30社と契約内容を改め契約することにした。
また下請けいじめも認め謝罪した。

桃園千代子(小池 栄子)と風見 慎一(大倉 孝二)は書類から、横領の証拠を見つけた。
六角の父・羽場裕一に証拠を差し出す。
横領をしていたのは柴野の部下。
そして殺人事件に関しては柴野は否定する。

スポンサーリンク

こんな素直に落ちる人が、横領や殺人事件する?
って思っていたら部下が横領してた。
部下の管理出来てなかったんか。
情に流されて解決ってさ。
証拠も掴まずにさ。

丸川さんは良い人って言えばそうだけど、なんだか個人的な情熱に他の下請け会社さんが巻き込まれた感。
同級生だからってさ。
で、下請けいじめを認め、価格も上がって発売日も延期になって、ダメージがないのかね??
あ、しかも横領していたヤツもいたわけで。
イメージだだ下がり。

それプラス、六角くんね。
検事のパパがいたら、簡単に検察へ異動できるんか?
極秘事項をパパに漏らすのも良くないし、上に行くんじゃなくて下で支えるって話で上に行かない!ってのも単純。
ま、若者は単純で良いのか。

で殺人事件は解決するつもりらしく、それが最終回までひっぱり案件なんだろうけどさ。
すんご~~~いハードルを上げちゃったよ!

今回の案件も…。
あまり面白いとは言えず。
だけど来週に続いたら、さすがに見るのを辞めていたので、2話で終わって良かったです。

スポンサーリンク

にほんブログ村 テレビブログへ  にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

感想コチラ
「競争の番人」 第1話 ネタバレ 感想~スッキリ解決にはほど遠く。来週に続く!
「競争の番人」 第2話 ネタバレ 感想~完結せず!来週こそは山本耕史をギャフンと!
「競争の番人」 第3話 ネタバレ 感想~とにかく長かった。来週は第二章。
「競争の番人」 第4話 ネタバレ 感想~連ドラ向きではないかも
「競争の番人」 第6話 ネタバレ 感想~1時間で解決してくれたのが一番良かった!
「競争の番人」 第7話 ネタバレ 感想~証拠はないけど情に訴え、解決
「競争の番人」 第8話 ネタバレ 感想~主人公を追い詰めたのに刺さない犯人
「競争の番人」 第9話 ネタバレ 感想~暴走する小勝負。
「競争の番人」 第10話 ネタバレ 感想~まだ一話あり。蛇足じゃ無いことを願う
「競争の番人」 最終話 ネタバレ 感想~なんでオマケみたいな話を最終回にするんだろ

CAST
小勝負 勉(坂口健太郎)
白熊 楓(杏)
桃園千代子(小池 栄子)
風見 慎一(大倉 孝二)
六角 洸介(加藤清史郎)
藤堂 清正(小日向文世)
大森 徹也(黒羽麻璃央)
緑川 瑛子(大西 礼芳)
紺野 守里(石川 萌香)
本庄 聡子(寺島しのぶ)

コメント

  1. kashweregreen より:

    丸川みたいな一見やっていることは良い人タイプが結局いちばんたちの悪い人なんですよね。
    公取の審査官が情に訴えてということからしてもストーリーが破綻(笑)してますね。
    ちなみに公取の審査官が検察に行けるとしたら出向というかたちで可能だとは思いますけれど、仮に検察に行っても検察官にはなれない、事務方の一般職員としての公務員になれるだけですよね。
    こんな陳腐な脚本でラスボスの小日向さんをどうやって追い込めるのか?です(笑)

    • tarotarotarotaro より:

      kashweregreen さん、コメントありがとうございます。

      丸川さん、ホントに迷惑ですよね。
      中学時代の思い出とかお友達とか、他の人には関係ないし。
      試合で怪我をしたのも丸川のせいではないのに。
      勝手に責任を感じている謎。

      検察庁に行って何をするつもりだったのかこども店長。
      事務方の公務員になったとしても、周りからは腫れ物扱いでしょうしね。
      父ちゃんが退官したら手のひら返し…かもw