「ファイトソング」 第1話 ネタバレ 感想~間宮祥太朗って歌が上手い!

スポンサーリンク

「いざ全力勝負!スポ根女子が挑む初めての恋!笑いと涙のヒューマンラブコメ!」

あらすじはコチラ→

「人の心が分からないから良い曲が書けない」と追い込まれている芦田(間宮祥太朗)の家にハウスクリーニングにやってきた木皿花枝(清原果耶)
花枝もまた追い込まれていた。
交通事故で空手の代表選手になる夢を絶たれ、耳に腫瘍があり耳が聞こえなくなる可能性がある。
花枝にちからを与えてくれる曲が、かつて芦田がヒットさせた曲だった。
他の曲はピンと来なかったという花枝にガッカリの芦田。
花枝がイヤフォンで音楽を聴きながら仕事をしているすぐ側で芦田はその楽曲「スタートライン」を演奏する。
涙が止まらない花枝。
自分が聞いていた「勝負曲」の作者が芦田と気づき、失礼なことを言って申し訳ないと謝罪。
そして芦田は
「俺と付き合ってくれない…?」
と花枝に申し出る。



タイトル、ポスター、HP・・・オープニング。
なんというか1970年代の少女漫画のよう。
さすがに70年代の少女漫画は世代ではないのですが、でも・・・80年代より古い感じw
岡田さんの最近の脚本はそんな感じ。
「姉ちゃんの恋人」も70年代の少女漫画風だった。
今回のヒロインは児童養護施設
姉ちゃんの恋人は弟3人を育てる長女
姉ちゃんの恋人は前科ありの陰のある男。
今回の間宮祥太朗も何かトラウマがありそう。
とはいえ・・・「姉ちゃんの恋人」もツッコミ要素はたくさんあったものの、たまにはこんなハートウォーミングも良いよね!って思えたので、今回もそうなれば良いな。



キャストは・・・ちょっと地味なんですよね。
そろそろ当て馬卒業の間宮祥太朗・・・。
そしてバラエティーな菊池風磨。
二人とも当て馬じゃないのかw
菊池風磨はそのままの役を貰っている気もしたけど・・・この枠には珍しくキラキラの王子様キャラはいないのね。
高杉真宙くんはこっちのドラマだったんじゃね!って気持ちも否めないw←でも高杉君、歌が下手なんだよなぁw

相関図を見ていると橋本じゅんさん演じる医師がヒロインの秘密を知っていて。
しかも人生最後の恋がなんちゃらって書かれていたのでてっきり余命宣告されているのかと思っていたが。
でも両耳に腫瘍があるって治療しているんだろうか。
せっかくの間宮祥太朗の楽曲も聴けなくなっちゃうじゃないか。
しかし間宮祥太朗は歌が上手いねぇ。
「スタートライン」と言う曲は誰が書いたんだろうか。
ミュージシャン人生に赤信号がともっている間宮祥太朗
そんな彼が「掃除をすると運気が上がる」というチラシでまんまとクリーニングを頼むかなぁ。
ま、でも出会わないといけないからねw



一発屋でも一発当てたのがスゴいし、たった一人のファンだとしても「この曲だけあれば他にいらない」と言われるならミュージシャン冥利につきるんじゃないかしら。
あんなにポロポロポロ泣いてくれるなんて。
さすが泣きの清原果耶よ。
涙の量が半端ない。
空手は・・・「太極拳」風な型に見えたり、バルサ(@「精霊の守り人」)を思い出したり

初回はイントロ長めって感じですが、最後には見て良かったって思える内容なら良いなぁと思っております。

にほんブログ村 テレビブログへ  にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。
主題歌:Perfume 「Flow」

感想はコチラ
「ファイトソング」 第2話 ネタバレ 感想~期限付きで付き合うパターン

 

キャスト
木皿花枝(清原果耶)
芦田春樹(間宮祥太朗)
夏川慎吾(菊池風磨/Sexy Zone)
伊達弓子(栗山千明)
立石正嗣(橋本じゅん)
迫智也(戸次重幸)
磯辺直美(稲森いずみ)
烏丸薫(東啓介)
萩原凛(藤原さくら)
ヒデ(若林時英)
俊哉(窪塚愛流)
松田穂香(莉子)

コメント