「家庭教師のトラコ」 第2話 ネタバレ 感想~課金3兄弟は次のターゲットを見つけイジメは続く

スポンサーリンク

5千円の正しい使い方

あらすじはコチラ→

高志(阿久津慶人)は父親の家でも家庭教師のトラコ(橋本愛)が待ち受けていた。
父・満男(丸山智己)の家では祖母からスマホを与えられ、小遣いは5千円。
イジメのことを告白すると、父は困ったようにタカシの祖母の顔を伺う。
トラコは転校を提案。
父は手続きが面倒なのか、トラコが手続きに行くことになる。
授業中、教室に入り、課金3兄弟にカツアゲされたからタカシは転校すると宣言。
その後、課金3兄弟にまた脅されるタカシだが、トラコは助けない。
帰り道「どうして助けてくれないんだよ!」と言うタカシ
「女だから怖いんだろ!」とタカシ。
するとトラコはちょうどカツアゲしている高校生に出会う。
高校生たちを頭突き、そして回し蹴り。
高校生に一度殴らせ、武器を振り回して…そこに秘書・福田福多(中村 蒼)を警官コスプレで呼んでおくという裏の手も使う。

帰宅すると、用事があるから学校に行けないと言っていたはずのタカシ父がいて、母・智代(板谷由夏)と言い争っていた。
どちらを選ぶかと。
トラコはタカシが選べば良いと提案。
智代は自ら身を引いた。

スポンサーリンク

タカシは母の事が気になり店にやってきた。
両親のどちらかを選べと言うトラコにあ
「俺はまだ子供なんだしさ
しょうがない!」
「私には嫌いな言葉が三つある
一つ目はわかんない
二つ目はしょうがない」
開き直っている
わかんないより何倍も立ちが悪い
何もしないで諦めているだけだろ
「勇気がないだけだろ!」
レジの伝票の裏には母の一言メモが。
お金を稼ぐことの難しさが書かれていた。

タカシは課金3兄弟を呼び出し、5000円を取り返す。
ボコボコにされながらも、なぜか5000円を返してくれた課金3兄弟。
そのお金で買ったのは赤い薔薇。
たまには母自身の為にお金を使って欲しい。
母のもとに戻ることに決めたタカシ。

スポンサーリンク

課金3兄弟の次のターゲットが気になります。
コイツら、タカシから金を取れなくなったら、他にターゲットを探すよね
「貧乏人から金を巻き上げるのが楽しい」
なんて小学生、ゾッとするわ。
イジメってそんな簡単なものじゃないよね。
課金3兄弟はその日のうちに課金しているだろうし、5千円を返す意志なんてないでしょ。
お母さんは「辛いことから逃げるな!」って感じだったけど、じゃ、あのいじめっ子を転校させられるのかっていう。
小学生とは言え、5000円もの大金をカツアゲしたらそれは犯罪だし。
なんかモヤモヤしてしまうなぁ。
遊川ファンタジーだから。。。って思っているけど、ファンタジーだとしてもさ、どこかにリアリティは必要だと思うんだよなぁ。

赤い薔薇もなぁ。
どうせ買うなら、サンダルで良いじゃん(爆)
あのピンクのサンダル。
めっちゃ目立ってたから、てっきりw
盗んだ金で花買うのは違う気もするけど、ま、母自身のためにお金を使って欲しいって意味では、自分では絶対に買わなさそうな花束ってのも良いと思う。
5千円であの花束が買えるかどうかは別だけどね(苦笑)
赤い薔薇の花束って案外高いよね。

スポンサーリンク

にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです。

感想はコチラ
「家庭教師のトラコ」 第1話 ネタバレ 感想~遊川ワールド全開。6才児は両親に甘えてても良いのでは?
「家庭教師のトラコ」 第3話 ネタバレ 感想~鈴木保奈美の美貌、すごくない?
「家庭教師のトラコ」 第4話 ネタバレ 感想~1万円も100万円もあげたくないw

キャスト
根津寅子(橋本 愛)
福田福多(中村 蒼)
中村真希(美村 里江)
上原 守(細田 佳央太)
下山智代(板谷 由夏)
上原里美(鈴木 保奈美)
中村知恵(加藤柚凪)
中村朔太郎(細田善彦)
下山高志(阿久津慶人)
下山満男(丸山智己)
上原利明(矢島健一)
上原憲一(塩顕治)
上原椿(長見玲亜)

コメント