特捜9スペシャル「特捜班最後の事件」ネタバレ感想~渡瀬さんの存在を感じなくなってしまったさみしさ。

スポンサーリンク

あらすじはコチラ→

龍丸会の男を見掛け、尾行を開始した新藤(山田裕貴)は、何者かに背中を刺され意識不明の重体になる。
続けてジャーナリストの榎本千夏(田山由起)が殺害された。
傷口は新藤、涼香(井上晴美)と同じで、布で目隠しされていた。
榎本千夏の遺体についていた木くずは北海道のカツラの木で鎌倉彫に使われていたのではないかと推測。

28年前、高校生だった小柳検事長(山本未来)は、悪い仲間と付き合っていた。
その中にオープニングで直樹(井ノ原快彦)に逮捕された龍丸会の会長・田野崎(伊東孝明)もいた。
山本未來検事長は、夏休み”美術部の合宿”と嘘をついて、伊東孝明と江ノ島に行った。
それを知った美術部の顧問武上先生は、山本未来を連れ戻そうとした。
しかし山本未來は、武上先生がが美術部の合宿だと呼び出されわいせつな行為に及んだと訴えた。
わいせつ教師とレッテルをはられ、家族まで誹謗中傷された武上先生はは自殺した。

28年前のその罪を隠しながら生きてきた山本未來。
伊東孝明は法の網をかいくぐり、暴力団の会長にまで上り詰めた。
それは過去をバラすと脅された山本未來が、伊東孝明に捜査情報を流していたからだった。
伊東孝明は28年前の件を水戸涼香(井上晴美)にも話していたことで、山本未來は井上晴美にまで脅された。

犯人検察事務官の石田美里(山本千尋)

5年前、黒山遼一検事が死んだ。
階段から落ちたと証言したのは山本未來と美里だった。
階段の踊り場で「愛人になれ」としつこく迫られた美里は黒山検事を突き飛ばした。
すると黒山は転落死。
目撃していた山本未來は、美里を庇い嘘の証言をした。

強い関係で結ばれた山本未來検事長と美里事務次官。
28年前の件を美里に話す山本未來。
もし表沙汰になったら、山本未來が検察庁トップになれない。
山本未來を検察庁のトップにするため美里は涼香(井上晴美)、ジャーナリストの榎本千夏(田山由起)を殺害、新藤(山田裕貴)だけは致命傷を外した。

なぜ山本未來のために殺人を犯したのか?

美里の実の父親は武上先生だった!!
28年前、山本未來が陥れた武上先生には生後間もない娘がいた。
それが美里だった、
その後、母が石田という警察官と再婚。

当初、山本未來が父の敵だと知らなかった。
美里は母に山本未來に憧れ、一生ついて行こうと思うと話した。
2年前母親が亡くなったときに全てを知った。
葛藤があった。
しかし自分の信念は変わらなかった。←なんで??
後戻りできないと思った。←なんで?なんで?なんで?

山本未來は検事を退官。
山本未來の前任者である杉浦元検事長(羽場裕一)も女がらみで退官しているのに、大丈夫かよ、検察庁!!!

美里の気持ちがわかりません。
なぜあそこまで山本未來に心酔していたのか?
理解できませんわ。

これは一種のサイコパスだったんですかねぇ~。
「男どもに負けない!」
ってのもよくわからない。
養父の警察官は殉職したため、警察官になろうとしたけれど、事務官になった・・・。
養父に恨みもなさそうだし、なのになぜか「男嫌い」。
イマイチ説得力のない「男嫌い」
しかも捕まる寸前に心酔していた山本未來に
「黙れ!」
と言い出す。
豹変とはこのことがと思ったけれど、ペラペラ素直に自供していたしねぇ・・・。

山本未來は殺人教唆でもないみたい。
美里が勝手に忖度して殺人までした。

まったく意味がわからん。
普通に山本未來を陥れようとしていたという動機の方がしっくりくるなぁ。
山本未來を犯人にしたてようとしていた・・・ってほうが。
犯人は同情出来ない頭のおかしい人だったよ・・・。
美里に正義感はなかったのに「テミス」のこだわるのもおかしいなぁ。
本人は正義のつもりだったのか?
ただの殺人鬼やで。

新藤(山田裕貴)だけは”急所を外した”ってとこにイノッチがジーンとしている顔をしているのにも驚いた。
急所を外すことは犯人の優しさなのか?
「助けてくれてありがとう」みたいな顔したらアカンで、イノッチ!
部下が刺されたんだから、もっと怒れよ!!

そして山本未來に気持ちもわからん。
武上先生を追い詰めたくせに検事になるってさ。
一生日陰で生きろとは言わないけれど、伊東孝明に脅されるのは目に見えているのに。
ま、どんな職業に就いても一生伊東孝明に脅される運命だったんだろうけどさ。
でも、こんな人が検事ってのは絶対アカンやろ。
伊東孝明に捜査情報を流していたとしたら、これから逮捕もあり?


ミスリード要員のはずの羽場裕一さんもミスリード要員としての役目を与えて貰えず。
登場人物が少なすぎて、犯人は最初からバレバレ(苦笑)
羽場裕一さんは山本未來への嫌がらせで逮捕・・・起訴にはならないかもなぁ。
にしても、検事長までつとめた人が、暴力団の顧問弁護士に転身・・ってアカンやろ。
「特捜9」の検察庁、ヤバすぎる。

で、名取裕子さん。
彼女は山本未來が苦手で陥れたかったのか、検察の膿を出したかったのか?
よくわかりませんでした。

名取さんに加え、伊東四朗さんも出演していたので、モブまで手が回らなかったのか・・・。
1時間で終わるならともかく、登場人物の少なさに制作費が少ないんだなぁって思ってしまいました(苦笑)

新藤くん、season1の最終回ではまぁまぁエエ子になったかな?←まったく覚えていない。
こんなに空気読めなかったっけ?
「科捜研の女」のロタよりイラっとするのはワンクールしか見ていないからかしら?

新藤君役の山田裕貴くんは朝ドラ出演だから、死んじゃうのかな~?と思いつつ見ておりました。
ゾンビなみに回復が早くて驚いた。
これからも「犯人のような目つき」と言われ、空気を読めない発言をし続けるのかしら?

定時で帰宅するはずの寺尾聰さんも急にやる気になったみたいで戸惑う。
んでもってイノッチもどんどん有能になっている。
キャラは変わっていくんですね~。

イノッチと中越さんは相変わらずお似合い。
二人とも現実の結婚相手より、お似合いに見えてしまうw
出会った頃のシーンは初々しかったねぇ。
ベタなラブコメの出会いだったw

しかしいつまで渡瀬恒彦さんを行方不明にしておくのか・・・、
ハッキリしてほしいような、このままで良いような。
制作陣も悩ましいのでしょうか?
このままにしておくなら、もう少し渡瀬さんの存在を感じたいと思うんですが・・・。

にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けるとウレシイです。

season1の感想はコチラ
「特捜9」 第1話 ネタバレ感想~つまり特命係?
「特捜9」第2話 ネタバレ感想~愛人ホテルにいらっしゃ~い。
「特捜9」第3話 ネタバレ感想~データ改ざん・・・ねぇ。
「特捜9」第4話 ネタバレ感想~伊東孝明も頬がくぼみそう。
「特捜9」第5話 ネタバレ感想~キレる老人
「特捜9」第6話 ネタバレ感想~吸い殻はヒントではなかったのね。
「特捜9」第7話 感想~チーママが立派な・・・
「特捜9」第8話 ネタバレ感想~舟木幸は薄幸でいて欲しい
「特捜9」第9話 ネタバレ感想~バラバラ事件をドッキング
『特捜9』第7話 ネタバレ感想~科捜研の妹を見てみたい。
『特捜9』第9話 ネタバレ感想~青柳さん落語”芝浜”を披露
『特捜9』第10話 ネタバレ感想~さようなら、寺尾聰班長(多分)
『特捜9』最終回(第11話)ネタバレ感想~とにかく時間が足りない。
主題歌:V6『ある日願いが叶ったんだ』

出演者
浅輪直樹・・・井ノ原快彦
小宮山志保・・羽田美智子
村瀬健吾・・・津田寛治
青柳靖・・・・吹越満
矢沢英明・・・田口浩正
新藤亮・・・・山田裕貴
浅輪倫子・・・中越典子
早瀬川真澄・・原沙知絵
佐久間朗・・・宮近海斗
三原達朗・・・飯田基祐

猪狩哲治・・・伊東四朗
神田川宗次朗・里見浩太朗
宗方朔太郎・・寺尾聰

スペシャルゲスト〉
神宮寺桃子・・・名取裕子
ゲスト
山本未來、山本千尋、羽場裕一、伊東孝明、井上晴美、田山由起、川口真五、長谷川公彦






浪越謙次朗・・・・香川照之 ほか

コメント