『特捜9』最終回(第11話)ネタバレ感想~とにかく時間が足りない。

スポンサーリンク

シーズン2「正義の罠」

あらすじはコチラ→

12年前の『青酸ガス無差別殺人事件』の犯人の息子・村野真法(笠原秀幸)は被害者である母の介護に終われていた。
月給の大半はずっと意識がもどらない母親の入院費にあてていた。

ダイイングメッセージだと思われていたアルファベット。
・Judge
・Prosecutor

lawyer →Bengoshi

裁判官、検事、弁護士。
書き切れなかったのではなく、消されていったのだ。
殺されたら消されるシステム!!←え?

犯人は、村野真法(笠原秀幸)。

『青酸ガス無差別殺人事件』で死刑となった父親はずっと冤罪を訴え続けた。
12年前、検事に間違いなく父親が犯人と言われ、父が神社に行っていたというアリバイを否定するような証言をしてしまった、

父親の死刑は確定。
その後も父から手紙が来たが「早く死んでください。」と返信してしまった。
それでも世間は笠原秀幸家族を許してはくれなかった。
毎日、毎日、介護と仕事の日々。
父親がアリバイ証言に使っていた神社に行く。
同じようにおみくじを引く。
すると父親と同じ末吉。
同じ内容の文言だった・・・。

父親は冤罪だったのかもしれない。
ネットで検事を調べた。
あとをつけ喫茶店に入ると、検事m、弁護士、裁判官。
三人が揃った。
『青酸ガス無差別殺人事件』について話す三人。を調べているやつがいる。
「アリバイのことではないですよね?」
「口を慎め、」
その会話を聞き、笠原秀幸は3人とも殺そうと決めた。←早すぎる・・・。
一人ずつ殺していき、誰かが全て公にすれば止めようと思ったが、誰も動かない。
殺すしかない。←だから早いってば!!



笠原秀幸が櫻井潤(嶋田久作)を襲う現場に間一髪乗り込んだ特捜9メンバー。
全てを自白した笠原秀幸は、自殺を図ろうとした。
必死で止める特捜メンバー。

正義を信じて欲しい。
「君を守りたい。
そのためならこの命を賭けたっていい。」
←雪次郎!それは言い過ぎ!!←雪次郎ではな新藤(山田裕貴)だ!

「君に見届けて欲しい。」
最後の瞬間までこの事件がどうなるのか、生きて知って欲しいと浅輪イノッチ!

嶋田久作に文句を言いに行くイノッチ。←雑な説明。
「検事、弁護士、裁判官が結託してシナリオを作った」ことを叱責。
「正義はデザインされなくてはならない!」
と言い放つ嶋田久作。

と、ここで持ち出される石倉三郎を射殺したのは・・・。の第一話。
石倉三郎は服役したが、奥さんを殺したのは行きずりの犯行なのではないかと。
石倉三郎は口止めのために殺されたのではないか?
「警察だって同じだろう。
だかあら警察も射殺した。」
←冤罪を認めたってことか??

1ヶ月後。
業務の合間に冤罪事件をサクッと調べていたイノッチ。←仕事が早すぎる!
報告書を寺尾聰班長に渡す。

寺尾聰班長は神田川宗次朗(里見浩太朗)警視総監に報告。
呼び出された三原(飯田基祐)。
「石倉三郎には硝煙反応がなかった。」
石倉三郎は発砲していないのに、射殺されたのではないか。
「刑事を人質に取った凶悪犯だから!」と言い訳をする飯田基祐。
「しかし冤罪だった。」
と聞くと愕然。
「足を狙えと言った。」

里見浩太朗から処分をすると断言された飯田基祐は
「ただじゃすまないからな!」
と寺尾聰班長に凄む。

しかし辞表を見せる寺尾聰。
と飯田基祐は真っ赤っかになって怒るが立ち去る。←飯田さんも卒業か。

「浅輪を守るために刺し違える覚悟だったのか?」
「アイツは自ら刺し違えかねない。
わたしの最後の仕事はアイツを警部補にすることで終わっていた。」

一方、嶋田久作も辞表をだしていた。
「そこまですることはない」
と上司。
しかし弁護士と検事と会っていたと告白すると表情が変る。

コレ、時間たりなかったよね・・・。
最後、”1ヶ月後”だもんな~。
業務の他に、冤罪事件2つ解決。
数枚の書類で??
ええ??

ほんで、飯田基祐さんと刺し違える寺尾聰班長。

ええっとさ、飯田さんはそもそも冤罪とは知らなかったの?
で冤罪が判明したのに寺尾聰に
「ただじゃすまないからな!」
とヤクザのような脅し。

ってか石倉三郎の事件だけで1時間くらいひっぱるのかと思ったのにさ。
結局、「行きずりの犯行」で、服役中の空き巣犯に面会して寺尾聰が自白させたとか・・・。
セリフで処理だぜ?
雑過ぎない?

櫻井潤って役名の嶋田久作さん。
役名からして良い人なのかと思ったけれどそうでもなかったね。
でも強烈な悪でも無かった。
ってか、強烈な悪かどうか掘り下げなかった。
時間、キツキツだからさw

『青酸ガス無差別殺人事件』もさ。
父親と同じおみくじを引いただけで、当日、父親があの神社にいたと言うアリバイにはならない。
裁判をひっくり返す証拠にはならない。
でも、父親の不利になる証言をしてしまったことを後悔していたから、調べることにしたのかもしれないけれど。
で、3人一緒の現場を見たから復讐開始!!
短絡的過ぎるなぁ~。
こちらの事件は・・・真犯人は誰だったのか?
グレーのまま??それともワタシ見逃しちゃったか?

で、寺尾聰さん卒業。
共演者同士が上手くいかなかったのか、制作側の都合か、寺尾さんのご勇退なのか?

班長と浅輪は家族ぐるみの付き合いだったような気もするから、伊東四朗さんみたいにちょくちょく出てくるのかなぁと思いつつ。
でも・・・これで最後かも?って予感もあります。
今生の別れって感じでしたよねぇ。
雨まで降らせて。
なんで、あんな別れのシーンだったんだろうか。
お空に向かって
「ありがとうございました。」と口パクした浅輪。
あれは・・・まさか、渡瀬さんに??
渡瀬さんの死を予感させてしまった。

さて、来年。
里見浩太朗さんの鶴の一声で、浅輪が班長に昇進するかもしれないし、また落下傘班長になるかも?

このシリーズ、至って普通になったなぁ。
良くも悪くもない。

この後番組の「刑事7人」がかなり下を行くからさw
「刑事7人」にこそ、テコ入れが必要だと思うが、テコ入れしたところで、7人揃わないんだからどうしようもないけどね。

にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けるとウレシイです。

感想はコチラ
特捜9スペシャル「特捜班最後の事件」ネタバレ感想~渡瀬さんの存在を感じなくなってしまったさみしさ。
『特捜9』 第1話 ネタバレ感想~石倉三郎を射殺したのは・・・。
『特捜9』第2話ネタバレ感想~正しくない殺人
『特捜9』第3話 ネタバレ感想~ツダカン、痩せすぎではないか?
『特捜9』第4話 ネタバレ感想~令和、最初の事件。指紋は遺伝するのか?
『特捜9』第5話 ネタバレ感想~ゲストの癖が強い!前澤友作がおったで~(嘘)
『特捜9』第6話 ネタバレ感想~一子相伝のアップルパイ
『特捜9』第7話 ネタバレ感想~科捜研の妹を見てみたい。
『特捜9』第8話 ネタバレ感想~大浦龍宇一は結婚しても通常運転。
『特捜9』第9話 ネタバレ感想~青柳さん落語”芝浜”を披露
『特捜9』第10話 ネタバレ感想~さようなら、寺尾聰班長(多分)

主題歌:V6『ある日願いが叶ったんだ』
主題歌:V6『ある日願いが叶ったんだ』

出演者
浅輪直樹・・・井ノ原快彦
小宮山志保・・羽田美智子
村瀬健吾・・・津田寛治
青柳靖・・・・吹越満
矢沢英明・・・田口浩正
新藤亮・・・・山田裕貴
浅輪倫子・・・中越典子
早瀬川真澄・・原沙知絵
佐久間朗・・・宮近海斗
三原達朗・・・飯田基祐
猪狩哲治・・・伊東四朗
神田川宗次朗・里見浩太朗
宗方朔太郎・・寺尾聰

ゲスト
櫻井潤・・・・嶋田久作
村野真法・・・笠原秀幸
小林則夫・・・坂本直季
松井浩史・・・古河耕史
村野圭右・・・ノモガクジ





コメント

  1. 百日紅 より:

    雨は撮影のときにたまたま降ってたらしいですよ
    いいタイミングだと思って使ったとか

    • tarotaro tarotaro より:

      百日紅さん、コメントありがとうございます。

      たまたま雨が降ったんですか・・・。
      たまたまなら雨が降っている事実より、なぜ別撮りだったのかが疑問ですね。

  2. kashweregreen より:

    おはようございます!
    先程視聴しました笑
    確かに可もなく不可もなくですよね。
    あまりにも最終回にてんこ盛りで、所謂、尺が足りなかったですね。
    来年のシーズンは誰を班長役にキャスティングしてくるのか。
    けっこう難しい人選ですね。
    年齢の整合性からとテレ朝ドラマということで岸部一徳さんあたり笑かなと。
    あっ、ドラマ内のダイイングメッセージですけれど、最後はLではなくて、Bですね。
    日本の司法修習生たちの狭い世界しか言わないと思いますが、BはBengoshiというローマ字表記になるんです。
    駄文、失礼致しました!

    • tarotaro tarotaro より:

      kashweregreenさん、こんばんは。
      コメント、ありがとうございます。

      こんなに時間が足りないってあります?
      どうして先週からやらなかったんだって思いました。
      これこそ、前後編にするべきだろうと(苦笑)

      来シーズンですが、もしかしてイノッチが昇格ってことはないですかねぇ。
      渡瀬さんからいきなりイノッチってのはアレなんで、寺尾さんでワンクッション置いたのかなぁと思ったり。

      >ドラマ内のダイイングメッセージですけれど、最後はLではなくて、Bですね。
      ご指摘ありがとうございました!!

  3. saki より:

    おはようございます、
    のんきに法医学見てます。

    私も犯人見逃してたのかなーと
    思ってました。
    脚本徳永さんなのに、なんか雑でしたよね。
    あんな判明の仕方なら、刑事ドラマそもそもいらん(笑)

    次はなぁ…7人じゃなくて「予定が合った五六人」なんだよね…
    全体的に暗いし、木曜日に私たちのトオルが出るからやめておこっかなー

    • tarotaro tarotaro より:

      sakiさん、こんばんは。お久しぶりです。
      コメント、ありがとうございます。

      やっぱり犯人は見つかってないですよねぇ。
      笠原秀幸の父ちゃんの事件。
      ちょっとグレーで・・・。
      かなり時間が足りなかったように思いました。

      そうそう。
      ただBGMだけが重厚な「刑事7人」
      7人揃うのは初回と最終回だけでしょうけど。

      私たちのトオルはヒールっぽいですね。
      正義感あふれるトオルが好きなんだけど・・・。
      でもトオルがでるなら見ますけど。もちろんw

  4. なお より:

    こんばんは
    犯人の笠原秀幸に対して山田裕貴が
    自分と同じくらいだからとかすごく上から君は…とか説得していて全然年齢同じくらいに見えませんでした(^_^;)

    1話で謎のまま終わってた事件…
    忘れてはいなかったようですが
    なんだか急に冤罪でしたと言われても…

    • tarotaro tarotaro より:

      なおさん、こんにちは。
      コメントありがとうございます。

      ワタシも笠原秀幸と山田裕貴は同世代には見えないです。
      笠原秀幸はもう・・・アラフォーですよね?多分。

      寺尾聰さん卒業で1時間。
      石倉三郎の事件で1時間は欲しかったかなって印象です。