『特捜9』第6話 ネタバレ感想~一子相伝のアップルパイ

スポンサーリンク

シーズン2『星型の殺意』

あらすじはコチラ→

藤本理沙(木下あゆ美)と坂出鈴(おりもりお)の間には『のぐち』の後継者を巡る微妙な確執があった。
理沙が選ばれたその日、鈴は死んでしまった。

殺害現場に残されたアップルパイは、殺害された店主・野口功子(秋野暢子)が作っていたものではなく、理沙(木下あゆ美)が作った物だった。
「のぐち」の秘伝の切り方でりんごを切ると、手が持たない。
だから殺された秋野暢子先生も大量生産はしなかった。
しかし腱鞘炎のような症状が出るドケルバン病になってしまった藤本理沙(木下あゆ美)。

殺害当日、現場にいた理沙は
「休みなさい。」
と秋野暢子先生に言われてしまう。
「こんな小さいところで満足している先生にはわからない。」
「わかるよね。わたしが何を託送としたか?。」
「私が鈴を殺したのよ。
先生だってそう思っているんでしょう?
私が先生に選ばれたって鈴に嘘をついたから死んだのよ。」

防戦とする秋野暢子先生。
しかし、理沙は秋野暢子先生を殺したのは自分ではないと言う。
そして香水の匂いがしたと言う。

犯人は村岡芳美(三倉茉奈)。

マナカナのマナは人の履いたスリッパは絶対はかない潔癖症でモラルハラスメント!!←潔癖症だからモラハラって強引だな。
もちろん香水なんてもってのほか。
ストレスが貯まったマナカナのマナは、ホストクラブにハマっていた。
事件のあった日、ホストクラブで遊ぶ金を”のぐち”のレジから現金を盗んでいたマナ。
しか秋野暢子先生に見られてしまった。

旦那のモラハラを秋野暢子先生に相談したマナ。
「わたしが輝かせる場所はホストクラブにしかなかった。」
「旦那に言う。」
マナの旦那に電話をかけようとした秋野暢子先生を殺してしまう。

理沙は鈴が亡くなった橋に来ていた。
鈴が亡くなった日。
あの日、秋野暢子先生が選んだのは鈴だった。
技術もセンスも理沙のほうが上だが、選んだのは鈴だった。
しかし嘘をついてしまった理沙。
鈴は自殺したのではないかと思っていた理沙。
しかし、鈴は事故死だった。
あの時、すでに鈴は理沙を同じ病気で、橋から転落すたときポールに捕まれなかったのだ。
生きようとしたが、死んでしまった。
だから自殺ではない。



鈴が理沙を同じ病気なら、「のぐち」のアップルパイの再現は無理なんじゃないの?
それでも鈴を選んだのかねぇ。
ま、理沙はどこでもやっていけると思ったのかもしれないが。
納得させることができなくて、フォローもできないのであれば。二人の前ではっきり白黒つけたらよかったのになぁ。
でも、鈴さんもあんなとこに座るかねぇ・・・。

で、その鈴さん、”おりも政夫”の娘さんなんですね~。
おりも政夫と広岡瞬の区別がつかない子供時代だったので。
石野真子の夫が広岡瞬ってのはわかっているんだけどw←それだけわかっていたら充分。

それよりなにより、秘伝のアップルパイ。
りんごの芯を星形にきると、腱鞘炎になるってどうなん?
ほんまにそんな切り方があるんかねぇ。
だとしたら、一日作る数量を決めていたとしても、秋野暢子先生も腱鞘炎になるんじゃないの?
何十年も作っているんでしょ・・・?

マナカナのマナが犯人だろうなとは思っていたんだよね~。
マナ、犯人とかクズな役が多くなってしまって、意外性もないよなぁ。
潔癖症の人はモラハラになりやすいって統計でもあるのかしら?
そして旦那がモラハラだったら、ホスト狂いになるのか?
なんかすご~~く浅い気がする(苦笑)

恩人の金にまで手をつけてホストに通うマナ。
あの手慣れた手つき、あの考え方。
初犯じゃないよな。
案外、バイト時代もレジのお金を盗んでいたんじゃないかねぇ。
”輝ける場所はホストクラブ”ってとんだビッチじゃないか。
「相談しているのに、取り合ってくれなかった。」
って逆恨みもエエとこやな。
警察に突き出されなかっただけでもありがたいと思えよ。

結局、秋野暢子先生は残念な弟子しかいなかったんだなぁ。
亡くなってしまった子は残念だけど。
今回、宮原礼二(金児憲史)だけが癒やしだったねぇ。

あと・・・何気にこの主題歌好きですw

にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けるとウレシイです。

感想はコチラ
特捜9スペシャル「特捜班最後の事件」ネタバレ感想~渡瀬さんの存在を感じなくなってしまったさみしさ。
『特捜9』 第1話 ネタバレ感想~石倉三郎を射殺したのは・・・。
『特捜9』第2話ネタバレ感想~正しくない殺人
『特捜9』第3話 ネタバレ感想~ツダカン、痩せすぎではないか?
『特捜9』第4話 ネタバレ感想~令和、最初の事件。指紋は遺伝するのか?
『特捜9』第5話 ネタバレ感想~ゲストの癖が強い!前澤友作がおったで~(嘘)
『特捜9』第7話 ネタバレ感想~科捜研の妹を見てみたい。
『特捜9』第8話 ネタバレ感想~大浦龍宇一は結婚しても通常運転。
『特捜9』第9話 ネタバレ感想~青柳さん落語”芝浜”を披露
『特捜9』第10話 ネタバレ感想~さようなら、寺尾聰班長(多分)
『特捜9』最終回(第11話)ネタバレ感想~とにかく時間が足りない。
主題歌:V6『ある日願いが叶ったんだ』

出演者
浅輪直樹・・・井ノ原快彦
小宮山志保・・羽田美智子
村瀬健吾・・・津田寛治
青柳靖・・・・吹越満
矢沢英明・・・田口浩正
新藤亮・・・・山田裕貴
浅輪倫子・・・中越典子
早瀬川真澄・・原沙知絵
佐久間朗・・・宮近海斗
三原達朗・・・飯田基祐
猪狩哲治・・・伊東四朗
神田川宗次朗・里見浩太朗
宗方朔太郎・・寺尾聰

ゲスト
野口功子・・・秋野暢子
藤本理沙・・・木下あゆ美
村岡芳美・・・三倉茉奈
宮原礼二・・・金児憲史





コメント

  1. kashweregreen より:

    夜分にお邪魔します!
    東京独身男子を脱落して以来(笑)だと思いますが、いつもありがとうございます!
    今回のイノッチドラマなんですが、なんだか全部が中途半端な伏線でしたよね。
    イノッチ嫁の昔のお仲間のお話ですが、リンゴの切り方で親指が云々とかマナカナさんのいきなりの犯人フラグとか(笑)、潔癖症=モラハラ旦那でストレスのホスト通いとか、あまりにも無理筋です(笑)
    個人的にいちばんびっくりしたのは、エンドクレジットで、二時間ドラマでお馴染みの秋野さんの幼なじみ役の中西良太さんがなんとエンドクレジットの最後だったことです!
    この番組の場合はレギュラーメンバーと毎回のゲストを分けてクレジットしてますが、やはりエンドクレジットのいちばん最後というのは役者さんには名誉ですからね。
    わたくしの知りうる限り中西さんがエンドクレジットの最後なんて初めてです(笑)
    マニアックな話で失礼致しました。

    • tarotaro tarotaro より:

      kashweregreen、こんにちは。
      コメント、ありがとうございます。

      東京独身男子、録画はしているのですが、見る気になれず。
      最終回くらいは見ても良いかなぁ(苦笑)

      マナカナのマナは最近、悪役しかやっていない気がします。
      今回も最初から怪しかったですねぇ。
      潔癖症=モラハラ旦那。
      ストレス解消のためにのホスト通い。
      いつの時代の二時間ドラマなのか(爆)

      中西良太さんが大トリだったんですか。
      見ていなかったです。
      そんなに重要な役でも無かった気がしますねぇw
      秋野暢子が一番最後かと思っていました!!