「天使にリクエストを」第2話 ネタバレ感想~優しい嘘と親子の絆

スポンサーリンク

~人生最後の願い~「捨て子ブルース」

あらすじはコチラ

幹枝(梶芽衣子)は中学を卒業して食堂で働く。
そこで大学生の稲田と出会う。
幹枝は読書好きでお金を貯めたら東京に出て学校に通おうと思っていた。
母親は賛成しているようだったが、養父は反対。
母親は再婚で養父はテキ屋で働いていた。
そんな時母親は死亡。
すると養父は豹変。幹枝の乱暴をした。
家を出た幹枝は稲田に助けてもらう。
小さなアパートに一緒に住むことになった。
数週間。
とても幸せに暮らしていたが、養父は稲田を半殺しの目に合わせた。
養父は逮捕されたが、稲田の母親からは
「もう二度と貴男には近づかないで。」
と言われてしまう。
しばらくして妊娠していることに気づいた。
「稲田さんの子供ですね。」
島田(江口洋介)口を挟む。
「違う。父親はテキ屋の方だ。」
山本(六平直政)は否定。・
「違う。それだけは違う。
あなたはあんな人の子供じゃない。」
「だけど捨てたんだろう。」
「悪いのは全部私です。
それでも私はあなたを見たかったんです。」
土下座して謝罪する幹枝。
山本は”カツミ”という名前のメモをつけて捨てたんだもんなと。
「それは違う。」
幹枝は息子に名前をつけてはいなかった。
人違いだった!?


その夜、喘息の発作で危険な状態となった幹枝は医師に会いに岐阜へ向かう。
山岡医師(山崎一)もまた息子かも知れない人。
発作はおさまり、山岡に話しをする島田。
しかし山岡は数年前、本当の母親が名乗り出てDNA鑑定もした。
「嘘をついて貰えませんか。」
島田の提案を受け入れた山岡。
「やっと会えましたね。」
「ごめんなさい。」
二人は手を握りあい。
山岡の目には涙。
東京への帰り道。
歌が聴きたいと言い出した幹枝は「アカシアの雨がやむとき」をリクエスト。
そのまま入院した幹枝。

「結局真実にはたどりつかなかった。」
島田は亜花里(上白石萌歌)に言う。
山岡医師はDNA鑑定で母親が見つかったというが嘘かもしれない。
二人は本当の母親だったのかもしれない。



事務所に佐藤和子(倍賞美津子)は、幹枝が喜んでいたと報告。
そして財団を作るので手伝って欲しいと頼む。
「元敏腕刑事
あなたは親の気持がわかる
死を見つめた気持もね」
島田の過去は折り込み清み。
「嘘ついたんだ。
嘘ついて、本当の息子に会わせたふりをしただけ
嘘で人が救えますか??
そんなボランティアなんてするつもりがない」
そこに組長(六平直政)から電話。
組長こそが幹枝の本当の子供だった。
「これから死のうって人間に、こっちの罪まで背負わせることはないだろう。
あんた子供撃たれたデカだったんだろ。大変だったな。」
組長は幹枝が死んだら手厚く葬って欲しいと島田に頼んだ。
電話を切り、一冊の本を手に縁側に座る山本
遠くを見る山本の目に涙が浮かぶ。
「にあんちゃん」の表紙を開く。
幹枝が大切にしていた本だった。

幹枝を見舞う島田。
最初の探偵はとても有終だった。
幹枝の最後の言葉は「ありがとう」だった。
握りしめた手には組長が逮捕された新聞記事があった。
幹枝は気づいていたのだ。

かっちゃん(六平直政)が本当の息子だった。
悪人だけど根はいい人なんだね。
だけど・・・悪人だけどね。
反社会性力なんで、悪人だからね。
幹枝さん・・・ヘビーな人生だった。
養父も嫌な人間だったし、母が亡くならなければ稲田さんと結婚出来たかもしれないのに。
稲田さんとでなくても東京へ行っていれば・・・。

上白石萌歌ちゃんは透明感があり、CMでスピッツを歌っていたときも素敵だわと思っていたけれど、「アカシアの雨がやむとき」はちょっとイメージと違ったかな。
ワタシがこの曲を初めて聴いたのは、おおたか静流の「RepeatPerformance」というカバーアルバムだった。

↑安い!カセットテープを持っていたのでCDを買おうかしら?

なので西田佐知子さん(関口宏の妻)が歌っているのを聞いたときは、かなり歌の印象が違った。
西田さんのほうがあっさりだけど憂いがあって、おおたか静流さんだと神秘的と言うか。
梶芽衣子さんの表情からは西田さんの歌声のほうが良かったんじゃないかなぁ。

そんな亜花里(上白石萌歌)ちゃんは17才の時に家出していた。
父親が再婚して母親と兄弟ができたと思ったら、父親が交通事故になって自分だけが他人になった
居づらくなって家出。
お金がなくて非行に走り、刑事をしていた島田と出会った。
と幹枝に告白していた。

島田の息子が流れ弾に当たって亡くなった事件。
撃った人物と亜花里(上白石萌歌)ちゃんが友人だったようで。
その事件を報道した週刊誌には島田が反社会的勢力と関係があるように書かれていたし、それを読んだ嫁から離婚届を突きつけられていた。

50分みっちり、盛りだくさんの内容だった。
それでもまだ一億円の預金を持っている倍賞さんの謎もあるしさ。
志尊淳くんもお母さんの話と留学の話が出てきているけれど、ほぼ謎。

苦悶する江口洋介の今後も気になる。
余命幾ばくもない人たちの最後の願いを叶えていって・・・息子の死と向き合うのだろうか。
妻とも向き合えるのか。
来週は末期がん患者・武村(塩見三省)のお話。
塩見さん。。。。お痩せになったなぁ。
でも・・・またお芝居を見せていただけるのが嬉しい。
塩見さん、大好きなんだよねぇ。




にほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです。

その他の感想
「天使にリクエストを」第1話 ネタバレ感想~六平直政がナダルに見えた!
「天使にリクエストを」 第3話 ネタバレ感想~価値のある人生
『天使にリクエストを」 第4話 ネタバレ感想~子供を亡くした夫婦は・・・
「天使にリクエストを」 最終話 ネタバレ感想~祖母と孫とさすらいと
キャスト
島田修悟…江口洋介
小嶋亜花里…上白石萌歌
寺本春紀…志尊淳
佐藤和子…倍賞美津子
島田時恵…板谷由夏
大松幹枝…梶芽衣子
武村正介…塩見三省
三井真吉…山本學
高津川直也…西郷輝彦

コメント