「知らなくていいコト」第8話 ネタバレ感想~離婚届を手にする尾高(柄本佑)

スポンサーリンク

あらすじはコチラ→

ケイト(吉高由里子)の取材相手は代議士を庇って自殺した秘書の妻・依子(遠藤久美子)。
しかしケイト自身が殺人犯の娘として週刊誌に追われるコトになる。
そんなケイトを庇って家の中に入れるエンクミ。
ご主人の名誉を回復しようとエンクミに頼み込み、間の書斎を見せてもらうが帳簿は見つからない。
エンクミの実家で潰れかけていた建築会社は、急に景気が良くなり、勉強ができないはずの息子が名門大学に合格・・・。
怪しい。

そんな時、岩谷(佐々木蔵之介)は尾高(柄本佑)に、ケイトの出自をリークしたのは野中(重岡大毅)ではないかと相談。
尾高も野中だと思ってたからに・・・・。
退院した尾高は、野中を殴る。
しかし野中は
「二人で会わない方がいいですよ!
尾高さんとケイさんの不倫がバレたらそれこそ大騒ぎですよ!

ハハハハハハハハハハハハハハハ」
と笑いつつ、泣いたりする情緒不安定な野中。


マンションにも「殺人犯の娘」とビラをまかれたケイトは編集室に寝泊まりする。
そんなケイトに岩谷(佐々木蔵之介)は
「尾高はケイトに惚れているんだなって思ったよ。」
刺された日のことを回想。
編集室にいるみんながそう思ったと思うト伝える。
ケイトは岩谷に正直に話す。
尾高は「両立できない」と言っていたと。
「自分が望む人生を生きろ。」
奥さんの立場にたつことはおこがましい。
尾高はもう腹を決めたのではないか、ケイトを選ぶのではないか・
岩谷の助言に考え込むケイト。

ひょんなことから相田が隠した帳簿は愛犬の首輪にあるのではないかと思いついたケイトはエンクミに会いに行く。
案の定、帳簿が見つかり、本当の遺書もあった。
そこには、かすかな正義心から帳簿を残したが、遺書を見つけた人に表に出すかどうかを判断して欲しいと委ねられた。
エンクミは、命まで取られるわけではないと、ケイトに遺書と帳簿を託した。
代議士は逮捕!!

売れに売れる週刊イースト。
東源出版・副社長石森(大高洋夫)は、ケイトに手記を出すように命令するが・・・。

エンクミちゃんの旦那・・・死んだ意味なし!?
一応、吉高由里子が
「家族のみんなの命があぶないって思っていたのかも?」
とか言っちゃってたけど、弱いな、動機。
死に損な気がするわ。
自殺する前に、奥さんに話したら良かったのにね。

不倫推奨ドラマかなんて意見を見ちゃったけれど、そうは思わない。
略奪って言えば身も蓋もないけど。
男女の関係なんてこんなもんかなぁと。
でもコレ、尾高さんが悪いよね。
大抵の不倫は男が悪いんだよ(爆)
ケイトのことを忘れられないはずなのに結婚しちゃってさ。
子供が小さいうちに離婚するってのは抵抗があると思う。
これだけ離婚率が上がっている日本ですから不倫で別れる人もいるだろうし、金銭問題で別れる人もいるでしょう。
他の女に気が向いている旦那なら、お金だけ貰って別れたほうが良いような気がする。
赤ちゃんでつなぎ止めるのは惨めじゃん。
旦那とケイトに慰謝料を請求すれば良い。
そうなったら・・・・ま、野中の言うように炎上必死ですけど。

予告では離婚届けを持っていた尾高さん。
そうなるとそりゃ、ワタシだって奥さん気の毒って思うのよねぇ。
普通のドラマなら・・・不倫は絶対ダメってなると思うんだけど・・・。
この枠って去年も仲間由紀恵さんが不倫して離婚していたねぇ。
だからどうってわけでは無いけれど、ケイト尾高エンドもあり得るのかしら。

しかし野中は落ちるとこまで落ちたなぁ。
尾高に殴られたあとの負け犬の遠吠えは、ちゃんと顔面を拝みたかったのに、腕で顔を隠しやがって!!!
泣いてても笑ってても良い。
そこは表情見せてナンボなんじゃないの?
みんながみんな尾高さんに殴られた野中の顔が見たいのに。



どんな部下の気持ちもわかる佐々木蔵之介は、野中が闇落ちするのもわかると理解していたけれど・・・・。
恋人が殺人犯の娘で、自分から別れて置いて。
会社ではとにかく冷たく話したり、いやいや光線を出して、新しい鹿子もできたのに・・・闇落ち。
好きなように生きているくせに闇落ち。

仕事ができるケイトと尾高(多分できるよね?)に嫉妬して、八つ当たりしてんのか?
で、野中が探していた物ってなに?
捜し物、今カノが見つけて、野中の悪行がバレるのかな?

編集部の人はみんな良い人なんだけど、乃十阿徹(小林薫)とケイトはホントに親子なのか。
そこ、もっとハッキリちゃんとして欲しい。
ケイトももっとちゃんと調べたほうが良い。
母親は「キアヌ」とも付き合っていたというタイプの女よ?
平気で嘘つきそうやねんけど。

ケイトの今後ねぇ。
ケイトは実名報道されちゃったし、乃十阿徹と親子でなくても大変よね。
でもそれは今まで自分がしてきたことでもあるから。
尾高と付き合うにしても、叩かれるかもしれんんし、野中がまた売るかもしれん。
不倫・・・いけないことだけどさ。
それが人間って気もするんだよねぇ。
ここんところ濃密よね。
スクープもスクープらしくなってきたし。
いよいよ佳境やな!!


    
    

にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです。

感想はコチラ
「知らなくていいコト」 第1話 ネタバレ感想~重岡大毅のプロポーズのタイミングは常に悪いw
「知らなくていいコト」 第2話 ネタバレ感想~柄本佑にときめく日がやってきた。
「知らなくていいコト」 第3話 ネタバレ感想~実父と対面?
「知らなくていいコト」第4話 ネタバレ感想~ケイト(吉高由里子)と尾高(柄本佑)が不倫だと言い出しそうな野中(重岡大毅)
「知らなくていいコト」 第5話 ネタバレ感想~来週はタイムリーな不倫ネタ
「知らなくていいコト」 第6話 ネタバレ感想~踏みとどまれなかった不倫のキス
「知らなくていいコト」 第7話 ネタバレ感想~闇落ち重岡大毅、関係者Aになる。
「知らなくていいコト」 第9話 ネタバレ感想~殺人犯の娘ではない!?
「知らなくていいコト」 最終回(第10話) ネタバレ感想~尾高の魔法がとけた!不倫は成就しない。
主題歌:「素晴らしき嘘」flumpool

キャスト
真壁ケイト・・吉高由里子
尾高由一郎・・柄本 佑
野中春樹・・・重岡大毅(ジャニーズWEST)
小野寺明人・・今井隆文
倉橋朋美・・・小林きな子
小泉愛花・・・関水渚
鮫島裕二・・・和田聰宏
佐藤幸彦・・・森田甘路
東山秀則・・・本多力
黒川正彦・・・山内圭哉
真壁杏南・・・秋吉久美子
岩谷 進・・・佐々木蔵之介
乃十阿徹・・・小林 薫

ゲスト 遠藤久美子

コメント

  1. ジョセフィーヌ より:

    おはようございます。

    野中の捨て台詞がクズ過ぎて爆笑してしまった。
    負け犬の遠吠えとはこのことか。

    野中は何も探してないかも。
    ケイトから隠れようとして、床にはいつくばって隠れてたのをごまかしただけでは。
    なんとも人間らしいけど、でもクズ。

    尾高の覚悟がどれほどのものかわからないけど、乳飲み子を捨てるってことだけは罪悪感として一生持っててほしい。
    ケイトと尾高が一緒になるとしても、2人共通の罪として背負っていってほしいわ。(ドラマですけどね笑)

    小林薫は父親ではないのか。
    人騒がせな・・・

    野中の今カノの冷たい視線が最高にすかっとした回でした。

    • tarotaro tarotaro より:

      ジョセフィーヌさん、コメントありがとうございます。

      野中、ホントにクズ男ですねぇ。
      いや、クズ人間かw
      そっか、何も探していないのかもしれないですね。
      ネタを売った雑誌記者の名刺でも探してんのかと思いました。
      元カノの顔が見られないことをするなら、最初からするなって思うけれど・・。
      藏之介も野中ってわかっているなら問い詰めたら良いのにと思いました。
      優しいですね。スクープを他社に売るかもしれないようなヤツいらんやんって思ってしまいます。

      尾高さん、どうするんですかね。
      子供は可愛い。
      それはそうなんだと思うんですが。
      あの年齢の子をワンオペって、お金を積まれてもしんどいと思います。
      気持ちがないのに一緒の家に住むのもしんどい。
      ハッキリせずに二股が一番最悪だと思います。