「M 愛すべき人がいて」 最終回(第7回) ネタバレ感想~初回がピーク。雑な展開と最終回

スポンサーリンク


「M 愛すべき人がいて」

あらすじはコチラ→

「アユはマサがいない方がいい歌を作る」
ファンの為にも会社の為にもアユの為にも身を引く覚悟(??)で、礼香(田中みな実)にキスをし、アユに見せるマサ。
アユのことは大好きだが、孤独だからこそ輝けるのだ!と自分勝手な真亜、
アユは仕事を飛ばす。

流川が理沙とマリを連れてアユの家へ。
「もう無理です。」←このセリフ、一話に一回は言うよね。
迎えにきた流川に叫ぶアユ。
すると理沙がふざけんな!と言い放つ。
「悔しいけどあなたの歌が好き。
あなたの書く歌詞が好き。
一度は死のうと思ったけど、流川さんに助けられた
流川さんだけじゃない
あなたの歌にも救われたの
死ぬほど憎かった
嫌いだったあなたの歌に救われたの!」

アユは部屋から出て、理沙とマリと抱き合う。



その後、恩師の天馬まゆみ(水野美紀)、マサが見守る中、アユはステージへ――。
時々歌詞を飛ばす(泣いている設定らしい)。
マサに今日のアユはどうだったか?と聞くと最高と答えるマサ
「最後に一つ・・・マサはアユに幸せになってほしいですか?」
「俺は・・・。
輝き続けて欲しい。」

アユは実家に帰り詩を書く。

その後、礼香は秘書を辞める。
礼香は目が見えている!
なんか知らんけど・・・・真夜中に呼び出されてやらせ浮気でキスされてから普通の女に戻った礼香。
マサは社長になった。
で・・あんなに変だった大浜(高嶋政伸)もなんか良い人に。
「マサ社長、もっとたくさんの人に虹を渡らせてあげてくれよ。」
アユはマサに最後のラブレター(M~愛すべき人がいて)を書いた。
「マサの望むように星になる!」

雑なドラマやったなぁ。
どんどんどんどん雑になっちゃって。
「SNSで話題にはなっているが視聴率が5%しかない」と制作陣が嘆いている記事を読んだけど、この内容で5%あれば大成功じゃね?
キスされて正気に戻った田中みな実も変だけど、高嶋政伸までエエ人になるってどういうこと?
そこはもう追い出されたでもエエのに。

主演のかれんちゃんは、コロナ太りか、キャバドレスみたいなデザインで歌っているシーンはムチムチ。
最後に走馬灯のようにこれまでのシーンが流れていたので、余計に太ったことが目立ってしまう。
演技が下手なのは良いけれど、つながりがなくなるくらい太ってどうすんねん。

仕事忙しくてすれ違った結果、セルフプロデュースができるようになったアユを見て別れを決意。
って、どこまでも自分勝手なマサでしたな。
実際、あんなエエもんちゃうやろ?って思ったりもする(苦笑)
アユの他にも同時進行してたのかなぁとかさw
下世話なことを思っちゃってさぁ~。
アユ、このあと長瀬智也が待っているんだしさ。
ドラマだと三浦翔平から長瀬智也だとアユは面食いよねぇってなるけど、実際のマサから長瀬智也だと、夢展開よね。
ランクアップすごい!←コラコラ


絶望三部作も前にやらせ浮気をしたのかと思ったら、「M」を最後のラブレターにしたかったからこうなったのかな。
ま、なんにせよ、SNS狙いでいろんな展開といろんなキャラをぶち込んだ結果、何も残らなかった。
狙っていたとしても仕事は丁寧にして欲しいなぁ。
このドラマで熱演した三浦翔平と水野美紀、高嶋政伸。
勿体ないな、この3人がいたらもっとトンチキ完成度の高いドラマができるはずなのに。
なんでここまで雑に仕上げちゃうかなぁ。
大成功って思ってんのかもしれないけど、1話がピークだった気がするなぁ。

にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ポチッっとしていただけると嬉しいです。

主題歌 – 浜崎あゆみ

感想はコチラ
「M 愛すべき人がいて」 第1回 ネタバレ感想~田中みな実の眼帯推し
「M 愛すべき人がいて」第2回 ネタバレ感想~ネタで胸焼けでも水野美紀は別腹!
「M 愛すべき人がいて」第3回 ネタバレ感想~枕営業したのは誰?
「M 愛すべき人がいて」 第4回 ネタバレ感想~伊集院光が似てると言ったら”博多通りもん”もスポンサーに!
「M 愛すべき人がいて」第5回 ネタバレ感想~ベッドインからのミリオン!
「M 愛すべき人がいて」第6回 ネタバレ感想~エイベックスお家騒動までは描かない
「M 愛すべき人がいて」 最終回(第7回) ネタバレ感想~初回がピーク。雑な展開と最終回
CAST
アユ・・・安斉かれん
マサ・・・三浦翔平
流川翔・・白濱亜嵐
姫野礼香・田中みな実
大浜・・・高嶋政伸
中谷・・・高橋克典

コメント

  1. ジョセフィーヌ より:

    ayuが~ ayuは~

    これしか頭に残ってない。
    水野美紀、最後に出てきてくれてありがとう。
    油断すると出てくるのよ! には笑いました。

    かれんちゃんはわたし的には可愛いな~と思ってみてましたけど
    演技はクソでしたね。

    あんな容姿で生まれてきただけで勝ちでしょうけど、
    歌手としては二番煎じ感が否めないので可哀そう。
    ayuの偽物みたいな。

    でもあのドラマ最中、ayuの顔がどんなんだったか全く思い出せなかった。
    どんな顔でしたっけ?
    変わりすぎてわかんないだけ?

    マサは勘違いしちゃうよね、実物ねずみ男なのに・・・
    モンキッキーでやって欲しかったわ。

    • tarotarotarotaro より:

      ジョセフィーヌさん、コメントありがとうございます。

      決めセリフは「アユについてこ~い」だったみたいですよ。
      アレ?違ったかな。
      なんせ、大映テレビへのオマージュだったようで。

      かれんちゃんは太っちゃって(苦笑)
      ワタシは浜崎あゆみの歌を好んで聴いていたわけではないし、音楽番組を見たり、CMを見ていただけですが。
      それでも全盛期の浜崎あゆみは神がかっていたようにも思えますね。
      世代ではないのでアレですけど、女の子が憧れるのはよくわかりました。
      だから・・・マサを思って書いた曲ってのがねぇ(苦笑)
      どうせなら長瀬智也との恋愛のほうが見たかったかもw
      絶対無理だけど。