「M 愛すべき人がいて」 第4回 ネタバレ感想~伊集院光が似てると言ったら”博多通りもん”もスポンサーに!

スポンサーリンク


「M 愛すべき人がいて」

あらすじはコチラ→

秘書の姫野礼香(田中みな実)の眼帯の秘密。
マサ(三浦翔平)の結婚式の日に告白して、酔っ払ったマサとぶつかって階段から落ちる。
グラスが目にあたったかなんかで失明。
マサは礼香と礼香の両親に土下座し
「礼香の目になる」
と謝罪。
その日から礼香一族に依存される日々。
マサの離婚が決まったことで、礼香一族はマサと結婚出来ると有頂天。

そんなマサはアユに10億のプロモーションをするとか。
アユはマサのことを思いレコーディングし、なんとかOKに。
東京ドームでコンサートを夢見る。
それでもまだまだ礼香にもイケズされ、雪降る屋上で待たされる。
屋上と屋ジョイを間違えたとか。
マサの大切な話は「好物は唐揚げ」とか。
・・・礼香の魂胆は・・・・。


アユと理沙(久保田紗友)らAxelsのデビューが近い。
大浜(高嶋政伸)は、二組を大物プロデューサー・黒川誠(モト冬樹)に見せる。
認められたら、音楽番組にプッシュしてもらえるチャンスがあるらしい。
Axelsの評判は上々。
アユは前日、雪降る屋上にいたため発熱。
歌の途中で倒れてしまう。
「お前はプロ失格だ!」
とアユを叱り飛ばすマサ。
黒川PのプッシュはAxelsに決まる。
黒川Pは理沙が気に入ったとか。
大浜は理沙を黒川に差し出すように流川(白濱亜嵐)に命じた。
流川は理沙にその話をすると
「行きます。
わたし・・行きます。」
理沙は黒川のもとに行く。
足をベタベタ触られて熱海の”夜の19番ホール”に誘われてしまう理沙。



マサはめげずにアユの売り込むをする。
歌番組のプロデューサーに土下座もする。
しかし「この子は売れない」と言われ、殴りかかったりもする。
マサのイライラはアユのせいだと思うアユ。

「ワタシノセイデ
ワタシノセイデ
マササンハイライラシテツライヒビヲオクッテイル」

アユはマサを思って歌詞を書く。
そして自分の気持ちに蓋を出来ず、ラブレターも書く。
それをファックスで送るアユ。
ラブレターを読んだマサ。
そこに出社してきたのはウエディングドレス姿の礼香だった。

伊集院光が田中みな実を褒めまくったら、田中みな実の暴走シーンさらにおふざけに。
礼香のエピソードにわざわざ時間割くなんてさ。
伊集院光が田中みな実の眼帯が”博多通りもん”みたいだと言ったら、スポンサーに博多通りもんがつく。
なに、これ、真のプロデューザーは伊集院光なの?
ズブズブじゃねーの(爆)
ま、実際は、既婚のマサとアユの恋愛は今の時代、タブーだから、礼香のキャラを噛ませて二人の恋愛を純粋に見せたいんだろうな。

アユからマサへの愛情は感じなかったわ~。
マサからアユへの愛情も感じない。
固執はしてたけど。
マサは誰にも愛情を感じないよねぇ。
周りに当たり散らしているだけで、土下座も暴力だよ。
三浦翔平だからアユも惚れたのかなぁとかろうじて思えるけれど、モデルの人はもちろん三浦翔平のような顔面は持ち合わせてませんからねぇ。
こんなモラハラ、パワハラ、イライラ男のどこに惹かれるのか・・・わっかんねぇ!!

相変わらず、来週もいじめられるアユ。
そりゃ理沙はエロ親父の枕営業要員になっているのに、アユは10億円のプロモーションだもんねぇ。
やるせないねぇ。
モデルはMissionというアイドルグループだと言われていますが、パッとしなかったしドラマでもこんな風に描かれたんじゃ、浮かばれねーな。

んで、アユの髪が途中で長くなったり短くなったりするのはなんなんでしょうか?
これはコロナの影響でしょうか。
かれんちゃんもちょっとぽっちゃりして、どこからが自粛前でどこからが自粛後の撮影なのかちょっと気になってしまう(爆)

にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ポチッっとしていただけると嬉しいです。

主題歌 – 浜崎あゆみ

感想はコチラ
「M 愛すべき人がいて」 第1回 ネタバレ感想~田中みな実の眼帯推し
「M 愛すべき人がいて」第2回 ネタバレ感想~ネタで胸焼けでも水野美紀は別腹!
「M 愛すべき人がいて」第3回 ネタバレ感想~枕営業したのは誰?
「M 愛すべき人がいて」 第4回 ネタバレ感想~伊集院光が似てると言ったら”博多通りもん”もスポンサーに!
「M 愛すべき人がいて」第5回 ネタバレ感想~ベッドインからのミリオン!
「M 愛すべき人がいて」第6回 ネタバレ感想~エイベックスお家騒動までは描かない
「M 愛すべき人がいて」 最終回(第7回) ネタバレ感想~初回がピーク。雑な展開と最終回
CAST
アユ・・・安斉かれん
マサ・・・三浦翔平
流川翔・・白濱亜嵐
姫野礼香・田中みな実
大浜・・・高嶋政伸
中谷・・・高橋克典

コメント