「偽装不倫」第3話 ネタバレ感想~年下ボクサーとの不倫はわかりやすい

スポンサーリンク


原作:「偽装不倫」東村アキコ

あらすじはコチラ→

病院で偶然、姉・葉子(仲間由紀恵)の不倫相手のボクサー・風太(瀬戸利樹)に会ってしまう。
義兄・賢治(谷原章介)とは違った優しさに驚く鐘子(杏)。

そこにカップラーメンを持ってやってきた葉子。
葉子が不倫相手に独身であると嘘をついていることに気づいた鐘子は、葉子を問い詰める。
「女の幸せの条件はクリアした。
でもワタシは幸せになれなかった。
それに気づいたときに出会っちゃったのよ。」

風太と出会ったのは、ひょうんなことで小銭を上げたことから始まった。
ボクサーだった風太と・・・なんやかんやで。←正直どこが良かったのか・・・。

「結婚記念日のディナーの後に、不倫相手のカップラーメンを食べるの?」
「こっちの方が美味しいのよ、なぜか困ったことに・・・・。」

二人の会話を聞きながら・・・・。
なぜか丈(宮沢氷魚)への思いがあふれ出し、「会いたい。」とSNSに送ってしまう。

「おいで」←破壊力すげーな!”おいで”はw
そして丈の元へ行く。
独身であると嘘だったとそう言おうと思っていたのに、言えない。

岩手に行く約束をして、ずっと一緒にいたいなどと言い合って・・・
ベッドイン!!

鐘子は丈の部屋で朝を迎え、葉子もそのまま病室で眠る。
翌朝、鐘子は丈と連絡先を交換する。
ニヤニヤしながらうれしはずかし朝帰り!


ホントのことがわかれば
あなたは引いてしまう。
あなたを好きになるほど嘘を重ねてしまう。

いや、わかんね~~~!!!!
わかんねーっすよ。
引いてしまうから嘘を重ねる・・・。
わかんね~~~!!!
弱いんだよね、嘘をつき続けるには、弱すぎる理由なんだよねぇ。

さっさと言っておしまい!!
ま、言っちゃえば、ドラマにも漫画にもならないんだろうけどさ。

で、丈は病気なわけね。
だから不倫に走っちゃうわけね。
迷惑ね(爆)
余命がどれくらいなのか知らないけどさ。
銀河鉄道の夜に夢見ている丈だけど・・・。
こじつけじゃないか・・・?

それでも宮沢くんはそこそこ男前に見えてきたのは役のパワーなのか?
いや・・・やっぱり「おいで」の破壊力かな!!
女は”おいで”に弱いんや!←勝手な推測
そういえば、医者は眞島秀和さんだったね・・・。
急に何かを画策しだしたり、誰かを陥れたりするんじゃ・・・。←それは違う役

前半の仲間さんの不倫のほうは、心情としてわかりやすい。
道義的には圧倒的に悪いんだけど、不倫の王道だから。
いろんなものを手に入れたら、火遊びしたくなっちゃったとか?
普通の生活が満足できない。
ってとこでしょうか。
イケメンで優しくてお金持ちで親と同居してくれて・・・。
真面目すぎてつまらない夫より、楽しませてくれるピンクのボクサーに癒やされて。
全て失ってから、いろんなことに気づくのかも知れないけれど。

しかしピンク髪のボクサー。
アレ、可愛いかなぁ?
声が残念なのよねぇ。
声が。声が可愛くない。←そんなに言うなw

妹を抱き込んだ完全犯罪。
「デザート一人で食べて」は気の毒過ぎる。
来週は何かとバレるみたい。
そこは楽しみ。
まさか仲間さん、ボクサーの子を身ごもったりしないよね?

姉の嘘と妹の嘘は全然違う。
姉は必死に嘘をつかねばならないのがわかる。
だから余計に、妹の嘘は「なんで嘘つくの?」って思っちゃうんだよねぇ。

窓にうつったもう一人の杏ちゃんが杏ちゃんに問う・・・。
これ完璧に「東京タラレバ娘」を思い出した。
アレはアレでイライラしちゃったけど、コレはコレでイライラしそう。
特に最終回まで嘘をつき続けるなら・・・。
ねぇ(苦所)




にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです。

感想はコチラ
「偽装不倫」第1話 ネタバレ感想~なぜ恋に落ちたのかわからない。
「偽装不倫」第2話 ネタバレ感想~既婚だと嘘をつく理由がわからない。
「偽装不倫」第4話 ネタバレ感想~偽装不倫は愛欲にまみれ、本物不倫はプラトニック??
「偽装不倫」第5話 ネタバレ感想~日本でなくても不倫はできる。
「偽装不倫」第6話 ネタバレ感想~谷原章介の逆襲に期待
「偽装不倫」第7話 ネタバレ感想~やっとこさ独身であることを告白
「偽装不倫」第8話 ネタバレ感想~丈、記憶喪失展開って・・・ベタ。
「偽装不倫」第9話 ネタバレ感想~今度は丈が嘘をつく
「偽装不倫」 最終話(第10話)ネタバレ感想~気になるのは谷原章介の今後
主題歌:us (初回限定盤 CD+DVD) [ milet ]

キャスト
濱鐘子・・・杏
伴野丈・・・宮沢氷魚
吉沢葉子・・仲間由紀恵
八神風太・・瀬戸利樹
吉沢賢治・・谷原章介
伴野灯里・・MEGUMI
山田まさ子・田中道子
高野恵梨香・夏子
濱幸一・・・伊沢弘
濱みき子・・朝加真由美

コメント

  1. ネイティブ関西弁 より:

    たろたろさん、こんばんは!

    同意同意!ほんと、「おいで」の破壊力すごい!

    四十も半ばのおばさんが震えてんじゃないよ!と自分に笑ってしまった(^_^;)

    年下ボクサーの良さが・・・難しい。可愛いんでしょうけど、ちょっと下手かな・・・声が悪いというご意見、同意です。なんか上っ滑り感が・・・

    それにしてもなんというこじらせ姉妹か。

    仲間さんはこんな役嫌だろう、と下世話なことを思ったり。

    杏さんの偽装不倫も最初から共感しにくくて、そんな一目で恋に落ちますか?!どこにそんなに惹かれたの?と・・・←そう思わせるのはちょっと氷魚くんの力不足かな。

    ツッコミどころ、思うところもあるものの、ドロドロすぎでなくキラキラすぎもせず、今のところ見やすいドラマですね。

    ヒロインのモノローグが多く、下手な人がやると「寒〜❄」となりますが、杏さんは上手くこなしてるなあという印象です。

    今季も早速、1、2話だけ見て色々なドラマをドロップアウトしていますが、これは最後まで見るつもりです^_^

    • tarotaro tarotaro より:

      ネイティブ関西弁さん、おはようございます。
      コメントありがとうございます。

      「おいで」は破壊力ありましたね。
      「僕もだよ。」
      とか
      「会いたいよ。」
      ではなく、「おいで」がヤバいですねw

      年下ボクサーと仲間さんの関係はすごくわかりやすいんですけど、魅力的には感じず。
      「可愛い!」ともなりませんでした。
      声って大事ですね。
      仲間さんの声も特徴的ではありますが、彼女はもう確立していますからね。

      確かに二人ともこじらせてますよね。
      ご両親に問題があったのでしょうか?
      今週は谷原章介に期待です。
      今季は、「ルパンの娘」と「凪のお暇」、「セミオトコ」などは楽しんで見ています。
      多部ちゃんのも面白かったので、金曜日が忙しいですw